English

専攻長あいさつ

2020年4月に行われた本学研究科再編前の情報を表示しています。(2021年度廃止予定)

情報アーキテクチャ専攻長(情報アーキテクチャコース委員会コース委員長兼務)・教授 中鉢 欣秀

情報技術(IT)を利用した情報システムは、近年の我々の生活の中でなくてはならないものになりました。日常のコミュニケーション、情報の検索、買い物、銀行口座からの振り込み等が、個人が持つスマートフォンで簡単に行えるようになっています。また、フロントエンド・デバイスとしてのスマートフォンの背後にはインターネットに接続された様々なサーバやクラウドサービスが存在し、それらが多くのサービスを提供しています。まさに高度情報化社会の只中で我々は生活しています。

このような時代において、利用者にとって価値ある情報システムをタイムリーに実現できるIT人材が求められています。情報アーキテクチャ専攻のミッションは、まさにこのような能力を備えた情報アーキテクトを育成することです。ここで、情報アーキテクチャとは情報システムの概念的構造のことであり、情報アーキテクトとはシステムの構造を設計して実装する能力を備えた人財です。

情報システムを社会に実現するには、もちろんITに関する高度な知識が求められます。ただし、ここで大事なのは情報システムを開発するのは人間であるということです。従って、ITの技術知識のみならず、チーム力、コミュニケーション力、ネゴシエーション力等のコンピテンシーがシステム開発には重要です。情報アーキテクチャ専攻ではまさに、技術知識としてのITと、人間力としての実務遂行能力を向上させることを狙った教育プログラムを提供しています。

本専攻に在学する学生の多くはIT系の仕事に携わるエンジニアです。しかしながら、ここ数年、我が国におけるIT産業の構造変化を反映し、ユーザ系企業の情報システム部門でベンダーとの対応に関わる仕事をされている方、ITを新たに学んでキャリアアップを目指す女性の方、従来にないデジタルサービスのデザインやプロダクトの実現を目指す方など、多様なバックグラウンドや興味関心を持つ方の入学も増えてきました。

都立の専門職大学院大学として、我が国の首都東京の産業界で活躍する高度な人財である情報アーキテクトを育成するために、本専攻は学生の皆様と共に日々前進を続けています。

情報アーキテクチャ専攻長(情報アーキテクチャコース委員会コース委員長兼務)
教授 中鉢 欣秀

PAGE TOP