English

【Web講演会】
第8回 AIITフォーラム
「認知症を観る・診る・看る」

2021年5月29日

【講演内容】

現在本邦には約500万人の認知症患者がおり、2025年には少なくとも700万人に上ると予想されています。認知症の原因疾患でもっとも多いのはアルツハイマー病で、5~6割を占めます。2番目は血管性認知症で約2割です。両疾患を含め認知症の原因疾患の大部分には根本治療薬がありません。従って医学・福祉はもちろんのこと、家庭や職場、地域社会を含めた総合的な取り組みが求められています。本講演では本邦における認知症の現状、症状の特徴、ケアにおける問題点、さらには近年社会的問題となっている高齢者の自動車運転免許について解説します。

講師:佐藤 正之 先生(東京都立産業技術大学院大学 特任教授)

日時:令和3年5月29日(土)15時から16時30分(90分)
※視聴可能期限は5月31日(月)12時です。

形式:Web開催(YouTube配信)
※YouTube配信のURLは、お申込み頂いた方へ講演当日14時にご連絡いたします。

参加費:無料

申込:Doorkeeper(外部サイト) 
※募集期間は講演当日公開講座開始の2時間前までです。

詳細:講演会チラシ(444KB)

Sato
佐藤 正之 先生
(東京都立産業技術大学院大学 特任教授)

PAGE TOP