English

キャリアモデルコース

情報アーキテクチャコースのカリキュラムでは、学生が目指す将来のキャリアを考慮し、次の4つのモデルが想定されています。各モデルの受講推奨科目と想定する人材像は下記のようになっております。

情報
ストラテジストモデル

システムアーキテクトモデル

プロジェクトマネージャモデル テクニカルスペシャリストモデル
人材像
  • 企業の経営戦略に基づき IT を活用する戦略を提案・策定する。
  • 企業の経営方針に合った、課題解決のためのソリューションを提案する。
  • 企業のグローバル化に伴う、システム利用者、システム管理者、ステークホルダーの課題を解決する。
  • ビジネス戦略に対して最適なシステムをデザインする。
  • IT 戦略を受け、ソリューションを構成する、又は組込み製品開発に必要となる要件を定義し、それを実現するためのアーキテクチャを設計する。
  • 与えられた制約条件(品質、コスト、納期等)下で、信頼性の高いシステム構築を総括する。
  • システム開発プロジェクトの責任者として、プロジェクト計画を作成し、必要となる要員や資源を確保し、予算、納期、要求品質について責任をもってプロジェクトを遂行する。
  • データベースやネットワーク等の技術ドメインでの実装を担当する。
  • 設計されたアーキテクチャの中で、求められるシステムのアプリケーションの設計・構築やネットワークやデータベース、セキュリティ等の固有技術を活用した、最適なシステム基盤の構築を行う。

詳細についてはこちら

PAGE TOP