English

教員紹介 黄 緒平

黄 緒平
職位 助教
氏名 黄 緒平
HUANG Xuping
研究室 331
メールアドレス huang-xuping[at]aiit.ac.jp
メール送信時は[at]を@に変えてください
研究室サイト等
オフィスアワー 〔土曜〕 〔14:00-15:00〕
※事前連絡推奨、この他の時間も事前連絡で調整可

プロフィール

学歴

  • 2007年7月 大連交通大学 軟件学院 ソフトウェア情報学科 卒業
  • 2007年7月 大連交通大学 外国語学院 英米文学科 卒業
  • 2009年3月 岩手県立大学大学院 ソフトウェア情報学研究科 ソフトウェア情報学専攻 博士前期課程 修了
  • 2014年3月 総合研究大学院大学 複合科学研究科 情報学専攻 博士後期課程 単位取得満期退学

学位

  • 修士(ソフトウェア情報学)

職歴

常勤

  • 2017年4月ー2018年9月 明治大学 研究知財戦略機構 研究員
  • 2014年4月ー2017年3月 京都情報大学院大学 応用情報技術研究科 助教

非常勤

  • 2013年10月-2014年3月 産業技術総合研究所 サービス工学研究センター テクニカルスタッフ
  • 2009年5月-2014年2月 国立情報学研究所 情報学プリンシプル研究系 リサーチアシスタント
  • 2009年2月-2011年5月 キングソフト株式会社 ソフトウェアエンジニア

教育

担当授業科目

IT・CIO特論、セキュアプログラミング特論、情報システム学特別演習1・2

平成30年度取組状況

  • 3Q実施の担当講義の授業評価は4.11だった。受講生の持っている背景知識レベルの多様性を配慮しながら適材適所にて理解度を把握しながら、講義を実施した。
  • PBLのオブサーバーとしてすべてのPBLに参加し、議論や助言などを通じて、本専攻全体のPBL活動に微力ながら貢献した。

研究

専門分野

情報セキュリティ、音声信号処理

研究キーワード

電子透かし改竄検出、プライバシー保護、IoT生体情報解析

研究業績・著書・論文・その他それに準じる業績

著書

  • “A Fast and Low-Distortion Capacity Adaptive Synchronized Acoustic-to-Acoustic Steganography Scheme”, Xuping Huang, Yoshihiko Abe, Isao Echizen, Handbook in Data Hiding, J.SPan et al.(Eds.): Recent Advances in Information Hiding and Applications, ISRL 40. Chapter9, pp:181-209, Springer-Verlag, Germany, March, 2012

学術論文(査読付)

ジャーナル論文

  1. Hiroaki Kikuchi, Xuping Huang, Shigeta Ikuji, Manami Inoue, “Privacy-Preserving Hypothesis Testing for Reduced Cancer Risk on Daily Physical Activity”, Journal of Medical Systems (Springer Nature), vol. 42, Issue. 90, pp. 1-12, 2018
  2. Xuping Huang, Nobutaka Ono, Akira Nishimura, and Isao Echizen, “Reversible Audio Information Hiding for Tampering Detection and Localization Using Sample Scanning Method”, Journal of Information Processing, vol. 25, Issue. 2017, pp. 469-476, 2017
  3. Xuping Huang, “A Reversible and Imperceptible Acoustic Watermarking Using Partially-applied Huffman Lossless Compression”, International Journal of Advances In Computer Science And Its Applications, vol. 5, Issue.1, pp: 64-68, 2015 (Best Paper Award)
  4. Xuping Huang, Nobutaka Ono, Isao Echizen, and Akira Nishimura, “Reversible Audio Information Hiding Based on Integer DCT Coefficients with Adaptive Hiding Locations”, Springer Lecture Notes in Computer Science, Digital-Forensics and Watermarking, LNCS 8389, pp.376-389, July, 2014
  5. Xuping Huang, Isao Echizen and Akira Nishimura, “A Reversible Acoustic Steganography for Integrity Verification”, H.-J. Kim, Y. Shi, and M. Barni (Eds.): Lecture Note LNCS 6526 (Springer-Verlag Berlin Heidelberg), pp: 305-316, 2011, Germany
  6. Xuping Huang, Yoshihiko Abe, and Isao Echizen, “Capacity Adaptive Synchronized Acoustic Steganography Scheme”, Journal of Information Hiding and Multimedia Signal Processing, vol:1(2) pp:72-90, Apr 2010

国際会議論文集(査読付)

  1. Xuping Huang, “Watermarking Based Data Spoofing Detection Against Speech Synthesis and Impersonation with Spectral Noise Perturbation”, Proc. of IEEE International Conference on Big Data, pp. 4587-4591, USA, Dec 2018 (Best Paper Award)
  2. Xuping Huang, “Mechanism and Implementation of Watermarked Sample Scanning Method for Speech Data Tampering Detection”, Proc. of ACM 2nd International Workshop on Multimedia Privacy and Security (MPS) in CCS , Canada, Oct, 2018
  3. Xuping Huang, Hiroaki Kikuchi, and Chun-I Fan, “Privacy preserved spectral analysis using IoT mHealth biomedical data for stress estimation”, The 32nd IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA) , pp: 793-800, Poland, May, 2018
  4. Xuping Huang, “A Reversible and Imperceptible Acoustic Watermarking Using Partially-applied Huffman Lossless Compression”, Proc. of 2nd International Conference on Advances in Computing, Communication and Information Technology (CCIT), pp: 25 -29, Nov, 2014
  5. Xuping Huang, Nobutaka Ono, Isao Echizen, and Akira Nishimura, “Reversible Audio Information Hiding Based on Integer DCT Coefficients with Adaptive Hiding Locations”, Proc. of the 12th International Workshop on Digital-Forensics and Watermarking (IWDW 2013), Auckland , 10 pages, 2013
  6. Xuping Huang, Isao Echizen and Akira Nishimura, “A New Approach of Reversible Acoustic Steganography for Tampering Detection”, Proc. International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing (IIHMSP), pp: 538-542, 2010, Germany
  7. Xuping Huang, Isao Echizen and Akira Nishimura, “A Reversible Acoustic Steganography Scheme to Authenticate Use”,  Proc. IWDW, pp.322-334, 2010, Korea
  8. Xuping Huang, Ryota Kawashima, Norihisa Segawa, Yoshihiko Abe, “Design and Implementation of Real-time Acoustic Steganography”, Proc. IEEE International Conference on Multimedia and Expo (ICME), pp.917-920, 2008, Germany
  9. Xuping Huang, Ryota Kawashima, Norihisa Segawa, Yoshihiko Abe, “Design and Implementation of Synchronized Audio-to-Audio Steganography Scheme”, IEEE Computer Society Conference Proc. IIHMSP, pp.331-334, 2008, China

国内会議論文集(査読無し)

  1. 黄 緒平, 菊池 浩明, 范俊逸, “プライバシー保護したIoTモバイルヘルス心拍変動及び睡眠段階の周波数解析に関する考察”, Computer Security Symposium, pp. 304-311, 2017
  2. 山田道洋, 小池倫太郎, 菊池浩明, 黄緒平, “RIG Exploit Kitにおける攻撃傾向の調査”, Computer Security Symposium, pp. 357-363, 2017
  3. Xuping Huang, Akira Nishimura, Isao Echizen, “A Reversible and Tampering Detective Steganography for Probative Acoustic Data Using Lossless Compression”, EMM2011-33, pp.41-46, September, 2011, Japan
  4. Xuping Huang, Akira Nishimura, Isao Echizen, “A novel content-based tampering detective steganography for acoustic data”, IPSJ SIG Technical Report 2011-CSEC55(8) 1-8, Dec, 2011, Japan
  5. 黄 緒平、川島 龍太、瀬川 典久、阿部 芳彦、”音響信号を用いたマルチビット埋め込みリアルタイムステガノグラフィ手法”、情報処理学会IPSJ Symposium Series Vol.2007, No.10, pp.139-144, 2007, Japan
  6. 黄 緒平、川島 龍太、瀬川 典久、片町健太郎、阿部 芳彦、”Efficient Real-time Steganography Scheme Based on Audio-to-Audio Data Bit Stream”、電気関係学会東北支部連合大会講演論文集, vol.2007, pp.264-264、2007, Japan
  7. 黄 緒平、川島 龍太、瀬川 典久、阿部 芳彦、”音響信号に音響信号をリアルタイムで埋め込むステガノグラフィ技術の提案”、電子情報通信学会技術研究報告ISEC, Vol.106, No.235,ISEC2006-74, pp.15-22, 2006, Japan

招待講演

  • Xuping Huang, “Reversible audio information hiding for tampering detection”, MathWorks Asia Research Summit, Nov, 2017, Tokyo

その他

ポスター・学会口頭発表

  1. 黄 緒平, 菊池浩明, Chun-I Fan, “Privacy Preserving by Spectral Noise Perturbation Applied to IoT m-Healthcare Data”, The 6th Joint Taiwan-Japan Security Workshop, Jan, 2019, Taiwan
  2. 黄 緒平, 菊池浩明, “音声電子透かし技術を用いた高精度な改竄検出及び特定手法”,コンピュータセキュリティシンポジウムCSS, 2018, Nagano
  3. Xuping Huang, Hiroaki Kikuchi, “Authentication-Secured Watermarking Method for Multiple Tampering Locations Detection and Identification”, Taiwan-Japan Workshop on “Security and Dependability Technologies for IoT Devices”, 2017, Tokyo (Best Poster Award)
  4. Xuping Huang, Isao Echizen and Yoshihiko Abe, ”Evaluation of Synchronized Significant Multi-bits Acoustic Steganography Method”, Audio Engineering Society Japan Section, CD-ROM, 2009, Tokyo
  5. Xuping Huang, “A New Approach of Reversible Acoustic Steganography for Tampering Detection”, JFLI Workshop in Paris, 2010, France
  6. Xuping Huang, “Capacity Adaptive Synchronized Acoustic Steganography Scheme”, JFLI Workshop in Paris, 2010, France

競争的研究資金の獲得状況

科学研究費補助金基金 若手研究,「 プライバシー保護した音源偽造及び話者成りすましの識別に関する研究」,平成30~33年度,課題番号:18K18052,研究代表者

平成30年度取組状況

  • 査読付きACM, IEEE主催国際会議論文発表・出版 2本
  • 内一本は最優秀論文賞を受賞
  • 国内研究会ポスター発表1件
  • 国際共同研究JST-MOST共催ワークショップにて口頭発表1件
  • 科学研究費若手研究(研究代表者)課題採択 1件

社会貢献

社会貢献活動

ジャーナル査読者

  • 2012, 5~ Journal of Information Hiding and Multimedia Signal Processing
  • 2019 電子情報通信学会IEICE 英文誌A
  • 2019 IEEE Transactions on Dependable and Secure Computing

国際会議テクニカルプログラム委員

  • 2015 International Conference on Software Engineering and Information Technology
  • 2017,2018 3rd Annual International Conference on Network and Information Systems for Computers
  • 2018 2nd International Conference on Vision, Image and Signal Processing
  • 2018 International Workshop on Security and Privacy in Fog and Cloud Computing
  • 2018 9th International Conference on Emerging Ubiquitous Systems and Pervasive Networks
  • 2018, 2019 International Workshop on Advanced Techniques and Algorithms for Security and Privacy (ATASP)
  • 2018 SPFC2
  • 2018 Cybersecurity_CPS18
  • 2019 ACM Mutimedia (ACMMM)

実行委員

  • 2018, 2019 CSS コンピュータセキュリティシンポジウム

座長

  • 2018 MathWorks Asia Research Summit

国際誌副編集者(Associate Editor)

  • International Journal of Digital Crime and Forensics (IJDCF)

所属学協会

  • 情報処理学会 正会員
  • IPSJコンピュータセキュリティ研究会(CSEC) 専門委員(2018),運営委員(2019-2020)

平成30年度取組状況

  • 情報処理学会のコンピュータセキュリティ研究会の専門委員及び運営委員を務め,微力ながら業界の発展に寄与した
  • CSS研究会の実行委員を務め,学会運営に参画した
  • 国際会議の査読者を務め,査読を通じて,業界の研究推進に貢献した

その他

  • 2011年 国立情報学研究所 オープンハウスにて研究室の研究解説
  • 2013年 産業技術総合研究所 サイエンスアゴラにて研究室の研究解説
  • 2018年 InfoTalkのコーディネーターを務めた
  • 2018年 匿名加工コンテストPWS CUPに連携チームのメンバーとして参戦(3位)
  • 2019年 東京都ふしぎ祭エンス 出展

PAGE TOP