English

学びやすい学修体制

※ 令和3年4月1日から8月31日の間、AIIT Knowledge Home Port制度における修了生向けの動画配信サービスを一時停止いたします。 詳細はコチラをご確認ください。

本学は、社会人の方が職業を持ちながら学修することができるような時間割構成をとり、様々な方の学修を支援する各種制度を用意しています。
入学から修了、そして修了後までのサポートが充実していますので、是非ご活用ください。

科目等履修生として単位を取得 AIIT単位バンク制度

入学前の取得単位が入学後にも活用できる

AIIT単位バンク制度とは、正規入学前に「科目等履修生」として取得した単位を蓄積し、正規学生として入学した際に活用するAIIT独自の制度です。AIIT単位バンクを利用することで、時間に制約のある社会人の方なども、ライフスタイルに合わせて計画的に学修することができます。

また履修登録している科目については、講義支援システム(e-learning)によりインターネット経由で授業前に資料を見たり、講義の録画を視聴できるなど、レポート・課題の提出をサポートします。講義支援システムについてはこちら。

AIIT単位バンクによる学修モデル

AIIT単位バンクによる学修モデルの図

AIIT単位バンク制度とは

  • AIIT単位バンクとは、科目等履修生として修得した単位を蓄積し、正規学生として入学した際に活用する制度です。※1
  • AIIT単位バンクに蓄積した単位は、本学に正規学生として入学すると、正規学生の単位として認定を受けることができます。※2
  • 正規学生として入学した際には、科目等履修生として支払った授業料に相当する額を、正規入学後の授業料から減免することができます。※3
  1. ※1 AIIT単位バンクには定員の上限があり、履修申請が集中した科目は、受講できない場合があります。
  2. ※2 AIIT単位バンクに蓄積した単位の有効期間は全5年間です。
  3. ※3 正規入学後に授業料減免申請手続をすることにより、(正規学生の単位として認定を受けた単位数)×(科目等履修生1単位あたり授業料)を正規入学初年度の授業料から減免することができます。なお、授業料の改定があった場合は、改定後の授業料が適用されます。

仕事との両立 社会人の学修に配慮した時間割

平日夜間及び土曜日に多くの授業科目を配した時間割構成となっています。
社会人学生が仕事を終えてからでの受講可能な授業時間を設定しています。

短期でしっかり!! 短期間で履修可能なクォータ制

前後期制ではなく、短期間で1つの科目を履修していただけるように1年を4期に区分する「クォータ制」を採用しています。各科目は週2回講義を行うことで、約2ヵ月で履修することができます。

クォータ制の画像

従来の大学院教育は、前後期制を採用しているのが通常です。本学では、専門的知識や技能を短期間に集中して修得できるよう、1年を4期に区分するクォータ制を採用しています。各科目は週2回講義を行うことで、約2ヵ月で履修することができます。
クォータ制の採用は、社会人学生の皆様に対しても、短期間で1つの科目を履修できるメリットがあります。クォータの日程は毎年調整されます。

サテライトキャンパス 秋葉原でも受けられる遠隔授業

メインキャンパス(品川シーサイドキャンパス)で開講している講義の一部は、サテライトキャンパス(秋葉原サテライトキャンパス)でも受講することができます。

メインキャンパス(品川シーサイドキャンパス)、サテライトキャンパス(秋葉原サテライトキャンパス)の両教室は専用回線で結ばれ、メインキャンパスからサテライトキャンパスには、講義資料(スライド)及び教員の映像が、サテライトキャンパスからメインキャンパスには学生の映像が高品質の動画で配信されています。また必要に応じて、サテライトキャンパスの学生からメインキャンパスの教員へ音声で質問を行うこともできます。

地図

様々な支援体制 講義支援システム(e-learning)

e-learningシステムは、インターネット経由で授業前に資料を見たり、全ての講義の録画を視聴できるなど、レポート・課題の提出をサポートします。
正規学生は、開講中の全ての講義の録画を視聴することができ、修了後、インターネット経由で10年間最新の授業を無料視聴できます。

講義支援システム(e-learning)とは

e-Learningシステムを利用した講義支援を積極的に行っており、全ての講義はビデオ録画され、遠隔からの視聴が可能です。
本システムは講義に関する質問の受付、演習課題の提出等にも利用され、時間に制約のある社会人学生の学修をサポートする様々な仕組みが用意されています。なお、単位取得・修了には原則講義への出席が必要です。

講義支援システム(e-learning)

また、本学では、録画された授業をビデオライブラリとして整理しており、めまぐるしく進歩する産業技術に関する情報をe-learningコンテンツとして修了後10年間無料で視聴可能とする制度(AIIT Knowledge Home Port制度)を導入しています。

反復学修と対面授業 AIIT ブレンディッド・ラーニング

AIITブレンディッド・ラーニングは、1科目16 回の授業の中で、録画授業と対面授業とを混合(ブレンド)して行う授業形態です。録画授業は、通学しなくても自宅や職場等、Web環境があれば、どこでも受講することができます。録画授業を理解できるまで繰り返し視聴し、十分な知識を獲得した上で、対面授業に臨み、グループワークや演習等の能動的で実践的な学修を集中して行うことにより、学修効果の高まりが期待されます。また、特定の曜日に集中して通学することも可能となり、業務多忙な社会人学生の皆様にとって、その通学負担が大幅に軽減されます。

整えられた設備 自由に使える施設、図書館

施設

サーバー実験室や3Dプリンターなど、施設、設備があります。

図書館

教員が選定した最新の専門書を読むことができます。開館時間は、平日9時から23時まで

学費支援 奨学金、授業料の減免・分納

日本学生支援機構の奨学金のほか、本学独自の奨学金が利用できます。また、経済的に授業料の納付が極めて困難な学生に対する授業料の減免・分納制度があります。

計画的に学べる 長期履修制度

この制度は許可を受けた学生に対して、3年間又は2年6ヶ月の修業年限を認める制度です。
仕事の都合や育児、長期介護等の事情により、標準修業年限(2年)で修了することが困難な方で、かつ、3年間又は2年6ヶ月での履修を計画している方を対象として、長期履修制度を実施します。

認められた修業年限でお支払いいただく授業料は、2年分の授業料です。(長期在学期間中に授業料が改定された場合は、改定された年度以降、改定後の授業料を基準に授業料が積算されます。)
申請手続きは入学時のみで、募集人数は若干名です。長期履修を許可された場合、長期履修期間の延長は認められません。

修了後も学べる AIIT Knowledge Home Port制度

※令和3年4月1日~8月31日の間、修了生向けの動画配信サービスを一時停止いたします。
 詳細はコチラをご確認ください。

講義支援システム(e-learning)によってビデオ録画されたすべての講義が修了後10年間無料で視聴可能です。
正規学生は、修了後もインターネット経由で10年間最新の授業を無料視聴できます。
履修登録生は履修している年度のみ閲覧可能です。

多様な学修機会 履修証明プログラム

再就職やキャリアアップに役立つ社会人向けの教育プログラムがあります。プログラム修了者には、学校教育法に基づき、履修証明書が交付されます。

プログラム名 プログラム概要 開講時期
プロジェクトマネジメント・
プロフェッショナルスクール
プロジェクトマネジメントに必要な知識、実践力、人間力を修得 8月開講
人間中心デザイン ユーザビリティを向上させる知識とデザイン手法を修得 8月開講
AIITシニアスタートアッププログラム 起業に必要な知識及びスキルを短期間で修得 8月開講

知識を生かせる場 認定登録講師制度

高度専門知識を有すると認定する修了生等を認定登録講師として登録します。認定登録講師は、「産業技術大学院大学(AIIT)認定登録講師」と称することができ、本学からの依頼に基づき、講演や、講義等を行います。

学位記+ディプロマ・サプリメント ディプロマ・サプリメント

ディプロマ・サプリメントとは、個々の学生が取得した学位・資格の学修内容について、本学が証明する証書で、修了時に日本語版と英語版の2 カ国語での証書交付します。修了生は、学位記と本学のディプロマ・サプリメントを持って、自らのスキルや知識を証明し、就職活動やキャリア・アップに活かすことができます。また、ディプロマ・サプリメントは、国境を越えた教育の提供と学生の流動が活発化している中、国外の学位・資格に関する公的かつ透明性ある説明文書としての役割も持ち、修了生が、国内だけでなく国外に活躍の場を広げられるよう期待しています。
※令和2年4月入学生から新しい形式のディプロマサプリメントを修了時に交付します。

PAGE TOP