English

専攻長あいさつ

産業技術専攻長 中鉢 欣秀

産業技術専攻は、我が国の産業界で活躍する高度専門職業人を育成するために、PBL型教育を中核とした実践的教育を行う3つの学位プログラムから構成されています。本専攻を修了すると、事業設計工学コースでは「事業設計工学修士(専門職)」、情報アーキテクチャコースでは「情報システム学修士(専門職)」、創造技術コースでは「創造技術修士(専門職)」の学位を取得できます。これらの学位は、修了生が高度な専門職人材として専門的な学業を修めたことを示す証であり、学位授与式で受け取った学位記は世界に通用する証明書となります。

本専攻のカリキュラムは、まず、1年次に履修する講義・演習型科目で知識や技能(スキル)を修得します。そして、2年次のPBL型科目では前期・後期のプロジェクト活動を通し、業務遂行能力を獲得します。この業務遂行能力として「コンピテンシー」を重視しています。コンピテンシーとは、「優れた成果を生み出す個人の能力や行動特性」のことです。従来型の知識や技能を教える教育だけでは、優れた成果を生み出す人財を育成することはできません。実務に即したゴールを設定し、チームにより高度な課題の解決に取り組むプロジェクト型学修(PBL)を通して、個人の行動が変容し、引いては高度な業務遂行能力が身に付くことを狙います。

本専攻は、多様な背景をもつ社会人が「大学院生」として学び直しをするための仕組みを備えています。生涯学習の重要性が指摘される中、多くの方に本学での学びの門を叩いて頂けるように、様々な入試の形態を用意しています。本専攻に興味を持ってくださったら、まずは、説明会にご参加ください。皆さんと本学でお目にかかれることを、本専攻の教員一同、楽しみにお待ちしております。

東京都立産業技術大学院大学
産業技術専攻長
中鉢 欣秀

PAGE TOP