ニュース

2015.09.18第5回:OPI「システムズエンジニアリング・オープンゼミ」受講者募集

INCOSE(International Council on Systems Engineering)が展開するシステムズエンジニアリング・ライフサイクル・プロセス標準(ISO/IEC15288)の理解と実習の連続公開ゼミ(第5回)を開催します。

今回は、 ISO/IEC15288標準が示す「Stakeholder Requirements Definition Process」と「Requirements Analysis Process」の作業を、モデリングツールを利用して演習します。前回の演習で、トップビューでシステムをデザインすること、機能(論理)構造を検討すること、そしてそれと物理構造との整合をとることの困難さを実感することができました。今回は、これらの作業を、モデリングツールを利用して行うことにより、効率性と正確性に貢献できることを体験し学びます。モデル表現言語は、オブジェクト指向型のものを3種類採用し、特にOMGがモデル表現言語の標準として定めているSysMLに注目します。

【 お願い 】
実習の材料として、測位航法学会のニュースレターの記事(第V巻第3号pp.4-6)を採用しています。必ず、熟読しておいてください。
シリーズで開催しています。前回出席できず、今回申し込まれる方は、お近くの方から実施内容を入手しておいてください。もし、本ゼミナール参加者にお知り合いの方がいない場合は、下記お問い合わせ先に遠慮なくご連絡ください。

<日時>
第5回目のゼミナールの開催は、9月26日(土曜日)10:30~13:00です。
本校夏季休暇期間中は、時間を延長して開講します。ご注意ください。

本ゼミナールは、
毎月第2・第4土曜日(ただし本学の催しと重なった場合は休講します)
2015年7月11日から2016年3月26日まで、シリーズとして開催しています。

<場所>
産業技術大学院大学 2階 265AIIT演習室

<定員>(9月26日)
30名

<受講料>
無料 
ネットワーク接続用のデバイスドライバーをインストールしたノートPCを必ずご持参ください。

<参加要件>
何らかの領域の専門知識を持っていること。
例:プロダクト開発のPM経験、システム(ソフトウエアではなくシステム)開発のSE経験、企業のCEO/CFO、国家公務員として専門業務の責任者、IEEE等が主催する国際会議もしくはジャーナルへの筆頭論文の合格など

また、今秋もしくは来春に本学への入学が決定している方、受験準備中の方の参加も歓迎します。


<申し込み>
下記リンクから、フォームを開き、必要事項を入力ください。

※各回のテーマの告知及び受講者募集は後日改めて行います。

<問合せ先>
産業技術大学院大学管理部管理課OPI企画運営係
Tel:03-3472-7833
E-mail:opi@aiit.ac.jp

ニューストップへ戻る