English

教員紹介 追川 修一

追川 修一
職位 教授
氏名 追川 修一
OIKAWA Shuichi
研究室 161-a
オフィスアワー 〔水曜〕 〔18:00-19:00〕
※要事前連絡、その他の時間も事前連絡で調整可

プロフィール

学歴

  • 1989年3月 慶應義塾大学理工学部卒業
  • 1991年3月 慶應義塾大学大学院理工学研究科修士課程修了
  • 1994年3月 慶應義塾大学大学院理工学研究科博士課程単位取得退学
  • 1996年1月 慶應義塾大学大学院理工学研究科 博士(工学)学位取得

学位

  • 博士(工学)

職歴

  • 1994年4月 慶應義塾大学環境情報学部 助手(属託)
  • 1996年9月 Carnegie Mellon University, Post Doctoral Fellow
  • 1999年10月 Intel Corporation, Software Engineer
  • 2000年7月 Sun Microsystems, Member of Technical Staff
  • 2003年4月 早稲田大学大学院理工学研究科 客員助教授(専任扱い)
  • 2004年8月 筑波大学大学院システム情報工学研究科 助教授
  • 2016年4月 筑波大学システム情報系 教授
  • 2017年4月 (株)フィックスターズ 執行役員
  • 2019年8月 現職

教育

担当授業科目

IT・CIO特論、データインテリジェンス特論、ビックデータ解析特論、ソフトウェア工学特論、情報システム学特別演習1・2

研究

専門分野

システムソフトウェア、オペレーティングシステム、情報アーキテクチャ

研究キーワード

システムソフトウェア、オペレーティングシステム、組込みシステム、リコンフィギャラブルシステム、情報アーキテクチャ、ソフトウェアリポジトリマイニング、機械学習

研究業績・著書・論文・その他それに準じる業績

  • 追川修一:ブロックストレージとの組合せによるメモリストレージ容量拡張手法,情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム,Vol.8, No.2 (ACS 50), 2015.2015年度山下記念賞
  • 追川修一,三木聡:Non-Volatile メインメモリを用いた チェックポイント・リスタートシステム,情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム,Vol. 6,No. SIG 4(ACS 44),2013.2014年度論文賞
  • Shuichi Oikawa: Decoupling Dynamic Resource Management Functions from RTOS for Heterogeneous Multi-Core Systems, 2nd IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2013), 2013. 1st Prize Excellent Paper Award
  • 伊藤愛,追川修一:Gandalf VMMにおけるShadow Pagingの実装と評価,情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム,Vol. 49,No. SIG 2(ACS 21),2008.2008年度山下記念賞

社会貢献

社会貢献活動

  • 情報処理学会 システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会 運営委員

所属学協会

情報処理学会

PAGE TOP