English

教員紹介 田部井 賢一

田部井 賢一
職位 助教
氏名 田部井 賢一
TABEI Ken-ichi
研究室 155-b
メールアドレス tabei-kenichi[at]aiit.ac.jp
メール送信時は[at]を@に変えてください
researchmap
オフィスアワー 〔土曜〕 〔16:00-17:00〕
※この他の時間も事前連絡で調整可

プロフィール

学歴

  • 2004年 日本大学芸術学部音楽学科卒業
  • 2006年 日本大学大学院芸術学研究科音楽芸術専攻博士前期課程修了
  • 2011年 日本大学大学院総合科学研究科生命科学専攻5年一貫制博士課程単位取得満期退学
  • 2019年 三重大学大学院医学系研究科生命医科学専攻博士課程修了

学位

  • 博士(医学)

職歴

  • 2008年〜2011年 日本学術振興会特別研究員DC1
  • 2011年〜2012年 日本大学大学院総合科学研究科研究員
  • 2011年〜2012年 早稲田大学高等研究所研究補助員
  • 2012年〜2014年 三重大学大学院医学系研究科認知症医療学講座研究員
  • 2014年〜2018年 三重大学大学院医学系研究科認知症医療学講座助教

教育

担当授業科目

事業設計工学概論、事業設計工学特別演習1・2、設計工学特論

令和元年度の取組状況

演習科目の「イノベーションデザイン特別演習1・2」では、2つのプロジェクトチームの副担当教員としてProject Based Learningに基づく教育研究活動を行い、医療・福祉の立場から貢献した。

研究

専門分野

認知症医療学、認知神経科学、健康寿命デザイン、ヘルスデザインシンキング、芸術療法

研究キーワード

認知症、非薬物療法、脳機能イメージング、ヘルスケア

研究業績・著書・論文・その他それに準じる業績

  • Ogawa Ito A, Shindo A, Ii Y, Matsuura K, Tabei K, Maeda M, Umino M, Suzuki Y, Shiba M, Toma N, Suzuki H, Tomimoto H., Microbleeds after Carotid Artery Stenting: Small Embolism May Induce Cerebral Microbleeds., Cerebrovasc Dis Extra. 2019年6月

  • 田部井賢一、臨床心理学・最新研究レポート シーズン3(第17回)認知症患者の介入前の認知機能と脳容積から非薬物療法の効果を予測する : Tabei K, Satoh M, Ogawa J, Tokita T, Nakaguchi N, Nakao K, Kida H & Tomimoto H (2018) Cognitive function and brain atrophy predict non-pharmacological efficacy in dementia : The Mihama-Kiho Scan Project 2. Frontiers in Aging Neuroscience 10 ; 87、臨床心理学、2019年7月

  • Matsuda K, Satoh M, Tabei K, Ueda Y, Itoh A, Ishikawa H, Matsuo K, Shindo A, Asahi M, Niwa A, Matsuura K, Tomimoto H.,Subregional heterogeneity of somatosensory dysfunction in the insula., J Neurol Neurosurg Psychiatry., 2019年8月

  • Matsuura K, Maeda M, Satoh M, Tabei K, Araki T, Umino M, Kajikawa H, Nakamura N, Tomimoto H., Low Pulvinar Intensity in Susceptibility-Weighted Imaging May Suggest Cognitive Worsening After Deep Brain Stimulation Therapy in Patients With Parkinson's Disease., Front Neurol., 2019年10月

  • 田部井賢一、神経画像から見たEBM、音楽心理学音楽療法研究年報、2019年12月

  • 田部井賢一、認知症に対する非薬物療法、産業技術大学院大学紀要、2019年12月

  • 大串 健吾(監修)桑野 園子(監修)難波 精一郎(監修)小川 容子(編著)谷口 高士(編著)中島 祥好(編著)星野 悦子(編著)三浦 雅展(編著)山崎 晃男(編著)、田部井賢一他(分担執筆)、音楽知覚認知ハンドブック: 音楽の不思議の解明に挑む科学、北大路書房、2020年2月

  • Ishikawa H, Ii Y, Shindo A, Tabei K, Umino M, Ito AO, Matsuura K, Taniguchi A, Matsuyama H, Niwa A, Ogura T, Yoshimaru K, Satoh M, Maeda M, Tomimoto H., Cortical Microinfarcts Detected by 3-Tesla Magnetic Resonance Imaging: Differentiation Between Cerebral Amyloid Angiopathy and Embolism., Stroke., 2020年3月

  • 田部井賢一、認知症に対する音楽療法、日本音楽療法学会東海支部紀要第7巻、2020年3月

令和元年度の取組状況

健常高齢者における認知症予防、重度認知症高齢者における進行抑制に対する非薬物療法の介入研究を行い、学会発表並びに論文発表を行った。また、2つの学会ではシンポジストとして発表を行い、特別寄稿の執筆を行なった。

社会貢献

社会貢献活動

  • 2015年〜2018年 日本音楽知覚認知学会『音楽知覚認知研究』編集幹事
  • 2012年〜現在 尚美学園大学非常勤講師
  • 2018年〜現在 相愛大学非常勤講師

令和元年度の取組状況

NPOなどが主催する認知症カフェ等で、認知症予防・進行抑制作用に関する啓発活動を行った。

所属学協会

  • 日本神経科学学会、Society for Neuroscience、日本認知症学会、日本神経学会、日本心理学会、日本音響学会、日本音楽知覚認知学会

その他

  • 2004年 日本大学芸術学部奨励賞
  • 2010年 日本音楽知覚認知学会研究選奨
  • 2019年 三重大学学長賞
  • 2019年 三医会奨励賞

PAGE TOP