English

3つのポリシー

東京都立産業技術大学院大学では、修了までに学生が身に付ける資質・能力を示すディプロマポリシーと、それを達成するための教育課程の編成・実施の在り方を示すカリキュラム・ポリシー、これら2つのポリシーを踏まえた入学者受け入れのためのアドミッション・ポリシーを、大学全体・各コースでそれぞれ策定しています。

3つのポリシー策定の基本方針
  • 東京都立産業技術大学院大学は、本学で展開している教育活動について、質の保証と向上を図るために、3つのポリシー(「学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」「教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)」「入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)」)を大学及びコースごとに策定・運用します。
  • 3つのポリシーは、教育の質向上を継続的に図っていく内部質保証システムの核であるとの認識のもと、絶えず検証を行い、必要に応じて見直しを行います。検証活動は、各コース及び内部質保証室において行い、教育活動の妥当性を確保します。

東京都立産業技術大学院大学(全体)

教育目標

東京都立産業技術大学院大学は、専門的知識と体系化された技術ノウハウを活用して、新たな価値を創造し、産業の活性化に資する意欲と能力を持つ高度専門技術者の育成を目的としています。

ディプロマポリシー

東京都立産業技術大学院大学は、本学の理念に定める人材を育成するため、所定の期間在学し、所属するコースにおいて定める高度な知識、スキル、コンピテンシーを獲得し、所定の単位を修得した学生に専門職学位を授与します。

カリキュラムポリシー

東京都立産業技術大学院大学は、ディプロマポリシーに掲げる高度な知識、スキル、コンピテンシーを修得させるために、各コースの分野に関する講義科目、演習科目、プロジェクト型教育プログラムを体系的に編成し適切に組み合わせた高度な授業を開講し、優れた指導を行います。

アドミッションポリシー

東京都立産業技術大学院大学は、本学の理念に定める人材を育成するため、産業技術専攻が定める専門職学位課程のディプロマポリシーとカリキュラムポリシーを理解し、

  1. コースが対象とする産業技術分野に関する高度の専門的知識及びこれを実務に応用できる能力
  2. コースが対象とする産業技術分野において、複雑な問題を分析し、課題を抽出し、解決できる卓越した能力
  3. コースが対象とする産業技術分野に関する基礎的技能や知識
  4. 継続的学習と研究の能力
  5. 必要なコミュニケーション能力、チーム活動力
  6. 職業倫理を理解し、倫理規範を守りつつ職務を果たす能力と態度

などを獲得しようとする人を受け入れます。
このような学生を適正に選抜するために、多様な選抜方法を実施します。

事業設計工学コース

ディプロマポリシー

事業設計工学コースは、本学の理念に定める人材を育成するため、事業イノベーターに必要とされる高度な技術、スキル、コンピテンシーを獲得し、所定の期間在学し、所定の単位を修得した学生に専門職学位を授与します。

カリキュラムポリシー

事業設計工学コースは、事業イノベーターに必要とされる高度かつ最新の知識、スキルおよび事業遂行に必要な高いコンピテンシーを修得させるために、当コース分野に関する講義・演習型科目、実習型科目、PBL 型科目などの教育プログラムを体系的で多様な人材が履修しやすいカリキュラムとして提供します。

アドミッションポリシー

事業設計工学コースは、本学の理念に定める人材を育成するため、当コースが定める専門職学位課程のディプロマポリシーとカリキュラムポリシーを理解し、

  1. 豊かな感性と体系的、論理的、計画的に思考する力、さらに優れたコミュニケーション力を有し、あわせて目的達成のために努力を惜しまない人
  2. 本学の教育内容を理解する基本的知識を有するとともに、地域やグローバル社会の課題を理解し、その解決に取り組む意欲のある人
  3. 事業イノベーションへの深い関心と旺盛な知的好奇心を持ち、環境に配慮し新たな創造に果敢に挑戦できる人
  4. 情報アーキテクチャコースあるいは創造技術コース修了後に高度な情報技術、デザインエンジニアリングを活用して事業イノベーションに取り組みたい人

を受け入れます。このような学生を適正に選抜するために、多様な選抜方法を実施します。

情報アーキテクチャコース

ディプロマポリシー

情報アーキテクチャコースは、本学の理念に定める人材を育成するため、情報アーキテクトに必要とされる高度な知識、スキル、コンピテンシーを獲得し、所定の期間在学し、所定の単位を修得した学生に専門職学位を授与します。

カリキュラムポリシー

情報アーキテクチャコースは、情報アーキテクトに必要とされる高度な知識、スキル、コンピテンシーを修得させるために、当コース分野に関する講義・演習型科目、事例研究型科目、PBL 型科目等の教育プログラムを体系的に編成し、高度な授業を開講し、優れた指導を行います。

アドミッションポリシー

情報アーキテクチャコースは、本学の理念に定める人材を育成するため、当専攻が定める専門職学位課程のディプロマポリシーとカリキュラムポリシーを理解し、

  1. 大学で学んだ知識と、社会人としての経験を論理的・体系的に整理する能力があり、これらの知識と経験を基礎として、さらに発展的に学ぶ意欲を持つ人
  2. 最新の情報技術の動向を把握して、イノベーションや新しいビジネスによって社会貢献や社会改革をしたいという志を持つ人
  3. 当コースの教育システムを理解し、効率的に学ぶ計画性があり、プロジェクト演習等を通じて協調性とリーダシップを発揮できる人

を受け入れます。このような学生を適正に選抜するために、多様な選抜方法を実施します。

創造技術コース

ディプロマポリシー

創造技術コースは、本学の理念に定める人材を育成するため、ものづくりアーキテクトに必要とされる高度な知識、スキル、コンピテンシーを獲得し、所定の期間在学し、所定の単位を修得した学生に専門職学位を授与します。

カリキュラムポリシー

創造技術コースは、ものづくりアーキテクトに必要とされる高度かつ最新の知識、スキルおよび業務遂行に必要な高いコンピテンシーを修得させるために、当コース分野に関する講義・演習型科目、実習型科目、PBL 型科目等の教育プログラムを体系的で多様な人材が履修しやすいカリキュラムとして提供します。

アドミッションポリシー

創造技術コースは、本学の理念に定める人材を育成するため、当コースが定める専門職学位課程のディプロマポリシーとカリキュラムポリシーを理解し、

  1. 豊かな感性と体系的、論理的、計画的に思考する力、さらに優れたコミュニケーション力を有し、あわせて目的達成のために努力を惜しまない人
  2. 本学の教育内容を理解する基本的知識を有するとともに、地域やグローバル社会の課題を理解し、その解決に取り組む意欲のある人
  3. ものづくりへの深い関心と旺盛な知的好奇心を持ち、環境に配慮し新たな創造に果敢に挑戦できる人

を受け入れます。このような学生を適正に選抜するために、多様な選抜方法を実施します。

東京都立産業技術大学院大学(2022年度以降入学者対象)

ディプロマポリシー/学位授与の方針

東京都立産業技術大学院大学は、所定の期間在学して所定の単位を取得し、所属する学位プログラムであるコースのカリキュラムで定める知識・スキル・コンピテンシーを獲得し、ディプロマポリシーに合致する学生を、本学の理念に定める人材として専門職学位を授与します。

カリキュラムポリシー/教育課程編成・実施の方針

各コースの分野に関する講義科目、演習科目、プロジェクト型教育プログラムを体系的に編成し適切に組み合わせた授業を開講し、指導を行います。このため、主に1年次生は、講義、演習科目を通して知識とスキルを修得し、2年次生は、PBL型科目等を通して、プロジェクト遂行に必要なさらなる知識とスキルの獲得を図ると共に、各コースで定めたコンピテンシーの獲得を図ります。

アドミッションポリシー/入学者受入れの方針

本学の理念に定める人材を育成するため、コースが定める専門職学位課程のディプロマポリシーとカリキュラムポリシーを理解し、次のことを獲得しようとする人を受け入れます。

  1. コースが対象とする産業技術分野に関する高度の専門的知識及びこれを実務に応用できる能力
  2. コースが対象とする産業技術分野において、複雑な問題を分析し、課題を抽出し、解決できる卓越した能力
  3. コースが対象とする産業技術分野に関する基礎的技能や知識
  4. 継続的学修と研究の能力
  5. 本学の学修活動に必要なコミュニケーション能力、チーム活動力
  6. 職業倫理を理解し、倫理規範を守りつつ職務を果たす能力と態度

事業設計工学コース(2022年度以降入学者対象)

ディプロマポリシー/学位授与の方針

事業設計工学コースに所属し、次の学修目標を達成した学生に対し「事業設計工学修士(専門職)」を授与します。

  1. 進歩を続ける技術や動的に変化する環境に対して、論理的な理解力を身につけている
  2. 最新の技術や先端的なビジネスモデルに関する体系的知識を身につけている
  3. 身につけた理解力と知識を総合的に活用して、事業イノベーションを起こすことができる能力を修得している

カリキュラムポリシー/教育課程編成・実施の方針

事業設計工学コースは、事業イノベーターに必要とされる高度かつ最新の知識、スキルおよび事業遂行に必要な高いコンピテンシーを修得させるために、本コース分野に関する講義・演習型科目、PBL型科目等の教育プログラムを体系的で多様な人材が履修しやすいカリキュラムとして提供します。

アドミッションポリシー/入学者受入れの方針

  1. 進歩を続ける産業技術や動的に変化する環境に対して、体系的、論理的な理解力を身につける努力を惜しまない人
  2. 最新の産業技術や先端的なビジネスモデルに関する体系的知識を身につける意欲のある人
  3. 身につけた理解力と知識を総合的に活用して、事業イノベーションを起こすことができる能力を修得することに挑む人

情報アーキテクチャコース(2022年度以降入学者対象)

ディプロマポリシー/学位授与の方針

情報アーキテクチャコースに所属し、次の学修目標を達成した学生に対し「情報システム学修士(専門職)」を授与します。

  1. 情報システムアーキテクトとして、本コースのカリキュラムで修得した学修の成果を情報システム分野の実務で活用できる
  2. コミュニケーション能力、計画的なプロジェクトの遂行能力、リーダーシップや協調性を発揮し、高度な課題にチームで取り組み、情報技術を利用して解決することができる
  3. 最新の情報技術を取り入れて、イノベーションや新しいビジネスを立ち上げられる能力を身につけている

カリキュラムポリシー/教育課程編成・実施の方針

情報アーキテクチャコースは、情報システムアーキテクトに必要とされる知識、スキル、コンピテンシーを修得させるために、本コース分野に関する講義・演習型科目、PBL型科目等のカリキュラムを体系的に編成します。

アドミッションポリシー/入学者受入れの方針

  1. 大学等で学んだ知識とこれまでの経験を論理的・体系的に整理する能力を身に付けようとする意欲があり、これらの知識と経験を基礎として、さらに発展的に学ぶ努力を惜しまない人
  2. 当コースの教育システムを理解し、効率的に学ぶ計画性があり、チームやプロジェクトでの学修を通じて協調性とリーダーシップを発揮できる資質のある人
  3. 最新の情報技術の動向を把握して、イノベーションや新しいビジネスによって社会貢献や社会改革をしたいという志を持つ人

創造技術コース(2022年度以降入学者対象)

ディプロマポリシー/学位授与の方針

創造技術コースに所属し、次の学修目標を達成した学生に対し「創造技術修士(専門職)」を授与します。

  1. 本コースのカリキュラムで修得した学修の成果をものづくり分野の実務で活用できる
  2. 豊かな感性と体系的、論理的、計画的に思考する力、さらに優れたコミュニケーション力を身につけ、地域やグローバル社会の課題にチームで取り組み、ものづくり技術を利用して解決することができる
  3. 最新のものづくり技術を取り入れて、イノベーションや新しいビジネスを立ち上げる能力を発揮できる

カリキュラムポリシー/教育課程編成・実施の方針

創造技術コースは、ものづくりアーキテクトに必要とされる高度かつ最新の知識、スキルおよび業務遂行に必要な高いコンピテンシーを修得させるために、本コース分野に関する講義・演習型科目、PBL型科目等の教育プログラムを体系的で多様な人材が履修しやすいカリキュラムとして提供します。


アドミッションポリシー/入学者受入れの方針

  1. 豊かな感性と体系的、論理的、計画的に思考する力、さらに優れたコミュニケーション力を身に付けようとする意欲があり、あわせて目的達成のために努力を惜しまない人
  2. 最新のデザインエンジニアリングの動向を把握することで、地域やグローバル社会の課題を理解し、その解決に取り組む意欲のある人
  3. ものづくりへの深い関心と旺盛な知的好奇心を持ち、環境に配慮し新たな創造に果敢に挑戦できる人

情報アーキテクチャ専攻(2021年廃止予定)

ディプロマポリシー

情報アーキテクチャ専攻は、本学の理念に定める人材を育成するため、情報アーキテクトに必要とされる高度な知識、スキル、コンピテンシーを獲得し、所定の期間在学し、所定の単位を修得した学生に専門職学位を授与します。

カリキュラムポリシー

情報アーキテクチャ専攻は、情報アーキテクトに必要とされる高度な知識、スキル、コンピテンシーを修得させるために、当専攻分野に関する講義・演習型科目、事例研究型科目、PBL 型科目等の教育プログラムを体系的に編成し、高度な授業を開講し、優れた指導を行います。

アドミッションポリシー

情報アーキテクチャ専攻は、本学の理念に定める人材を育成するため、当専攻が定める専門職学位課程のディプロマポリシーとカリキュラムポリシーを理解し、

  1. 大学で学んだ知識と、社会人としての経験を論理的・体系的に整理する能力があり、これらの知識と経験を基礎として、さらに発展的に学ぶ意欲を持つ人
  2. 最新の情報技術の動向を把握して、イノベーションや新しいビジネスによって社会貢献や社会改革をしたいという志を持つ人
  3. 当専攻の教育システムを理解し、効率的に学ぶ計画性があり、プロジェクト演習等を通じて協調性とリーダシップを発揮できる人

を受け入れます。このような学生を適正に選抜するために、多様な選抜方法を実施します。

創造技術専攻(2021年度廃止予定)

ディプロマポリシー

創造技術専攻は、本学の理念に定める人材を育成するため、ものづくりアーキテクトに必要とされる高度な知識、スキル、コンピテンシーを獲得し、所定の期間在学し、所定の単位を修得した学生に専門職学位を授与します。

カリキュラムポリシー

創造技術専攻は、ものづくりアーキテクトに必要とされる高度かつ最新の知識、スキルおよび業務遂行に必要な高いコンピテンシーを修得させるために、当専攻分野に関する講義・演習型科目、実習型科目、PBL 型科目等の教育プログラムを体系的で多様な人材が履修しやすいカリキュラムとして提供します。

アドミッションポリシー

創造技術専攻は、本学の理念に定める人材を育成するため、当専攻が定める専門職学位課程のディプロマポリシーとカリキュラムポリシーを理解し、

  1. 豊かな感性と体系的、論理的、計画的に思考する力、さらに優れたコミュニケーション力を有し、あわせて目的達成のために努力を惜しまない人
  2. 本学の教育内容を理解する基本的知識を有するとともに、地域やグローバル社会の課題を理解し、その解決に取り組む意欲のある人
  3. ものづくりへの深い関心と旺盛な知的好奇心を持ち、環境に配慮し新たな創造に果敢に挑戦できる人

を受け入れます。このような学生を適正に選抜するために、多様な選抜方法を実施します。

PAGE TOP