English

教員紹介 藤田 正典

藤田 正典
職位 特任教授
氏名 藤田 正典
FUJITA Masanori
メールアドレス fujita[at]aiit.ac.jp
メール送信時は[at]を@に変えてください

プロフィール

学歴

  • 京都大学 工学部電気工学第二学科 卒業
  • 筑波大学大学院 ビジネス科学研究科経営システム科学専攻 修了
  • 産業技術大学院大学 産業技術研究科情報アーキテクチャ専攻 修了
  • 東京工業大学大学院 イノベーションマネジメント研究科技術経営専攻 修了
  • 東京工業大学大学院 総合理工学研究科知能システム科学専攻博士課程後期 修了

学位

  • 修士(経営学)筑波大学

  • 修士(情報システム学:専門職)産業技術大学院大学

  • 修士(技術経営:専門職)東京工業大学

  • 博士(工学)東京工業大学

職歴

  • 三菱商事株式会社

  • 政策研究大学院大学 政策研究センター 客員研究員

  • 産業技術大学院大学 産業技術研究科 客員研究員

  • 東京大学大学院 技術経営戦略専攻 特任研究員

教育

担当授業科目

【AIITシニアスタートアッププログラム】
マーケティング要論、スタートアップ要論、スタートアップ事例要論、シニアスタートアップ特論(PBL)

研究

専門分野

経営学、イノベーションマネジメント、技術経営、科学技術政策、人工知能

研究キーワード

社会ネットワーク分析、サイエントメトリックス、スタートアップ、ガバナンス

研究業績・著書・論文・その他それに準じる業績

1.著書
(1)M. Fujita, “Analysis of Researchers using Network Centralities of Co-authorship from the Academic Literature Database,” Evolutionary Computing and Artificial Intelligence, F. Koch, A. Yoshikawa, S. Wang and T, Terano ed., Springer, pp. 57-63, 2018

2.学術雑誌論文(査読あり)
(2) Masanori Fujita, Takato Okudo, Takao Terano, Hiromi Nagane, Analyzing Two Ways in Interdisciplinary Research - Individual Interdisciplinary Research and Collaborative Interdisciplinary Research, the Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol.25, No.3, 9pp., 2021.
(3) Masanori Fujita, Hiroto Inoue, Takao Terano, "Analyzing Promising Researchers Using Network Centralities of Co-authorship Networks from Academic Literature", New Generation Computing, 2020. https://doi.org/10.1007/s00354-020-00102-2(日本語プレプリント版:藤田正典,井ノ上寛人,寺野隆雄,学術文献の共著ネットワークの中心性を用いた有望な研究者の分析,人工知能学会誌,34,5,wd-C,2019)
(4) 小澤孝夫, 藤田正典,階層星状ネットワークにおける問合せ処理のスケジューリングアルゴリズム, 電子情報通信学会論文誌D Vol. J70-D, No.10, pp. 2005-2008, 1987.

3.紀要(査読あり)
(5)板倉宏昭,藤田正典,スタートアップを加速させるための仕組みに関する高等専門学校出身者へのインタビュー結果,東京都立産業技術大学院大学紀要, Vol. 14, pp. 151-160,2021.
(6)藤田正典, 木下倫太朗, 町田巧実, 小袖義貴, 小笠原祐樹, 遠山恭司「東京都の電気エネルギー確保のあり方についての考察 ~シンガポールとの比較を通じて~」東京都立産業技術高等専門学校研究紀要, Vol. 8, pp. 7-17, 2014.

4.学術雑誌論文(招待論文:査読なし)
(7)藤田正典,井ノ上寛人,寺野隆雄,研究者のコラボレーション関係を通したスター・サイエンティストの分析,研究・技術・計画,Vol.34,No.2,pp.150-163,2019.

5.国際会議論文(査読あり)
(8)Masanori Fujita, Takato Okudo, Takao Terano, Hiromi Nagane, Analyzing Two Ways of Interdisciplinary Research; Individual Interdisciplinary Research and Collaborative Interdisciplinary Research, The 13th China-Japan International Workshop on Information Technology & Control Applications (ITCA2020) Enshi, Hubei, China, 25-29 September, 2020.
(9)Masanori Fujita, Takato Okudo, Hiromi Nagane, Analyzing business ecosystem through corporate networks based on capital relations, 14th CIRP Conference on Intelligent Computation in Manufacturing Engineering, Gulf of Naples, Italy, July, 2020.
(10)M. Fujita, H. Inoue and T Terano, Evaluation of Researchers in Collaborative Research through Betweenness Centralities of Co-author Networks, The 6th International Workshop on Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics (IWACIII), Chengdu, SAT1-C2, 8 pp., Nov., 2019.
(11)M. Fujita, H. Inoue and T Terano, Evaluating Researchers through Betweenness Centrality Measures of Co-Author Networks from Academic Literature Database: Finding Gatekeeper Researchers in Organizational Research, IEEE BigData 2018, The 3rd International Workshop on Application of Big Data for Computational Social Science, Seattle, pp.4313-4320, Dec., 2018.
(12)M. Fujita, H. Inoue and T. Terano, Evaluating Funding Programs through Network Centrality Measures of Co-Author Networks of Technical Papers, IEEE BigData 2017, The 2nd International Workshop on Application of Big Data for Computational Social Science, Boston, pp. 4300-4307, Dec., 2017.
(13)M. Fujita, H. Inoue and T. Terano, Searching Promising Researchers through Network Centrality Measures of Co-Author Networks of Technical Papers, The 4th IEEE International COMPSAC Workshop on Social Services through Human and Artificial Agent Models (SSERV 2017), Torino, pp. 615-618, July 2017.
(14)Masanori Fujita, Yoshiaki Tokiwa, Osamu Ohashi and Yuka Kato, “A Virtual Campus Tour Service using Mobile Robots,” in Proc. on 2014 IEEE Workshop of International Conference on Advanced Information Networking and Applications (WAINA2014), Vancouver, pp. 287-292, 2014

6.その他,国内学会・シンポジウム等 多数

社会貢献

社会貢献活動

  • 研究・イノベーション学会 業務理事

所属学協会

  • 研究・イノベーション学会 、組織学会、日本管理会計学会、日本ロボット学会、情報処理学会、人工知能学会、電子・情報通信学会、IEEE、ISACA 会員

PAGE TOP