English

教員紹介 越水 重臣

越水 重臣
職位 教授
氏名 越水 重臣
KOSHIMIZU Shigeomi
研究室 154-c
メールアドレス koshi[at]aiit.ac.jp
メール送信時は[at]を@に変えてください
オフィスアワー 〔水曜〕 〔18:00-19:30〕
※事前連絡必須、この他の時間も事前連絡で調整可

プロフィール

学歴

  • 1987年 慶応義塾大学 理工学部 機械工学科 卒業
  • 1989年 慶応義塾大学大学院 理工学研究科 修士課程 修了

学位

  • 博士(工学)

職歴

  • 1989年 イーストマン・コダック(ジャパン)株式会社
  • 1994年 静岡理工科大学 機械工学科 助手
  • 2001年 静岡理工科大学 機械工学科 講師
  • 2003年 静岡理工科大学 機械工学科 助教授
  • 2008年 産業技術大学院大学 准教授
  • 2014年 産業技術大学院大学 教授

教育

担当授業科目

品質工学特論、信頼性工学特論、創造設計特論、イノベーションデザイン特別演習1・2、事業アーキテクチャ特別演習1・2

平成30年度の取組状況

  • 学生による授業評価アンケートの結果、いずれの科目でも高い評点を得ることができた。2018年のBest Professor of the Yearに選出され表彰された(2018年5月15日)。
    また、FDフォーラムにて「アクティブラーニングの取り組み」と題して講演を行い、自身の講義体験を参加者と共有した。(2018年9月19日)。
  • PBLにて「人生ゲームライフシフト編withARを活用した研修サービスの提案」を実施し、学生を指導した。タカラトミー社とタイアップして人生ゲームを試作し、参加者30名を募り「ライフシフト考察カンファレンス」を実施した(2018年11月)。試作した人生ゲームを用いて、本学の事務スタッフを対象としたSD研修を実施した(2018年12月12日)。

研究

専門分野

品質工学(タグチメソッド)、TRIZ/USITによる技術問題の創造的解決、製品安全と信頼性設計、精密機械、精密加工

研究キーワード

イノベーションデザイン、価値創造、技術・製品・サービス・ビジネスのトータルデザイン

研究業績・著書・論文・その他それに準じる業績

著書

  • 越水重臣、鈴木真人:実践・品質工学,日刊工業新聞社(2007)

PBL(Project Based Learning)のテーマ

  • 2009年度:足裏圧力による個人認証システムの開発
  • 2010年度:自動車用着座認証システムの開発
  • 2011年度:デジタルサイネージ付自販機による災害情報の配信
  • 2012年度:「感性選曲」 脳波を使った新しい音楽体験のデザイン
  • 2013年度:bw Trackr 脳波による新たな映像体験
  • 2014年度:スマートフォンを用いた道路の快適性評価
  • 2015年度:ウェアラブル心拍センサを用いたワークエンゲージメントの推定とその可視化
  • 2016年度:生体情報を用いたインバウンド観光支援ツール「EEG TRAVELER」の提案
  • 2017年度:次世代ショッピングサービス「AirBaggage」の提案
  • 2018年度:人生ゲームライフシフト編with ARを活用した研修サービスの実施

受賞学術賞

  • 1999年 精密工学会 ベストプレゼンテーション賞
  • 2003年 品質工学会 貢献賞
  • 2008年 品質工学会 銅賞
  • 2011年 Best Professor of the year (産業技術大学院大学)
  • 2012年 Best Professor of the year (産業技術大学院大学)
  • 2015年 Best Professor of the year (産業技術大学院大学)
  • 2015年 品質工学会 貢献賞 銀賞
  • 2016年 Best Professor of the year (産業技術大学院大学)
  • 2018年 Best Professor of the year (産業技術大学院大学)

平成30年度の取組状況

平成30年度は、品質工学の手法を応用する研究として、加速度脈波を用いた血圧推定に関する研究を進めた。また、精密加工に関する研究として、産技高専品川キャンパスの青木繁教授と超音波溶接に関する共同研究を行った。これら研究の成果は、以下の通り論文掲載4件、国内外の学会発表6件として公表された。

論文発表

  • 大久保友幸,山丸航平,越水 重臣:携帯型脳波計を用いた観光客の印象検出システムの開発、日本感性工学会論文誌 第17巻2号 p. 285-291(2018)
  • 青木繁、栗田勝実、越水重臣:振動数の異なる2つの超音波振動を利用した溶接残留応力低減法-ひとつの超音波振動を利用した場合に対する優位性-、超音波テクノ、2018年7‐8月号、p.61-65、日本工業出版(2018)
  • 積田祐介、大久保友幸、越水重臣ほか2名:サービスデザインの実践:生鮮食料品スーパーにおけるスマートショッピングの提案、産業技術大学院大学紀要第12号、p.187-194,(2019)
  • 松尾徳朗、越水重臣、佐々木信夫、川田誠一:高等教育における専門職人材育成モデル、産業技術大学院大学紀要第12号、p.97-100,(2019)

国際会議

  • Shigeomi Koshimizu: Drilling of fine ceramics with ultrasonic torsional vibration, Ultrasonics 2018,2018年6月11日 , Lisbon, Portgal.
  • R.Oguro, S.Koshimizu: Estimation of Blood Pressure Based on the T-method in Quality Engineering, ICRQE2018, 2018年8月4日, Kuala Lumpur, Malaysia.
  • T.Okubo, K.Yamamaru, S.Koshimizu: Development of the impression detection system by using a portable EEG device for tourist impression analysis, SCIS&ISIS2018,2018年12月7日 , Toyama, Japan.

国内学会

  • 小黒諒、越水重臣:ロバスト回帰の考え方を適用した改良T法の提案、第26回品質工学研究発表大会、2018年6月27日
  • 小黒諒、越水重臣:加速度脈波による血圧推定-MTシステムによる推定式の選定-、平成31年電気学会全国大会、2019年3月13日
  • 大久保友幸, 積田佑介, 小野敬士, 劉瀾, 池本浩幸, 越水重臣, 生鮮食料品スーパーにおけるサービスデザイン, 第45回ファジィ・ワークショップ 講演論文集, pp17-20,2019、2019年3月16日

特許関連

  • 自身が発明者となっている特許(特許第5610439号 個人認証装置および個人認証システム)について、企業と実施許諾契約を締結した(2018年4月)。

社会貢献

社会貢献活動

学会、協会、公設団体、企業などでの講演活動など多数

所属学協会

日本機械学会、精密工学会、砥粒加工学会、品質工学会

平成30年度の取組状況

  • 東京都が主催する「世界発信コンペティション」において、製品・技術部門の審査部長を務めた。
  • 品川区の「メイドイン品川PR事業」において審査員を務めるなど貢献した。
  • 品川区との連携講座でもあるOPI公開講座にて、「イノベーターズ・マインド~人から始まるイノベーション実践講座~」を開講し、外部講師とともに講義ならびに演習を担当した。社会人の参加者20名を集めて実施した。

PAGE TOP