English

教員紹介 林 久志

林 久志
職位 准教授
氏名 林 久志
HAYASHI Hisashi
研究室 261-b
メールアドレス hayashi-hisashi[at]aiit.ac.jp
メール送信時は[at]を@に変えてください
researchmap
オフィスアワー 〔月曜〕〔17:00-18:00〕
※事前連絡推奨

プロフィール

学歴

  • 早稲田大学理工学部情報学科知識情報処理専攻卒業
  • Completed MSc Course in Foundations of Advanced Information Technology, Department of Computing, Imperial College London
  • Completed PhD Course in Computer Science, Department of Electrical and Electronic Engineering, Imperial College London

学位

  • 工学士
  • MSc
  • PhD

職歴

  • 1998年~1999年 Research Assistant, Department of Electrical and Electronic Engineering, Imperial College London
  • 2000年~2017年 株式会社 東芝 研究開発センター 研究員
  • 2010年~2017年 公立大学法人 首都大学東京 大学院システムデザイン研究科 非常勤講師
  • 2017年10月より現職

教育

担当授業科目

AIデザイン特論、インテリジェントシステム特論、機械学習特論、イノベーションデザイン特別演習1・2

令和元年度の取組状況

  • 授業に関しては、大きな問題なく実施することができた。

  • 2020年度のデータサイエンス特別演習のコーディネータとして、実社会で活躍されている3人を非常勤講師として招待し、シラバス(マーケティングにおけるデータ分析、資産運用分野におけるAI活用、テキストマイニング)を取りまとめた。

  • PBLに関しては多くの成果を出した:
    ・国際学術書籍論文掲載:副担当1件
    ・国際会議発表:主担当1件
    ・国内学会発表:主担当3件
    ・紀要:主担当1件、副担当1件
    ・MASコンペ・ポスター投稿(コンペは中止):主担当1件
    ・特許出願:副担当1件

研究

専門分野

人工知能とエージェント

研究キーワード

社会シミュレーション、マルチエージェントシミュレーション、マルチエージェントシステム、群知能、分散人工知能、移動エージェント、知能ロボット、プランニング、論理プログラミング

研究業績・著書・論文・その他それに準じる業績

博士論文

  • Hisashi Hayashi. Computing with Changing Logic Programs, Ph. D. Thesis. Imperial College London, 2001.

修士論文

  • Hisashi Hayashi. The Language H: A Language for Representing Actions. M. Sc. Thesis. Imperial College London, 1996.

受賞

  • 2015 Best paper award (Best scientific paper), ITS World Congress, 9 October 2015, Bordeaux, France. Awarded to the paper: “Shizu Sakakibara, Hisashi Hayashi, Topon Paul, Hideyuki Aisu, and Hisashi Yamada. EV charge scheduling for highway EMS. ITS World Congress, 2015.”
  • 優秀論文賞.吉田 琢史,林 久志,西成 活裕.シミュレーションによる 最適化手法を用いた大規模ジョブショップ型工場における搬送効率の改善,合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS), 2013年9月19日.
  • ベストPC賞.林 久志.合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS), 2013年9月20日.(ポスター発表者に対して最も良いフィードバックをしたプログラム委員として全ポスター発表者から評価され,受賞.)
  • Certificate of merit for the IAENG international conference on artificial intelligence and applications in the IMECS 2009 best paper awards, 12 May 2009, Hong Kong. Awarded to the paper: “Hisashi Hayashi, Seiji Tokura, Fumio Ozaki, and Tetsuo Hasegawa. Handling Emergency Goals in HTN Planning. The IAENG International Conference on Artificial Intelligence and Applications (ICAIA), pp. 118-126, 2009.”

招待講演

  • 林 久志.パネルディスカッション(パネリスト).第2回AIIT八丈島セミナー―八丈島の未来を考える―.八丈町多目的ホール「おじゃれ」 2019年11月26日.

  • 林 久志.AI社会システムのデザイン.第2回AIIT八丈島セミナー―八丈島の未来を考える―.八丈町多目的ホール「おじゃれ」 2019年11月26日.

  • Hisashi Hayashi. Introduction to current AI boom. AIIT summer school for Egyptian visiting students, Advanced Institute of Industrial Technology, Tokyo, Japan, 17th July 2019.

  • Hisashi Hayashi. Designing cooperation among small and medium-sized enterprises in the era of Society 5.0. Higher education workshop held by Egyptian ministry of higher education, Cairo University, Egypt, 4th March 2019.
  • Hisashi Hayashi. Current trend of AI and Future AI Society. Higher education workshop held by Egyptian ministry of higher education, Cairo University, Egypt, 3rd March 2019.
  • 林久志.現状のAIブームと今後のAI社会システム,三鷹ネットワーク大学共催産業技術大学院大学寄付講座,三鷹ネットワーク大学,2019年2月27日.
  • 林久志.深層強化学習の発展過程と今後の課題と方向性.ホームカミングデー,産業技術大学院大学,2018年11月23日.
  • 林久志.深層強化学習の発展過程から見えてくる今後のAI社会システムの課題と方向性.講演会(一般公開),産業技術大学院大学,2018年10月20日.
  • Keynote Speech: Hisashi Hayashi. Towards future AI society. 7th IIAI International Congress on Advanced Applied Informatics (AAI), 9th July 2018, Yonago, Japan.
  • l 林 久志.パネルディスカッション(パネリスト).JST未来創造事業超スマート社会領域ワークショップ「サイバー世界とフィジカル世界を結ぶモデリングとAI」,イトーキ東京イノベーションセンター SYNQA,2018年5月25日
  • Hisashi Hayashi. Towards future AI society. AOTS seminar for visitors from Malaysian government and universities, 16th April 2018, Advanced Institute of Industrial Technology, Tokyo, Japan.
  • Hisashi Hayashi. AI for designing social systems. Joint AIIT-UNSADA seminar on advances in technology for the welfare of society, 7th March 2018, Darma Persada University, Jakarta, Indonesia.
  • Hisashi Hayashi. AI for designing social systems. Joint ITB-AIIT seminar on Industrial development strategy for west Java, 5th March 2018, Institut Teknologi Bandung, Bandung, Indonesia.
  • 林 久志.高速道路EMSシミュレーション―未来のEV充電に向けて―.電子情報通信学会「人工知能と知識処理研究専門委員会」特別シンポジウム「これからの社会を見据えた、新たな価値創造に役立つAI」,CEATEC JAPAN 2014 コンフェレンスの部,2014年10月10日,幕張メッセ.
  • 林 久志.高速道路EMSシミュレーション:MASがつなぐ交通と電力の世界.MACCセッション:ITS×セキュリティ in MAS,日本ソフトウェア科学会第31回大会,2014年9月10日,名古屋大学.
  • 林 久志.エージェントの知能化に向けて. 院生企画セミナーII,2009年7月31日,奈良女子大学大学院人間文化研究科.
  • Keynote Speech: Hisashi Hayashi. picoPlangent: A Dynamic Planning Mobile Agent System Based on Logic Programming, AgentLink/CologNet Symposium on Logic-Based Agent Implementation 3rd February, 2003, Barcelona, Spain.

雑誌・書籍掲載論文(学術会議予稿集掲載論文を除く)

  • 城 一平, 福田 和彦, 加藤 武徳, 蔡 詩傑, 青井 恵太, 張 子垚, 林 久志.再生可能エネルギーとEVを用いた電力地産地消の課題と展望 -マルチエージェントシミュレーションによる効果検証-.産業技術大学院大学紀要,(13), pp.157-167, 2020.

  • Masato Nakai, Yoshihiko Tsunoda, Hisashi Hayashi, Hideki Murakoshi. Prediction of basketball free throw shooting by OpenPose. New Frontiers in Artificial Intelligence (post-proceedings of JSAI-isAI), Lecture Notes in Artificial Intelligence 11717, pp.435-446, 2019.

  • 小峰 賢太,齋藤 美紀,中藤 愛子,佐々木 一晋,林 久志.Society5.0時代における中小企業群の生産性改善に向けた今後の課題と展望.産業技術大学院大学紀要,(12),pp. 201-208, 2019.
  • 角田 善彦,中井 眞人,孫 財東,網代 剛,林 久志,村越英 樹.深層学習による人体姿勢推定公開ソフトを用いた応用分野開発 ― 2017年度 村越PTの活動およびその先の展開 ―.産業技術大学院大学紀要,(12),pp.209-223, 2019.
  • Hisashi Hayashi. Evaluating task-allocation strategies for emergency repair in MAS. Transactions on Computational Collective Intelligence XXVIII, Lecture Notes in Computer Science 10780, Springer, pp.253-274, 2018. (Selected and expanded paper from ICAART 2016 and 2017.)
  • 林 久志.分散協調とローカル対応を融合した緊急タスク割り当て.情報処理学会論文誌,59(2), pp.812-820, 2018.
  • Hisashi Hayashi, Topon Paul, Shizu Sakakibara, Hideyuki Aisu, and Hisashi Yamada. Modeling key players of highway EMS as MetaMAS™ agents that interact with traffic and power simulators. International Journal of Transportation, 4(1), pp. 57-70, 2016. (Selected and expanded paper from Conference on Agent-based Modeling in Transportation Planning and Operations, 2013)
  • 吉田 琢史,林 久志,西成 活裕.シミュレーションによる 最適化手法を用いた大規模ジョブショップ型工場における搬送効率の改善,コンピュータソフトウェア,31(3), pp.130-140, 2014.
  • 林 久志, 足立 勝, 横山 和彦, 小川 秀樹,松日楽 信人. ロボットの物体操作計画と人に合わせた再計画.人工知能学会論文誌, 28(2) , pp.122-130, 2013.
  • 林 久志. 店舗内顧客購買行動のエージェント・ベースト・シミュレーション. 流通情報, No. 483, 41(6), pp. 32-39, 2010.
  • Hisashi Hayashi, Seiji Tokura, Tetsuo Hasegawa, and Fumio Ozaki. Emergency HTN Planning. In: S. -I. Ao, O. Castillo, and X. Huang (Eds.), Intelligent Automation and Computer Engineering, Series: Lecture Notes in Electrical Engineering, Vol. 52, Chapter 3, pp.27-40, Springer, 2010. (Selected and extended paper from ICAIA 2009)
  • Hisashi Hayashi, Seiji Tokura, and Fumio Ozaki. Towards Real-World HTN Planning Agents. In: L. C. Jain and N. T. Nguyen (Eds.), Knowledge Processing and Decision Making in Agent-Based Systems, Series: Studies in Computational Intelligence, Vol. 170, Chapter 2, pp. 13-41, Springer, 2009. (Selected and extended paper from AMSTA 2007)
  • Hisashi Hayashi, Seiji Tokura, Fumio Ozaki, and Miwako Doi. Background sensing control for planning agents working in the real world. International Journal of Intelligent Information and Database Systems, Inderscience Publishers, 3(4), pp. 483-501, 2009. (Selected and expanded paper from AMSTA 2008)
  • 林 久志, 十倉 征司, 尾崎 文夫, 長谷川 哲夫. Dynagent: 割込みHTNプランニング・エージェント. 知能と情報, 21(5), pp. 856-869, 2009.
  • 林 久志. DynagentTM - ロボットのフレキシブルな動作を実現するプランニング エージェント. 東芝レビュー, 64(1), pp. 36-39, 2009.
  • 林 久志, 十倉 征司, 尾崎 文夫, 土井 美和子. 実世界で動作するプランニング・エージェントのためのバックグラウンド・センシング・コントロール. コンピュータソフトウェア, 25(4), pp. 238-251, 2008.
  • Hisashi Hayashi, Seiji Tokura, Tetsuo Hasegawa, and Fumio Ozaki. Dynagent: An Incremental Forward-Chaining HTN Planning Agent in Dynamic Domains. In M. Baldoni, U. Endriss, A. Omicini, and P. Torroni (Eds.), Declarative Agent Languages and Technologies III, Lecture Notes in Artificial Intelligence 3904, Springer, pp. 171-187, 2006. (Strictly reviewed paper submitted to the open CFP)
  • Kenta Cho, Hisashi Hayashi, Masanori Hattori, Akihiko Ohsuga, and Shinichi Honiden. picoPlangent: An Intelligent Mobile Agent System for Ubiquitous Computing. In: M. W. Barley and N. Kasabov (Eds.), Intelligent Agents and Multi-Agent Systems, Lecture Notes in Computer Science 3371, Springer, pp. 43-56, 2005. (Revised and selected paper from PRIMA 2004)
  • Hisashi Hayashi, Kenta Cho, and Akihiko Ohsuga. A New HTN Planning Framework for Agents in Dynamic Environments. In: J. Dix and J. Leite (Eds.), Computational Logic in Multi-Agent Systems, Lecture Notes in Artificial Intelligence 3259, Springer, pp. 108-133, 2004. (Revised and selected paper from CLIMA 2004)
  • 林 久志, 長 健太, 大須賀 昭彦. 動的環境で動作するエージェントのための半順序HTNプラニング. 人工知能学会論文誌, 19(4) SP-A, pp. 265-278, 2004.
  • Hisashi Hayashi, Kenta Cho, and Akihiko Ohsuga. Speculative Computation and Action Execution in Multi-Agent Systems. Electronic Notes in Theoretical Computer Science 70(5), 2002. (Revised and selected paper from CLIMA 2002)

国際会議論文

  • Kenta Komine, Miki Saito, Aiko Nakato, Isshin Sasaki and Hisashi Hayashi. A market mechanism for autonomous distributed manufacturing systems -Towards the improvement of total productivity and individual profit margins. International Conference on Smart Computing and Artificial Intelligence (SCAI), IIAI International Congress on Advanced Applied Informatics (AAI), 2020.

  • Kazuhiko Fukuda, Miki Saito and Hisashi Hayashi. Evaluating decentralized P2P trading methods of local renewable energy for local consumption. International Conference on Smart Computing and Artificial Intelligence (SCAI), IIAI International Congress on Advanced Applied Informatics (AAI), 2020.

  • Miki Saito, Kenta Komine, Aiko Nakato, Isshin Sasaki and Hisashi Hayashi. Evaluating P2P human resource allocation strategies through multi-agent simulation. International Conference on Smart Computing and Artificial Intelligence (SCAI), IIAI International Congress on Advanced Applied Informatics (AAI), pp.505-510, 2019.
  • Masato Nakai, Yoshihiko Tsunoda, Hisashi Hayashi, and Hideki Murakoshi. Prediction of Basketball Free Throw Shooting by OpenPose. International Workshop on Skill Science (SKL), JSAI International Symposia on AI (JSAI-isAI), 2018.
  • Hisashi Hayashi. Integrating Decentralized Coordination and Reactivity in MAS for Repair-Task Allocations. International Conference on Practical Applications on Agents and Multi-Agent Systems (PAAMS), Lecture Notes in Computer Science 10349, Springer, pp. 95-106, 2017.
  • Hisashi Hayashi. Comparing Repair-Task-Allocation Strategies in MAS. International Conference on Agents and Artificial Intelligence (ICAART), vol. 1, pp. 17-27, 2017.
  • Shizu Sakakibara, Hisashi Hayashi, Topon Paul, Hideyuki Aisu, and Hisashi Yamada. EV charge scheduling for highway EMS. ITS World Congress, 2015.(Best paper award (Best scientific paper))
  • Hisashi Hayashi and Hideki Ogawa. Action preparation and replanning in manipulation. International Conference on Agents and Artificial Intelligence (ICAART), vol. 1, pp. 109-116, 2015.
  • Hisashi Hayashi, Topon Paul, Shizu Sakakibara, Hideyuki Aisu, Hisashi Yamada. Integrating Traffic and Power Simulators Using MetaMAS for Evaluating Highway EMS. ITS World Congress, 2013.
  • Topon Paul, Hisashi Hayashi, Shizu Sakakibara, Hideyuki Aisu, Hisashi Yamada. Highway EMS for Efficient Management of EVs and Energy. ITS World Congress, 2013.
  • Hisashi Hayashi, Topon Paul, Shizu Sakakibara, Hideyuki Aisu, Hisashi Yamada. Modeling Key Players of Highway EMS as MetaMAS Agents that Interact with Traffic and Power Simulators. Conference on Agent-based Modeling in Transportation Planning and Operations, 2013.
  • Hisashi Hayashi, Hideki Ogawa, and Nobuto Matsuhira. HTN Planning for Pick-and-place Manipulation. International Conference on Agents and Artificial Intelligence (ICAART), vol. 1, pp. 383-388, 2013.
  • Hisashi Hayashi and Kenta Cho. Evaluating In-store Digital Signage by Agent-based Simulation. World Congress on Social Simulation (WCSS), 2010.
  • Hisashi Hayashi, Seiji Tokura, Fumio Ozaki, and Tetsuo Hasegawa. Handling Emergency Goals in HTN Planning. The IAENG International Conference on Artificial Intelligence and Applications (ICAIA), pp. 118-126, 2009.(Certificate of merit in the best paper awards)
  • Kenta Cho, Naoki Iketani, Masaaki Kikuchi, Keisuke Nishimura, Hisashi Hayashi, and Masanori Hattori. BDI Model-Based Crowd Simulation. International Conference on Intelligent Virtual Agents (IVA), Lecture Notes in Artificial Intelligence 5208, Springer, pp. 364-371, 2008.
  • Hisashi Hayashi, Seiji Tokura, Fumio Ozaki, and Miwako Doi. Background Sensing Control for Planning Agents Working in the Real World. KES International Symposium on Agent and Multi-Agent Systems - Technologies and Applications (AMSTA), Lecture Notes in Artificial Intelligence 4953, Springer, pp. 11-20, 2008.
  • Hisashi Hayashi, Seiji Tokura, Fumio Ozaki, and Tetsuo Hasegawa. On-line Interruption Planning Using Dynagent: Integrating Deliberation and Emergency Deliberation. ICAPS Workshop on Moving Planning and Scheduling Systems into the Real World, 2007.
  • Hisashi Hayashi. Stratified Multi-Agent HTN Planning in Dynamic Environments. KES Symposium on Agent and Multi-Agent Systems - Technologies and Applications (AMSTA), Lecture Notes in Artificial Intelligence 4496, Springer, pp 189-198, 2007.
  • Kenta Cho, Hisashi Hayashi, Masanori Hattori, Akihiko Ohsuga. picoPlangent: An Intelligent Mobile Agent System for Ubiquitous Computing. Pacific Rim International Workshop on Multi-Agents (PRIMA), 2004.
  • Hisashi Hayashi, Kenta Cho, Akihiko Ohsuga. A New HTN Planning Framework for Agents in Dynamic Environments. International Workshop on Computational Logic and Multi-Agent Systems (CLIMA), 2004.
  • Hisashi Hayashi, Kenta Cho, Akihiko Ohsuga. Mobile Agents and Logic Programming. IEEE International Conference on Mobile Agents (MA), Lecture Notes in Computer Science 2535, Springer, pp. 32-46, 2002.
  • Hisashi Hayashi, Kenta Cho, Akihiko Ohsuga. Logic Programming for Agents. Pacific Rim International Conference on Artificial Intelligence (PRICAI), Lecture Notes in Artificial Intelligence 2417, Springer, page 591, 2002.
  • Hisashi Hayashi, Kenta Cho, Akihiko Ohsuga. Speculative Computation and Action Execution in Multi-Agent Systems. International Workshop on Computational Logic and Multi-Agent Systems (CLIMA), 2002.
  • Hisashi Hayashi, Kenta Cho, Akihiko Ohsuga. Integrating Planning, Action Execution, Knowledge Updates and Plan Modifications via Logic Programming. International Conference on Logic Programming (ICLP), Lecture Notes in Computer Science 2401, Springer, page 477, 2002.
  • Hisashi Hayashi. Replanning in Robotics by Dynamic SLDNF. IJCAI Workshop on "Scheduling and Planning Meet Real-Time Monitoring in a Dynamic and Uncertain World", 1999.
  • Hisashi Hayashi. Abductive Constraint Logic Programming with Constructive Negation. IJCAI Workshop on Non-Monotonic Reasoning, Action, and Change, 1999.
  • Hisashi Hayashi. Knowledge Assimilation and Proof Restoration through the Addition of Goals. International Conference on Artificial Intelligence: Methodology, Systems, and Applications (AIMSA), Lecture Notes in Artificial Intelligence 1480, Springer, pages 291-302, 1998.
  • Hisashi Hayashi. Language HSimple(R): An Action Language for Representing Concurrent Actions and Continuous Changes. AISB International Workshop on Practical Reasoning and Rationality, 1997.

国内会議論文(査読あり)

  • 吉田 琢史,林 久志,西成 活裕.シミュレーションによる最適化手法を用いた大規模ジョブショップ型工場における搬送効率の改善,合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS), 2013年. (優秀論文賞)
  • 林 久志, 足立 勝, 横山 和彦, 小川 秀樹,松日楽 信人. 障害物を考慮した物体マニピュレーションのためのHTNプランニング. 合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS), 2011.
  • 林 久志, 山口 竜一, 長 健太, 服部 正典. マルチエージェントシミュレーションを用いたデジタルサイネージ広告の販促効果検証. 合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS), 2009.
  • 林 久志, 十倉 征司, 尾崎 文夫, 土井 美和子. 実世界で動作するプランニング・エージェントのためのバックグラウンド・センシング・コントロール. 合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS), 2007.
  • 林 久志. 動的環境における階層型マルチエージェントプラニング. 合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS), 2006.
  • 林 久志, 十倉 征司, 長谷川 哲夫, 尾崎 文夫. Dynagent:動的環境における前向きHTNプラニングエージェント. 合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS), 2005.
  • 林 久志, 長 健太, 大須賀 昭彦. 動的環境で動作するエージェントのための半順序HTNプラニングエージェント. 合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS), 2003.
  • 長 健太, 服部 正典, 林 久志, 大須賀 昭彦, 本位田 真一. モバイルエージェントのソフトウェアコンポーネントの動的配置. 合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS), 2003.
  • 長 健太, 林 久志, 大須賀 昭彦. picoPlangent: 携帯機器向け知的移動エージェント. 合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS), 2002.
  • 長 健太, 林 久志, 加瀬 直樹, 大須賀 昭彦. 携帯機器向け知的エージェントpicoPlangentの実装. オブジェクト指向最前線2001, 情報処理学会OO2001シンポジウム, 近代科学社, pp. 167-168, 2001.

国内会議論文(査読なし)

  • 蔡 詩傑, 林 久志.スマートEV充電予約システムの提案と評価 ―変動価格とナビシステムを利用した充電待ち時間の短縮―.第15回人工知能学会ビジネス・インフォマティクス研究会,2020.

  • 福田 和彦, 齋藤 美紀, 林 久志.再生可能エネルギーと地域内P2P電力需給最適化.再生可能エネルギーと地域内P2P電力需給最適化.第22回計測自動制御学会社会システム部会研究会,2020.

  • 齋藤 美紀, 林 久志.P2P型企業間人材シェアリングのMASによる評価 : Stable Coin再配分戦略.第17回人工知能学会データ指向構成マイニングとシミュレーション研究会,人工知能学会合同研究会,2019.

  • 小峰 賢太,齋藤 美紀,中藤 愛子,佐々木 一晋,林 久志.自律分散型生産システムのための市場メカニズムの検討 ―企業群全体の生産性と各企業の収益の改善を目指して―.第12回人工知能学会:経営課題にAIを! ビジネス・インフォマティクス研究会,2019.
  • 齋藤 美紀,小峰 賢太,中藤 愛子,佐々木 一晋,林 久志.企業間人材P2P型シェアリング・プラットフォームのマルチエージェント・シミュレーションによる評価.第11回人工知能学会:経営課題にAIを! ビジネス・インフォマティクス研究会,2019.
  • 中井 眞人,角田 善彦,林 久志,村越 英樹.データの統合化と視覚化によるデータ分析統合ツールPadocの提案.第19回人工知能学会インタラクティブ情報アクセスと可視化マイニング研究会,2018.
  • 中井 眞人,角田 善彦,孫 財東,村越 英樹,林 久志,網代 剛.OpenPoseによるバスケットボール投入予測.第32回人工知能学会全国大会,2018.
  • 林 久志.マルチエージェントシステムにおける制限時間付修理タスクの分配・実行方法の評価.第28回自律分散システム・シンポジウム,pp.225-230, 2016.
  • 林 久志, 足立 勝, 小川 秀樹,横山 和彦.人と共存するロボットの物体操作における再計画の効果.第30回日本ロボット学会学術講演会(RSJ),2012.
  • 林 久志,足立 勝,小川 秀樹,横山 和彦.サービスロボットによる投機的アクション実行準備と再計画.人工知能学会 第85回 人工知能基本問題研究会 (SIG-FPAI),2012.
  • 足立 勝, 横山 和彦, 辻 徳生, 長谷川 勉, 大橋 健, 林 久志, 田村 雄介, 山口 亨, 川端 聡, 松坂 要佐.施設内生活支援ロボット知能の研究開発-作業知能モジュール群の有効性検証(第3報)-.第29回日本ロボット学会学術講演会(RSJ),2011.
  • 林 久志, 足立 勝, 横山 和彦, 小川 秀樹, 松日楽 信人.物体マニピュレーションのためのタスクプランニング.第29回日本ロボット学会学術講演会(RSJ),2011.
  • 田中 淳也, 松日楽 信人, 小川 秀樹, 菅原 淳, 廣川 潤子, 林 久志, 園浦 隆史, 大賀 淳一郎, 十倉 征司, 西山 学, 香月 理絵. ロバストに作業を実行するためのソフトウェアモジュール群の開発と検証実験用ロボット. ロボティクス・メカトロニクス講演会(ROBOMEC), 2010.
  • 長 健太, 林 久志, 大須賀 昭彦. ユビキタス環境向け知的エージェントpicoPlangent. 情報処理学会第65回全国大会, 2003.
  • 林 久志, 大須賀 昭彦. アクションセマンティックス: アクションを表現する論理プログラムの意味論. 情報処理学会第63回全国大会, 2001.
  • 長 健太, 林 久志, 加瀬 直樹, 大須賀 昭彦. 携帯機器向け知的エージェントpicoPlangent. 情報処理学会第62回全国大会, 2001.
  • 林 久志, 辰己 丈夫. 論理体系CLCを用いた定理証明支援システムにおけるアラー分解方法の提案. 情報処理学会第50回全国大会, 1995.

登録特許(米国)

  • Gaku Ishii, Mikito Iwamasa, Hisashi Hayashi, Toshimitsu Kumazawa. Spatial information delivery system, spatial information delivery method, and non-transitory computer readable medium. Patent No. US10467505, Pub. No. US 2018/0082155, Appl . No . 15 /462202.
  • Tomoshi Otsuki, Hisashi Hayashi. Apparatus and a method for controlling power supply and demand. Patent No. 9310785, Pub. No. US2014/0025213, Appl. No. 13/944030.
  • Hisashi Hayashi. Plan executing apparatus, method of plan execution, and computer program product therefor. Patent No. 7770171, Pub. No. US2006/0218555, Appl. No. 11/213, 891.
  • Seiji Tokura, Hisashi Hayashi, Yasuhiko Suzuki, Fumio Ozaki. Apparatus, method and computer program product for executing command. Patent No. 7546387, Pub. No. US2006/0282559, Appl. No. 11/368, 386.
  • Kenta Cho, Naoki Kase, and Hisashi Hayashi. Adjustable mobile agent. Patent No. 7370334, Pub. No. US2003/0023667, Appl. No. 10/206, 970.

登録特許(大韓民国)

  • 尾崎 文夫, 長谷川 哲夫, 林 久志, 十倉 征司, 鈴木 康彦. ロボット制御装置. 登録: 889898, 出願: 2006-0075065.

登録特許(日本)

  • 林 久志, 井梅 俊行.マルチエージェントシステム、タスク割当装置、タスク割当方法及びプログラム.登録:P6739972,公開:P2017-191373,出願:P2016-078964.
  • 石井 岳,岩政 幹人,林 久志,熊澤 俊光.空間情報配信システム,経路提供システム,移動装置,空間情報配信方法およびプログラム.登録:P 6728002, 公開:P2018-45602, 出願:P2016-181880.
  • 林 久志, 井梅 俊行, 川並 俊輔,木下 智哉.分散処理システム,方法,およびプログラム,ならびに分散処理システムを適用した耐故障マルチエージェントシステムおよび病院連携分散処理システム.登録:P6645857, 公開:P2017-33532, 出願:P2016-20158.
  • 林 久志.シミュレーション装置およびその方法,ならびにプログラム.登録:P6371500, 公開:P2015-22378, 出願:P2013-147996.
  • 寺本 圭一,米澤 実,寺島 芳樹,山田 尚史,林 久志.照明制御システム及び照明灯.登録:P6255519,公開:P2017-123332,出願:P2017-007797.
  • 大槻 知史,林 久志. 電力需給制御装置及び電力需給制御方法. 登録:P6010682, 公開:P2016-103974, 出願:P 2015-241539.
  • 大槻 知史,林 久志. 電力需給制御装置及び電力需給制御方法. 登録:P5856666, 公開:P2015-027257, 出願:P2014-223385.
  • 寺本 圭一,山田 尚史,林 久志,米澤 実,寺島 芳樹.照明制御システム及び照明灯.登録:P6081795,公開:P2014-130681, 出願:P2012-286304.
  • 米澤 実,山田 尚史,林 久志.照明制御装置および照明制御システム.登録:P6080547, 公開:P 2014-130680, 出願:P2012-286299.
  • 大槻 知史,林 久志. 電力需給制御装置及び電力需給制御方法. 登録:P5643791, 公開:P2014-23389, 出願:P2012-162785.
  • 林 久志. プラン実行装置, プラン実行方法およびプラン実行プログラム. 登録:P4357442, 公開:P2006-268343, 出願:P2005-084460.
  • 十倉 征司, 林 久志, 鈴木 康彦, 尾崎 文夫. コマンド実行装置, コマンド実行方法およびコマンド実行プログラム. 登録:P4300196, 公開:P2006-331118, 出願:P2005-154390.
  • 林 久志. 移動ロボット, 移動ロボットの移動方法および移動プログラム. 登録:P4189377, 公開:P2006-184976, 出願:P2004-374947.
  • 長 健太, 林 久志. シミュレーション装置, シミュレーション方法およびプログラム. 登録:P4080956, 公開:P2004-362453, 出願:P2003-162737.
  • 山崎 智弘, 大須賀 昭彦, 服部 正典, 長 健太, 林 久志, 上野 晃嗣, 釜洞 健太郎. コンテンツ提供装置と方法, およびプログラム. 登録:P4074243, 公開:P2005-190421, 出願:P2003-434403.
  • 林 久志, 長 健太. プラン実行装置, エージェントプラットフォーム, プラン修正方法, 及びプログラム. 登録:P4070669 , 公開:P2005-25407, 出願:P2003-188877.
  • 長谷川 哲夫, 鈴木 康彦, 林 久志, 上野 晃嗣, 尾崎 文夫, 杉山 博史. ロボット, ロボット行動計画実行装置, ロボットの行動計画実行方法, および, 行動計画実行プログラム. 登録:P4068087, 公開:P2006-88282, 出願:P2004-278276.
  • 林 久志, 上野 晃嗣. プラン実行方法とそのシステム, プログラム. 登録:P4005984, 公開:P2006-12072, 出願:P2004-191756.
  • 長 健太, 加瀬 直樹, 林 久志. 情報処理方法および情報処理装置およびプログラム. 登録:P3772102, 公開:P2003-44299, 出願:P2001-230309.

指導学生による競技会等出場歴

  • 発表者:蔡詩傑.EVユーザの 充電方針を反映したEV充電器シェアリングシステムの提案と検証 .MASカンファレンス2020(第20回記念MASコンペティション),2020年3月6日. (新型コロナウィルス対策のため、コンペは中止)
  • 発表者:斎藤美紀.企業間人材シェアリング・プラットフォーム.MASコンペ,中野セントラルパークカンファレンス,2019年3月1日.
  • 産業技術大学院大学 林PBL2018チーム,発表者:斎藤美紀.シャイリング~企業間人材シェアサ―ビス~.中野区ビジネスプランコンペティション(ビジコンなかの)ファイナルイベント,帝京平成大学中野キャンパス, 2018年12月1日.(ファイナリストとして選抜されて出場)

令和元年度の取組状況

  • 国際会議発表(7月):1件

  • 国際学術書籍論文掲載(10月):1件

  • 国内学会発表(11月,3月,3月):3件

  • 特許登録(11月,1月):米国1件、国内1件

  • 紀要(1月):1件

社会貢献

社会貢献活動

学会等委員

  • 2020年度-現在に至る 幹事.人工知能学会 社会のためのAI研究会(SIG-SOC).
  • 2019年度-現在に至る 審査委員.世界発信コンペティション.
  • 2019年度-現在に至る Conference Chair. International Conference on Smart Computing and Artificial Intelligence (SCAI), IIAI International Congress on Advanced Applied Informatics (AAI)
  • 2019年度-現在に至る Program Committee Member. International Conference on Practical Applications of Agents and Multi-agents Systems (PAAMS)
  • 2018年度 実行委員.AIビジネスインフォマティックス.
  • 2016年度〜現在に至る Program Committee Member, IEEE International Conference on Agents (ICA).
  • 2014年度〜2015年度 日本ソフトウェア科学会代表会員.
  • 2014年度 副実行委員長(プログラム担当), 合同エ-ジェントワークショップ&シンポジウム (JAWS).
  • 2014年度 幹事,日本ソフトウェア科学会マルチエ-ジェントと協調計算研究会 (MACC).
  • 2013年度〜現在に至る Program Committee Member, INSTICC International Conference on Agents and Artificial Intelligence (ICAART).
  • 2013年度 実行委員(プログラム担当), 合同エ-ジェントワークショップ&シンポジウム (JAWS).
  • 2010年度〜2016年度 プログラム委員, 合同エ-ジェントワークショップ&シンポジウム (JAWS).
  • 2006年度〜2012年度 Program Committee Member, International Workshop on Computational Logic in Multi-Agent Systems (CLIMA).

所属学協会

人工知能学会、情報処理学会、電子情報通信学会、日本ソフトウェア科学会、INSTICC、IIAI

令和元年度の取組状況

講演
  • AIIT summer school for Egyptian visiting students・講演(7月)

  • 第2回AIIT八丈島セミナー・講演(11月)

  • 第2回AIIT八丈島セミナー・パネリスト(11月)

学会等委員
  • 幹事:人工知能学会 社会のためのAI研究会(SIG-SOC)(新規着任)
  • 審査委員:世界発信コンペティション (新規着任)
  • Conference Chair: IIAI AAI SCAI (新規着任)
  • PC member: PAAMS (新規着任)
  • PC member: IEEE ICA (継続)
  • PC member: INSTICC ICAART (継続)

PAGE TOP