English

教員紹介 大久保 友幸

大久保 友幸
職位 助教
氏名 大久保 友幸
OHKUBO Tomoyuki
研究室 155-b
メールアドレス ohkubo-tomoyuki[at]aiit.ac.jp
メール送信時は[at]を@に変えてください
研究室サイト等
オフィスアワー 〔火曜〕 〔16:00-17:00〕
※この他の時間も事前連絡で調整可

プロフィール

学歴

  • 法政大学大学院工学研究科システム工学専攻 博士後期課程修了 (2012年)
  • 法政大学大学院工学研究科システム工学専攻 修士課程修了 (2001年)
  • 法政大学工学部システム制御工学科 卒業 (1999年)

学位

  • 博士(工学)(法政大学)

職歴

  • 法政大学 理工学部 兼任講師 (2013年, 2019年〜現在)
  • 双葉電子工業株式会社 (2013年〜2015年)
  • 福井大学 研究員 (2012年〜2013年)
  • 株式会社ケンウッド (現 株式会社 JVCケンウッド) (2001年〜2006年)

教育

担当授業科目

  • データサイエンス特論
  • イノベーション特別演習1・2

平成30年度の取組状況

  • イノベーションデザイン特別演習I,IIにおいて2PTの副担当を担当。1Qデータサイエンス特論、1Qものづくりアーキテクト概論の講義を担当。特にデータサイエンス特論は、本年度より開講のため教材製作を十分に行い、授業アンケートでも評価を得た。PBL型演習では、メンバーの議論と計画実行が円滑に進むよう、学生自らの学修成果を引き出した。また、グローバルPBL開始を目指し交渉に当たった。

研究

専門分野

医療福祉工学・知的システム工学・感性情報学

研究キーワード

生活支援技術・知覚情報処理・感性情報処理・知能ロボティクス

研究業績・著書・論文・その他それに準じる業績

1) 学術論文(査読あり)

  1. 携帯型脳波計を用いた観光客の印象検出システムの開発, 大久保 友幸, 山丸 航平, 越水 重臣, 感性工学(日本感性工学会誌), Vol.17, No.2, pp.285-291, 2018年5月
  2. 時間分割表示を用いた高齢者色覚補助システムの開発, 大久保 友幸, 小林 一行, 渡辺 嘉二郎, 栗原 陽介, 感性工学, 日本感性工学会誌, Vol.14 No.2 pp.299-304, 2015
  3. IGVCとつくばチャレンジに対応したOrange2010の実装例, 大久保 友幸, 山川 拓哉, 小林 一行, 渡辺 嘉二郎, 栗原 陽介, 日本ロボット学会誌, Vol.30, No.3, 2012
  4. A lane Detection Algorithm for Personal Vehicles, Kazuyuki Kobayashi, Kajiro Watanabe, Tomoyuki Ohkubo, Yosuke Kurihara, Electrical Engineering in Japan, Vol.177, No.4, pp.23-32, 2011
  5. 「健康づくりのための活動・運動基準」における 運動強度の推定, 大久保友幸, 栗原 陽介, 小林 一行, 渡辺嘉二郎, 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌), Vol.131, No.8, pp.1416-1423, 2011
  6. 時間分割表示を用いた色覚補助システムの開発, 大久保 友幸, 小林 一行, 渡辺 嘉二郎, 感性工学 (日本感性工学会論文誌) , Vol.9, No.4, 2010
  7. パーソナルビークルのための屋外環境における白線検出法の一提案, 小林一行, 渡辺嘉二郎, 大久保友幸, 栗原陽介, 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌), Vol. 129, No. 3,pp.497-504, 2009
  8. 複素拡張カルマンフィルタを用いたウェイポイントナビゲーションの実装, 小林一行, 御園祐介, 渡辺嘉二郎, 大久保友幸, 栗原陽介, 知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌), Vol.21, No.1, pp.90-99, 2009

2) 国際会議論文(査読あり)

  1. Development of Audible Crosswalk Start Decision Algorithm for Autonomous Mobile Robot, Shuya Aoyagi, Kazuyuki Kobayashi, Tomoyuki Ohkubo, SICE Annual Conference 2019, 2019/8
  2. Development of the impression detection system by using a portable EEG device for tourist impression analysis, Tomoyuki Ohkubo, Kohei Yamamaru, Shigeomi Koshimizu, SCIS&ISIS2018 in conjunction with ISWS2018, pp.1289-1294, 2018/12
  3. Development of thermal teapot, Yuki Sakamoto, Tomoyuki Ohkubo, Kazuyuki Kobayashi, Kajiro Watanabe, Shuzo Matsuda, Yosuke Kurihara, 11th International Conference on Control,Automation and Systems (ICCA), pp.357-360, 2011/10
  4. Development of magnetic sensor based local pose component for JAUS compliant system, Kazunari Takahashi, Kazuyuki Kobayashi, Kajiro Watanabe, Tomoyuki Ohkubo, Yosuke Kurihara, SICE Annual Conference 2011, pp.2785-2789, 2011/9
  5. Development of JAUS-Compliant Controller Using Python, Takumi Cho, Kazuyuki Kobayashi, Kajiro Watanabe, Tomoyuki Ohkubo, Yosuke Kurihara, SICE Annual Conference 2011, pp.2186-2189, 2011/9
  6. Study of Visible Light Communication System Using RGB LED Lights, Takuto Komiyama, Kazuyuki Kobayashi, Kajiro Watanabe, Tomoyuki Ohkubo, Yosuke Kurihara, SICE Annual Conference 2011, pp.1926-1928, 2011/9
  7. A New Tactile Sensing Device Based on an Absolute Pressure Sensor and Force Sensing Register, Akihiko Kojima, Yuya Abe, Kazuyuki Kobayashi, Tomoyuki Ohkubo, and Yosuke Kurihara, SICE Annual Conference 2011, pp.1879-1880, 2011/9
  8. Development of PSoC Microcontroller Based Solar Energy Storage System, Ryousuke Namba, Kazuyuki Kobayashi, Tomoyuki Ohkubo, Yosuke Kurihara, SICE Annual Conference 2011, pp.718-721, 2011/8
  9. Development of a Time-sharing-based Color-assisted Vision System for Persons with Color-vision Deficiency, Tomoyuki Ohkubo, Kazuyuki Kobayashi, Kajiro Watanabe, Yosuke Kurihara, SICE Annual Conference 2010 in Taiwan, pp.2499-2503, 2010/8
  10. Visualizing similar text documents based on 3D dendrogram, Tomohito Kinoshita, Tomoyuki Ohkubo, Kazuyuki Kobayashi, Kajiro Watanabe, Yosuke Kurihara, SICE Annual Conference 2010, pp.1285-1288, 2010/8
  11. A study of real-time path planning for mobile robots based on environment recognition using omnidirectional images, Kosuke Hasegawa, Tomoyuki Ohkubo, Kazuyuki Kobayashi, Kajiro Watanabe, Yosuke Kurihara, SICE Annual Conference 2010, pp.2953-2956, 2010/8
  12. A study on gait analysis by measuring axis rotation based on 3D magnetic and acceleration sensors, Akira Minami, Teruo Horikawa, Tomoyuki Ohkubo, Kazuyuki Kobayashi, Kajiro Watanabe, Yosuke Kurihara, SICE Annual Conference 2010, pp.2518-2522, 2010/8
  13. Development of cellular phone based JAUS-compliant unmanned system controller, Kenji Sawada, Kazuyuki Kobayashi, Kajiro Watanabe, Tomoyuki Ohkubo, Yosuke Kurihara, SICE Annual Conference 2010, pp.3520-3522, 2010/8
  14. A study of RSSI-based formation control algorithm for multiple mobile robots, Takanori Komatsu, Tomoyuki Ohkubo, Kazuyuki Kobayashi, Kajiro Watanabe, Yosuke Kurihara, SICE Annual Conference 2010, pp.1127-1130, 2010/8
  15. A study of visual odometry for mobile robots using omnidirectional camera, Takahito Nakada, Tomoyuki Ohkubo, Kazuyuki Kobayashi, Kajiro Watanabe, Yosuke Kurihara, SICE Annual Conference 2010, pp.2957-2959, 2010/8
  16. A Study on Spin-rate Measurement Using a Uniquely Marked Moving Ball, Sho Furuno, Kazuyuki Kobayashi, Tomoyuki Okubo, Yosuke Kurihara, ICCAS-SICE 2009 ICROS-SICE International Joint Conference 2009, pp. 3439-3442, 2009/8
  17. Body Twist Estimation Algorithm Using 3-axis Acceleration Sensor and Magnetic Sensor, Teruo Horikawa, Tomoyuki Okubo, Yousuke Kurihara, Kazuyuki Kobayashi, ICCAS-SICE 2009 ICROS-SICE International Joint Conference 2009, pp.3447-3450, 2009/8
  18. Development of Safety System for Electric Wheelchair with Thermography Camera, Tomoyuki Ohkubo, Kazuyuki Kobayashi, Kajiro Watanabe, Yosuke Kurihara, ICCAS-SICE 2009 ICROS-SICE International Joint Conference 2009, pp.1629-1632, 2009/8
  19. Experimental study on wind-based vehicle speedometer applying the whistle principle, Tomonari Kaneko, Tomoyuki Ohkubo, Yousuke Kurihara, Kazuyuki Kobayashi, ICCAS-SICE 2009 ICROS-SICE International Joint Conference 2009, pp.5600-5604, 2009/8
  20. Experimental Study on Reactive Switch by Using Piezoelectric Devices, Yuuki Takehana, Kazuyuki Kobayashi, Tomoyuki Okubo, Yousuke Kurihara, ICCAS-SICE 2009 ICROS-SICE International Joint Conference 2009, pp.5605-5608, 2009/8
  21. Experimental Study on Electric Motor as a Sound Device, Takaaki Takekoshi, Tomoyuki Ohkubo, Yousuke Kurihara, Kazuyuki Kobayashi, ICCAS-SICE 2009 ICROS-SICE International Joint Conference 2009, pp.435-438, 2009/8
  22. A color compensation vision system for color-blind people, Tomoyuki Ohkubo, Kazuyuki Kobayashi, The SICE Annual Conference 2008, pp.1286-1289, 2008/8
  23. Development of unmanned ground vehicle for IGVC JAUS challenge, Makoto Sugiura, Kazuyuki Kobayashi, Kajiro Watanabe, Tomoyuki Ohkubo, The SICE Annual Conference 2008, pp.2719-2722, 2008/8

3) 国内会議

  1. 深層学習を用いた音楽療法の効果確認法の検討, 大久保 友幸,田部井 賢一,小林一行, 第75回 知的システム研究会(SIC2019-1), pp.15-18, 2019/7
  2. 自律移動ロボットのための全天球カメラを用いたCNNによる白線認識法の開発, 不破 良太,大久保 友幸,渡邊 嘉二郎, 小林 一行, 第75回 知的システム研究会(SIC2019-1), pp.9-12, 2019/7
  3. 生鮮食料品スーパーにおけるサービスデザイン, 大久保友幸, 積田佑介, 小野敬士, 劉瀾, 池本浩幸, 越水重臣, 第45回ファジィ・ワークショップ, pp.17-20, 2019/3
  4. 専門職大学院における自律移動ロボット開発の取り組み, 怒木 弘隆, 兼光 有沙, 日下部 忠之, 高橋 匠, 张 子垚, 中森 まどか, 森本 寛之, 劉 鑫, 大久保 友幸, 2018年度つくばチャレンジシンポジウム, pp.111-112, 2019/1
  5. 専門職大学院における自律移動ロボット開発の取り組み, 兼光 有沙, 怒木 弘隆, 日下部 忠之, 高橋 匠, 张 子垚, 中森 まどか, 森本 寛之, 劉 鑫, 大久保 友幸, 第74回知的システム研究会(SIC2018-2), pp.13-14, 2018/12
  6. サービスデザインの実践:生鮮食料品スーパーにおけるスマートショッピングの提案, 積田佑介, 小野敬士, 劉瀾, 大久保友幸, 越水重臣, サービス学会 第6回国内大会(明治大学 駿河台キャンパス), 2-9-01, 2018/3
  7. 携帯型脳波計を用いた観光客の印象解析のための印象取得システムの開発, 大久保友幸, 山丸航平, 越水重臣, 第19回日本感性工学大会, E17, 2017/9
  8. 携帯型脳波計を用いた観光客の印象解析のための印象取得システムの開発, 大久保友幸, 山丸航平, 越水重臣, 第71回知的システム研究会(SIC2017-1) , pp.7-12, 2017/7
  9. 体温変化を利用した自律訓練法サポートシステムの検討, 大久保友幸, 第43回ファジィ・ワークショップ 講演論文集, pp.23-24, 2017/3
  10. 3軸磁気・加速度センサを用いた歩行解析システムの開発, 南 明, 大久保 友幸, 小林 一行, 第59回知的制御研究会(SIC2011-1) , pp.7-10, 2011/7
  11. RoboCupシミュレータを用いた戦略の一提案, 平田 桂士, 大久保 友幸, 小林 一行, 第59回知的制御研究会(SIC2011-1) , pp.5-6, 2011/7
  12. 快音化のためのモータ制御法について, 宇田川 博樹, 杉山 大輔, 大久保 友幸, 小林 一行, 第59回知的制御研究会(SIC2011-1) , pp.3-4, 2011/7
  13. タッチパネルセンサの肌センサへの応用, 阿部 祐也, 大久保 友幸, 小林 一行, 第59回知的制御研究会(SIC2011-1) , pp.1-2, 2011/7
  14. 全方位カメラを用いるビジュアルオドメトリコンポーネントの開発, 横田忠至, 高橋一成, 山川 拓哉, 長谷川 功介, 中田 貴人, 大久保友幸, 小林 一行, 渡辺嘉二郎, 第37回ファジィ・ワークショップ 講演論文集, pp.59-60, 2011/3
  15. 3軸磁気・加速度センサを用いた回転計測による歩行分析, 南明, 堀川照生, 大久保友幸, 小林 一行, 渡辺嘉二郎, 第37回ファジィ・ワークショップ 講演論文集, pp.55-58, 2011/3
  16. 移動ロボットのための全方位カメラ画像を用いた速度計測法, 中田貴人, 山川拓哉, 長谷川功介, 沢辺航, 大久保友幸, 小林一行, 渡辺嘉二郎, 第35回ファジィ・ワークショップ 講演論文集, , 2010/3
  17. RSSIを用いた複数移動ロボットの整列アルゴリズムの開発, 小松孝典, 大久保友幸, 小林一行, 渡辺嘉二郎, 第35回ファジィ・ワークショップ 講演論文集, , 2010/3
  18. 3軸磁気・加速度センサを用いた回転軸計測による歩行分析の一提案, 南明, 堀川照生, 大久保友幸, 小林一行, 渡辺嘉二郎, 第35回ファジィ・ワークショップ 講演論文集, , 2010/3
  19. 笛の原理を利用した車両用対空速度計の開発, 金子智成, 小野寺廉, 大久保友幸, 小林一行, 渡辺嘉二郎, 第33回ファジィ・ワークショップ 講演論文集, , 2009/3
  20. レーザーポインターを用いた電動車いす操作インターフェースの提案, 福田芳久, 内海恒亮, 坂崎栄信, 沢辺航, 大久保友幸, 小林一行, 渡辺嘉二郎, 第33回ファジィ・ワークショップ 講演論文集, , 2009/3
  21. 音響デバイスとしてのモータ制御システムの開発, 竹腰貴成, 大久保友幸, 小林一行, 渡辺嘉二郎, 第33回ファジィ・ワークショップ 講演論文集, , 2009/3
  22. 自律移動ロボットの開発, 大久保友幸, 沢辺航, 内海恒亮, 酒井健至, 塩田知史, 深澤卓, 福田芳久, 古巣謙太, 岡村麻代, 恩田圭輔, 長谷川功介, 濱田康史, 南明, 山川拓哉, 渡辺嘉二郎, 小林一行, つくばチャレンジ2008開催記念シンポジウム, pp.85-86, 2009/1
  23. 色覚バリアフリーのための色変換システムの開発, 大久保友幸, 渡辺嘉二郎, 小林一行, 第53回知的制御研究会 (SIC08-1), pp.7-10, 2008/7
  24. 業務用無線を利用した車両管理システム, 大久保友幸, 情報処理学会研究報告 2006巻, 22号 (ITS-24), pp.17-21, 2006/3

4) その他

  1. サービスデザインの実践:生鮮食料品スーパーにおけるスマートショッピングの提案, 積田佑介, 小野敬士, 劉瀾, 大久保友幸, 越水重臣, 産業技術大学院大学紀要, No. 12, pp.187-194, 2019/1
  2. 高度専門職人材育成を目指したPBL活動検討のための産業界ニーズの調査分析, 大崎 理乃, 大久保 友幸, 國澤 好衛, 産業技術大学院大学紀要, No. 11, pp.23-28, 2017/1
  3. 共生社会実現のためのヒューマンアシストシステムの開発に関する研究, 大久保 友幸,法政大学, 博士学位論文, 2012年

平成30年度の取組状況

人間支援システムを開発し、課題を解決する研究を行っている。具体的には 1)高齢者・障がい者の支援のため、AIIT両専攻学生・他大学と共に屋外環境を走行する自律移動ロボットを開発、国内会議2件、技術コンテスト参加2件。特にIGVC2018はGrand Awardを獲得 2) 観光産業の重点施策化による観光体験向上のため脳波を用いた印象検出システムを開発。論文誌1件掲載、国際会議1件発表 3) 生鮮食料品は商品の特性上ネットスーパーでは利用者のニーズには答えきれないため、サービスデザインを用い、新ECサービスを提案、国内会議1件、紀要1件の発表。

社会貢献

社会貢献活動

  1. FSS2019, FSS2018 実行委員会 委員
  2. つくばチャレンジ 実行委員会 実行委員
  3. 日本知能情報ファジィ学会 知的制御研究会 代表幹事
  4. AIIT イノベーションデザインフォーラム 運営

所属学協会

  1. 計測自動制御学会 (2017年〜現在)
  2. 日本知能情報ファジィ学会 (2016年〜現在)
  3. 日本ロボット学会会員 (2012年 〜 現在)
  4. 日本感性工学会会員 (2008年 〜 現在)
  5. IEEE (2016年〜現在)

平成30年度の取組状況

  • つくばチャレンジ実行委員会実行委員として運営に携わる。つくばチャレンジは、茨城県つくば市の市街地で、道路や公園などで行われる、屋外を自動走行する自律移動ロボットの技術チャレンジである。本大会には、63チーム75台のロボットが参加・走行を行った。屋外自律移動ロボットと人間との共存を目指し、社会・産業への貢献を行う。
  • FSS2018実行委員会にて講演登録・論文投稿システムを担当した。FSSは、知能と情報分野における研究成果を発表し議論を行う、日本知能情報ファジィ学会の国内大会。
  • 日本知能情報ファジィ学会知的制御研究部会は、知的制御のみならず、知的システムの構築を目標とする、知能と情報に関する分野での若手研究者の育成を目指した研究部会である。この研究部会の幹事を務め、知的システム研究会を年2回開催し、活発な発表と議論により研究部会の運営を進めた。
  • 学術論文誌・国際会議における査読。本年度は、国内学術雑誌2件・国際会議1件の査読を担当
  • イノベーションデザインフォーラム運営、各分野の専門家の講演と議論を行い、地域に大学等の知見を環流するフォーラムである。本年度は6回開催、登壇者の選定、当日の運営などに関わり、大学等の研究成果の地域への環流を図った。

その他

1) 特許

  1. 公開番号 : 特許公開2004-349897 発明の名称:データ端末の電界強度表示装置

2) 受賞

  1. 26th Annual Intelligent Ground Vehicle Competition (IGVC 2018), Grand Award (総合1位), Auto-Nav Challenge 4位, Design Competition 4位, IOP Challenge 1位, First Qualify (2018年6月)
  2. 日本-ベトナム iPhoneアプリ開発講座 優勝・ベトナム大使賞, (2010年3月)
  3. 16th Annual Intelligent Ground Vehicle Competition (IGVC 2018), JAUS Challenge Level III, First Qualify (2008年6月)

PAGE TOP