English

教員紹介 飛田 博章

飛田 博章
職位 教授
氏名 飛田 博章
TOBITA Hiroaki
研究室 540
メールアドレス tobby[at]aiit.ac.jp
メール送信時は[at]を@に変えてください
オフィスアワー 〔土曜〕 〔12:00-13:00〕

プロフィール

学歴

  • 1999年3 電気通信大学情報システム研究科前期課程 修了
  • 2004年9 電気通信大学情報システム研究科後期課程 修了

学位

  • 博士 (工学)

職歴

  • 1999年4月~2003年1月 ソニー
  • 2003年2月~2015年3月 ソニーコンピュータサイエンス研究所 東京
  • 2011年8月~2013年8月 ソニーコンピュータサイエンス研究所 パリ
  • 2018年10月~ 東京工業大学 特別研究員
  • 2019年6月~2019年10月 シンガポール国立大学 Visiting Scholar
  • 2014年4月~ 現職

教育

担当授業科目

IT・CIO特論、ネットワークシステム特別講義、IoT開発特論、クラウドサーバ構築特論、情報システム学特別演習1・2

令和2年度の取組状況

大学で対面形式の授業で行ったネットワークシステム特別講義に関しては、コロナ禍の影響もあり授業と感染対策の両方を同時に行う必要があった。授業以外の部分に時間を割かなければならないため改善が必要と考える。一方で、でクラウドサーバ構築特論とIoT特論に関しては、授業をオンラインで行った。IoT特論は新しい内容で授業を進めたが学生からの評価も高かった。また、IT・CIO特論も1週分担当した。

PBLは6人で遠隔を中心に活動を行った。カメラをオフにした状態でミーティングを主として行ったため、意思疎通が難しかった。しかし、年間を通して十分な活動を行うとともに、論文の執筆も行った。

研究

専門分野

ヒューマンコンピューターインタラクション、拡張現実、仮想現実、深層学習、クラウドコンピューティング、IoT (Internet of Things)

研究キーワード

Human-Computer Interaction, Virtual Reality, Augmented Reality, Deep Learning, Cloud Computing, Internet of Things

研究業績・著書・論文・その他それに準じる業績

  • Hiroaki Tobita, Aero-Marker: Blimp-based Augmented Reality Marker for Objects with Virtual and Tangible Feature, ACM VRCAI ’13, 2013.
  • Hiroaki Tobita, Floating Surface: Blimp-based Ubiquitous Screen for Novel Digital Signage and Information Visualization, ACM SAC ’14, 2014.
  • Fumio Arakawa, Michael McCool, Soojung Ryu, Shumpei Kawasaki, and Hiroaki Tobita, “Toward Wearable Computing Era, How COOL Chips Architectures and Tools will Evolve?”, IEEE Cool Chips XVII (Panel Discussion), 2014.
  • Hiroaki Tobita, SmartWig: Wig-based Wearable Computing Device for Communication and Entertainment , U.S. Patent, 2013.

令和2年度の取組状況

出張の制約や、コロナ禍で状況がつかめたかったため、システムの構築や論文の執筆を中心に活動を行った。また、成果を国内・国際会議へ投稿した。

担当するSmart System Laboratoryとしては、書籍(分担)1編、論文誌1編、国際学会4 編 、国内学会1編 、研究会2編 、紀要3編 、意匠1件の成果があった。

社会貢献

社会貢献活動

  • 技術士会 問題作成委員
    技術士試験問題 (情報系) の作成を担当した。

所属学協会

ACM, 情報処理学会

令和2年度の取組状況

審査委員や国際会議のプログラム委員等を担当した。

PAGE TOP