研究科の紹介

情報アーキテクチャ専攻Master Program of Information Systems Architecture

情報アーキテクチャ専攻とは

 インターネット等の情報技術が広く普及した現在では、コンピュータ、ネットワーク等から構成される各種の情報システムが社会の仕組みを構成しています。ここでの情報システムとは、企業等が利活用しているコンピュータ、ネットワーク等から構成される仕組みの総称です。

 本学情報アーキテクチャ専攻では、これらの情報システムの開発の現場で活躍できる「情報アーキテクト」を育成します。

情報アーキテクト

 情報アーキテクトは、情報システム開発のための各種のIT高度専門職技術者で、共通キャリア・スキルフレームワーク(CCSF)の 「ストラテジスト」、「システムアーキテクト」、「プロジェクトマネージャ」、「テクニカルスペシャリスト」、「サービスマネージャ」 及び、本学が独自に設定した「グローバルスペシャリスト」、「事業アーキテクト」に渡る範囲の人材像の職種をカバーする総称である。

 当専攻ではこれらの人材像ごとにキャリアモデルコースと履修推奨科目が設定されています。

  • ストラテジストコース
  • システムアーキテクトコース
  • プロジェクトマネージャコース
  • テクニカルスペシャリストコース
  • サービスマネージャコース
  • グローバルスペシャリストコース
  • 事業アーキテクトコース

修了に必要な単位数と要件(情報アーキテクチャ専攻)

 本学では、次に示す修了要件を満たすことにより、学位を得ることができます。

  • (1) 在学年数2年以上(長期履修生については、4月入学者は3年以上、10月入学者は2年6ヶ月以上)
  • (2) 修得単位数 40単位以上(必修科目14単位以上、選択科目26単位以上)
  • *必修科目は以下のとおりです。
    • ・共通必修科目群から1科目(2単位)
    • ・情報システム学特別演習1又は事業アーキテクチャ特別演習a1(6単位)
    • ・情報システム学特別演習2又は事業アーキテクチャ特別演習a2(6単位)