ニュース

2017.11.24本学の2つのプロジェクトが国際ロボット展で成果を出展します。

2017年11月29日(水)から12月2日(土)までの4日間、東京国際展示場(東京ビッグサイト)で開催される「2017国際ロボット展」で、情報アーキテクチャ専攻のプロジェクト成果である「調理用音声アシスタントロボット」及び創造技術専攻の「笑顔溢れる子育て環境を実現するロボット」のコンセプトを出展します。

「調理用音声アシスタントロボット」は、音声合成を利用した料理レシピの読み上げと、音声認識を利用したレシピ手順の制御が可能なサービスロボットで、本年9月に実施された「RSNPを利用したロボットサービスコンテスト」で最優秀賞を受賞いたしました(https://aiit.ac.jp/news/view/672)。本ロボットは、料理中にスマートフォンやタブレット上でレシピを確認しながら料理をする時に感じる手間を解消し、ロボットと対話しながら料理をすることで、これまでよりも楽しく料理ができることを目的としたものです。また、約300の料理レシピを管理するWEBサイトや、声を使ってロボットの向きを制御することもできます。会場では実際にレシピの読み上げと、声によるレシピ手順やロボットの向きの制御が体験できます。
一方、「笑顔溢れる子育て環境を実現するロボット」は人と豊かに共生するパートナーロボットの実現を目指し、子育てする親の心理的負担の軽減を狙いとしたロボットのコンセプト提案を行い、同コンテストでコンセプト部門賞を受賞しています。会場ではコンセプト実現に向けて開発中のプロトタイプ展示を行います。

ブース名「ロボットサービスイニシアチブ」(ブース番号 SR-03 )です。多数のご来場、お待ちいたしております。

「調理用音声アシスタントロボット」の利用風景

「笑顔溢れる子育て環境を実現するロボット」のイメージ

ニューストップへ戻る