English

教員紹介 越水 重臣

越水 重臣
職位 教授
氏名 越水 重臣
KOSHIMIZU Shigeomi
研究室 154-c
メールアドレス koshi[at]aiit.ac.jp
メール送信時は[at]を@に変えてください
オフィスアワー 〔水曜〕 〔18:00-19:30〕
※事前連絡必須、この他の時間も事前連絡で調整可

プロフィール

学歴

  • 1987年 慶応義塾大学 理工学部 機械工学科 卒業
  • 1989年 慶応義塾大学大学院 理工学研究科 修士課程 修了

学位

  • 博士(工学)

職歴

  • 1989年 イーストマン・コダック(ジャパン)株式会社
  • 1994年 静岡理工科大学 機械工学科 助手
  • 2001年 静岡理工科大学 機械工学科 講師
  • 2003年 静岡理工科大学 機械工学科 助教授
  • 2008年 産業技術大学院大学 准教授
  • 2014年 産業技術大学院大学 教授

教育

担当授業科目

品質工学特論、信頼性工学特論、創造設計特論、イノベーションデザイン特別演習1・2、事業アーキテクチャ特別演習1・2

令和元年度の取組状況

  • 講義科目では、創造設計特論、信頼性工学特論、品質工学特論を担当し、学生による授業評価アンケートの結果、いずれの科目でも高い評点を得ることができた。

  • PBL科目では、6名の学生を指導し、プロジェクト「AR焚き火を利用したメンタル改善の実践方法」を遂行した。

研究

専門分野

品質工学(タグチメソッド)、TRIZ/USITによる技術問題の創造的解決、製品安全と信頼性設計、精密機械、精密加工

研究キーワード

イノベーションデザイン、価値創造、技術・製品・サービス・ビジネスのトータルデザイン

研究業績・著書・論文・その他それに準じる業績

著書

  • 越水重臣、鈴木真人:実践・品質工学,日刊工業新聞社(2007)

PBL(Project Based Learning)のテーマ

  • 2009年度:足裏圧力による個人認証システムの開発
  • 2010年度:自動車用着座認証システムの開発
  • 2011年度:デジタルサイネージ付自販機による災害情報の配信
  • 2012年度:「感性選曲」 脳波を使った新しい音楽体験のデザイン
  • 2013年度:bw Trackr 脳波による新たな映像体験
  • 2014年度:スマートフォンを用いた道路の快適性評価
  • 2015年度:ウェアラブル心拍センサを用いたワークエンゲージメントの推定とその可視化
  • 2016年度:生体情報を用いたインバウンド観光支援ツール「EEG TRAVELER」の提案
  • 2017年度:次世代ショッピングサービス「AirBaggage」の提案
  • 2018年度:人生ゲームライフシフト編with ARを活用した研修サービスの実施
  • 2019年度:AR焚火を利用したメンタル改善の実践方法

受賞学術賞

  • 1999年 精密工学会 ベストプレゼンテーション賞
  • 2003年 品質工学会 貢献賞
  • 2008年 品質工学会 銅賞
  • 2011年 Best Professor of the year (産業技術大学院大学)
  • 2012年 Best Professor of the year (産業技術大学院大学)
  • 2015年 Best Professor of the year (産業技術大学院大学)
  • 2015年 品質工学会 貢献賞 銀賞
  • 2016年 Best Professor of the year (産業技術大学院大学)
  • 2018年 Best Professor of the year (産業技術大学院大学)

令和元年度の取組状況

論文発表

  • 押野貴志、大久保友幸、越水重臣ほか4名:人生ゲームライフシフト編with ARを活用したカンファレンスの実施、産業技術大学院大学紀要第13号、p.147-156,(2020)

学会発表

  • 小黒諒、越水重臣:加速度脈波による血圧推定-MTシステムによる総合推定式の選定-、品質工学会 第27回品質工学研究発表大会、2019年6月28日

  • 小黒諒、越水重臣:加速度脈波による血圧推定-MTシステムによる総合推定式の選定-、日本生体医工学会 生体医工シンポジウム2019、2019年9月6日

  • 小黒諒,中川達生,越水重臣:品質工学のT法による来店客数の予測、経営情報学会 秋季全国研究発表大会2019 、2019年10月19日

社会貢献

社会貢献活動

学会、協会、公設団体、企業などでの講演活動など多数

所属学協会

日本機械学会、精密工学会、品質工学会、品質管理学会

令和元年度の取組状況

  • 東京都が主催する「世界発信コンペティション」において、審査員を務めた。

  • 品川区の「メイドイン品川PR事業」において審査員を務めた。

  • 品川区との連携講座でもあるOPI公開講座にて、「ビジネスモデルイノベーション」を企画し、社会人の参加者30名を集めて開講した。

  • 三鷹市役所にて自治体職員研修として「データの利活用研修」の講師を務めた。

PAGE TOP