研究科の紹介

創造技術専攻Master Program of Innovation for Design and Engineering

創造技術専攻とは

 感性と機能の統合デザイナーとしてイノベーションをもたらす「ものづくりアーキテクト」を育成します。

 (1)マーケットの潜在的な期待に迫り、顧客に未来を語ることができ、次世代の製品やサービスのあるべき姿を描くことができる人材(商品企画責任者)

 (2)感性デザインと機能デザインの知識を駆使して最適設計から製造までをマネジメントできる人材(開発責任者)

 本学では、これら2つの職能を兼ね備え、ものづくりのスペシャリストたちを組織化し、顧客の潜在的な期待に迫り、感性を駆使して機能を実現する構造を創出し、人々に具現化された新たな価値を提供できる人材、つまり顧客のベネフィットを最大化する製品やサービスを創造的、合理的に開発できる人材を育成することを目標に、学修内容を設計しています。

 さらに、多様なカリキュラムから自身の目指す将来のキャリアに合わせて履修計画をたてられるよう、6つのコースを設けています。これは、ものづくりのスペシャリストとして将来活躍できる職業上のステータス(人材像)に対応したキャリアプランとなるものです。

 各コースについては履修モデルを参考にして下さい。

修了に必要な単位数と要件(創造技術専攻)

 本学では、次に示す修了要件を満たすことにより、学位を得ることができます。

  • 1. 在学年数2年以上(長期履修生については、4月入学者は3年以上、10月入学者は2年6ヶ月以上)
  • 2. 修得単位数 40単位以上(必修科目14単位以上、選択科目26単位以上)
  • *必修科目は以下のとおりです。
    • ・共通必修科目群から1科目(2単位)
    • ・イノベーションデザイン特別演習1又は事業アーキテクチャ特別演習b1(6単位)
    • ・イノベーションデザイン特別演習2又は事業アーキテクチャ特別演習b2(6単位)