English

平成25年度10月入学式を実施しました

 平成25年10月1日、産業技術大学院大学10月入学式を実施しました。この日、情報アーキテクチャ専攻5名、創造技術専攻8名が入学いたしました。

石島辰太郎産業技術大学院大学学長式辞

学長

【石島学長の式辞(要旨)】
 皆さんと教員とがひとつの学修をする、一種のコミュニティを作ることが本学の目的である。そのため、すべての授業がビデオ化されるなど、色々な仕組みを本学は用意している。
 PBLというプロジェクトベースの学修が、本学のひとつの柱になっている。その目的は、皆さんの才能をさらに伸ばすこと、チームをうまくマネジメントして、チームの機能を最大限に高めるスキルを身につけてもらうことである。
 偶然に見つけたこと、偶然に出会ったことを偶然で終わらせずに、それをひとつの大きな発見や成果につなげていく能力のことをセレンディピィティと言う。このセレンディピィティを獲得することも、PBLの大きな醍醐味である。
 本学はいくつかのプロジェクトを抱えており、海外の活動としては、APEN(Asia Professional Education Network)というアジア圏を中心にした活動が、非常に活発に動いている。また、文科省補助事業であるenPiT(分野・地域を越えた実践的教育プログラム)というプログラムも動いている。
 新入生の皆さんが積極的になっていただければ、通常のプロジェクト学修以外にも色々な経験をしていただけるのではないかと思っている。ぜひ充実した学生生活を送っていただき、修了の時期に、本学を選んで良かったと言っていだだきたい、という主旨の式辞が石島学長からありました。

PAGE TOP