ニュース

2014.10.16本学2プロジェクトが「JAPAN ROBOT WEEK」に出展しています

本学の情報アーキテクチャ専攻の2つのプロジェクトが、10/15~10/17まで国際展示場ビッグサイトにて開催されている「JAPAN ROBOT WEEK」において、ロボットイニシアチブ*ブースに出展し、ポスター展示とデモンストレーションを行っています。

ポスター展示は、以下のテーマにて展示されております。
「RSNP**シミュレーション環境とその応用―SIGVerseを利用した移動ロボットのシミュレーション環境の構築―」(成田プロジェクト)
「BuddyBot System by using RSNP」(土屋プロジェクト)

上記の2つのプロジェクトは、「RSNPを利用したロボットサービスコンテスト」(ロボットサービスイニシアティブ主催、日本ロボット学会、計測自動制御学会SI部門、ロボットビジネス協議会共催)にて、「ロボット学会ネットワークを利用したロボットサービス技術専門委員会賞」と「APEN(AsiaProfessional Education Network)賞」を受賞したものです。詳細は、既報(URL:http://aiit.ac.jp/news/view/405)をご参照ください。


また、デモンストレーションとして、RSNPを利用した音声通信の統合の実演を行っています。
従来、ロボットシステムで音声通信を実現するためには、音声と制御の2系統の通信が必要でした。デモシステムは、音声通信を用いたロボットサービスの開発を容易にするために、音声通信をRSNPに統合、一本化し、ロボット制御と音声通信を一系統で実現するものです。結果、音声ロボットサービスを開発する際に音声制御専門家を必要とすることなく、容易にサービスが実現できます。
これは、2013年度の成田プロジェクトの成果「音声通信ロボットの実現とサービスロボットビジネスへのアプローチ」を元にしたものです。


* ロボットイニシアティブは、三菱重工業、富士通、安川電機など大手ロボット開発会社や日本気象協会コンテンツ提供会社などが組織するロボットサービスのための業界団体です。

**RSNP(Robot Service Network Protocol)は、ロボットイニシアティブが策定した、クラウド上のロボットサービスとロボットをインターネットで結ぶための仕様です。

ニューストップへ戻る