English

教員紹介 内山 純

内山 純
職位 准教授
氏名 内山 純
UCHIYAMA Jun
研究室 154-b
メールアドレス Uchiyama-Jun[at]aiit.ac.jp
メール送信時は[at]を@に変えてください
オフィスアワー <1Q>〔火曜〕〔18:00-19:00〕
<2Q>〔土曜〕〔18:00-19:00〕
※事前連絡推奨、この他の時間も事前連絡で調整可

プロフィール

早稲田大学理工学部で機械工学を専攻、同時に東京デザイナー学院で工業デザインを学ぶ。同大学院理工学研究科にて「ホームロボットの開発研究」に取組み、修士課程修了後、1986 年ソニー(株)に工業デザイナーとして入社。民生用音響・映像機器を中心にウォークマンから放送局用カメラまで多くのカテゴリーのプロダクトデザイン・プロデュースに関わる。1999年から2006年の間、ソニーデジタルデザイン(株)にチーフデザイナー・ディレクターとして出向、AIBO(犬型)、QRIO(人型)などソニーエンターティメントロボット群ではテクニカルディレクターとしてデザインとエンジニアリングの融合を図り、開発・商品化に深く関与。
インハウスデザイナーとして勤める傍ら、2004年より武蔵野美術大学非常勤講師。2016 年ソニー(株)退社後、現職。感性と機能を融合した「人と共生するパーソナルロボットのデザイン」研究に取り組む。

学歴

  • 1984年 早稲田大学 理工学部 機械工学科 卒業
  • 1985年 東京デザイナー学院 プロダクトデザイン科 卒業
  • 1986年 早稲田大学大学院 理工学研究科 機械工学専攻 修士課程 修了

学位

  • 工学修士

職歴

  • 1986年~2016年 ソニー株式会社
  • 2005年~2010年 東京電機大学 機械工学科 非常勤講師
  • 2004年~ 武蔵野美術大学 工芸工業デザイン学科 非常勤講師
  • 2016年~ 産業技術大学院大学 産業技術研究科 創造技術専攻 准教授

教育

担当授業科目

プロダクトデザイン特論、造形デザイン特別演習、工業デザイン材料特論、プロトタイピング工学特論(分担)、イノベーションデザイン特別演習1・2

平成30年度の取組状況

担当科目の確実な実施を行い、工学系出身のプロダクトデザイン実務家教員としてデザインとエンジニアリングの実習面での融合促進に務めた。

  • 継続してPBL演習テーマ「人との共生を目指すパートナーロボットのデザイン」の主担当指導を行い、デザインとエンジニアリングの融合を目指す本専攻教育の特色を示した。
  • インダストリアルデザイン実習科目の連携強化に加え、プロトタイピング設備(東京夢工房・デザイナーズラボ)の整備、活用の促進に努めた。
  • デザインポートフォリオの指導を継続し、新入学生を対象としたプレスクール(デザイン基礎実習)を開催した。
  • 前述担当科目の他、履修証明プログラム人間中心デザインでは「テクノロジー体験デザイン論」を実施した。

研究

専門分野

工業デザイン、機械工学(ロボティクス)

研究キーワード

プロダクトデザイン、パートナーロボット

研究業績・著書・論文・その他それに準じる業績

技術報告

  • 1987年 パフォーマンス・ロボットの開発 日本ロボット学会誌6巻5号 (連名)

発明:主な国内特許(意匠)

  • 1989年 ベーシック・テレホン:IT-11特許庁登録番号0989553
  • 1990年 放送局用ポータブル録画機:BVW-50特許庁登録番号0874974
  • 1993年 カセットプレーヤー:WM-3500特許庁登録番号0914250
  • 1994年 工場内磁気浮上運搬機:開発試作 特許庁登録番号0914233
  • 1994年 医療用熱転写プリンター:UP-610/860 特許庁登録番号0912321
  • 1997年 業務用DATポータブル録音機:開発試作 特許庁登録番号1015299
  • 1998年 CD Player:CDP-CX270 特許庁登録番号1009502
  • 1999年 Mini Disc Deck:MDS-JE700 特許庁登録番号1009507
  • 2002年 自律歩行ロボットおもちゃ:ERS-7 特許庁登録番号1205738~40 (連名)
  • 2005年 ロボットおもちゃ:Qtaro QTR-999特許庁登録番号1144589 (連名)
  • 2005年 ロボットおもちゃ:ERS-210特許庁登録番号1114066~70/1114864~74 (連名)
  • 2005年 業務用ビデオカメラ:HDC-1500 特許庁登録番号1269718/1269719 (連名)
  • 2006年 ポータブルDVDプレイヤー:DVP-FX810 特許庁登録番号1282592 (連名)
  • 2008年 光ディスクレコーダー 特許庁登録番号1330513/ 1331254/ 1330514 (連名)
  • 2008年 光ディスクプレーヤー 特許庁登録番号1329290/ 1328724 (連名)
  • 2012年 Home Theater System:HT-CT260 特許庁登録番号1461176 (連名)

受賞

  • 1992年 Good Design Award(連名)デジタルマイクロレコーダー:NT-1
  • 2001年 iF Design Award(連名)ビデオデッキ:SLV-SF 900
  • 2002年 Good Design Award(連名)ロボット(AIBO):ERS-300シリーズ
  • 2003年 Good Design Award JIDAミュージアムセレクションVol.6(連名)ロボット(AIBO):ERS-7
  • 2009年 Good Design Award(連名)ブルーレイディスクレコーダー:BDZ-A950/ BDZ-A75
  • 2016年 第34回日本ロボット学会RSI賞(コンセプト部門)最優秀賞(連名)「気象コントロールロボット」コンセプト:1R2-06
  • 2017年 第35回日本ロボット学会RSI賞(コンセプト部門)コンセプト部門賞(連名) 「笑顔溢れる子育て環境を実現するロボット」コンセプト: 2B1-03

平成30年度の取組状況

長期的な研究テーマとして「人との共生を目指すパートナーロボットのデザイン」を掲げ、「ものづくり教育」を目指し研究活動を行っている。工業デザイン分野・実務家教員の枠を超え、デザインとエンジニアリングの統合研究のため工学分野の東京電機大学の伊東教授との研究を継続し、早稲田大学の高西研究室における「人間型サキソフォン演奏ロボットの開発」にも着手し、成果はAI学会、ロボメック、ロボット学会などでの発表を行い、本学紀要にまとめた。

  • 「軟体型圧力センサで駆動する電動義手の操作性のSTEFによる評価」のポスター展示、ロボティクス・メカトロニクス講演会2018 、2P2-F02、2018年6月
  • 子育て環境の心理的負担軽減を目指したパートナーロボットの開発、第32回人工知能学会全国大会、2E3-NFC-1a-05、2018年6月
  • 「人々のコミュニケーションを媒介するロボット」コンセプト、第36回日本ロボット学会学術講演会予稿集、1H2-05,2018年9月

社会貢献

社会貢献活動

  • 武蔵野美術大学 非常勤講師
  • 日本インダストリアルデザイナー協会 スタンダード委員会、資格部会

所属学協会

日本インダストリアルデザイナー協会、日本機械工学会、日本ロボット学会、日本デザイン学会、日本感性工学会

平成30年度の取組状況

他大学講師、JIDA活動、講演、展示を通してプロダクトデザインの実務家教員としての知見を学外へ広めた。

  • 他大学(武蔵野美術大学)での講師を継続、工学系出身インハウスデザイナーとしてこれまで得た知見を学外にも広めている。デザイン系学部学生の指導は本学の教育全般の質的向上の狙いもある。
  • JIDAスタンダード委員会、資格部会に所属、プロダクトデザイン検定、公式テキスト「プロダクトデザイン 商品開発に関わるすべての人へ」編集委員として改訂版の執筆に参画。
  • JIDAのデザインミュージアム委員会、記念図録“Premium 10”の執筆(共著)。
  • RSJネットワークを利用したロボットサービス研究専門委員会 2018年度 第1回研究会において招待講演「ロボット開発における デザイン エンジニアリング―エンターテイメントロボット・デザイン開発の経験から―」を行った。
  • 平成30年度 「しながわ学びの杜」 産業技術大学院大学パートナーシップ講座の講師を務めた。
  • 第8 回 おおた区研究・開発フェアにて発表・展示を行った。

PAGE TOP