English

教員紹介 嶋津 恵子

嶋津 恵子
職位 教授
氏名 嶋津 恵子
SHIMAZU Keiko
研究室 161-c
メールアドレス shimazu-keiko[at]aiit.ac.jp
メール送信時は[at]を@に変えてください
オフィスアワー 〔土曜〕 〔14:00-15:00〕
※当面meetなどの電子会議システムの利用に限定します.上記時間以外もお問い合わせくだされば,調整を試みます.

プロフィール

学歴

  • 慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 修士課程 修了
  • 慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 後期博士課程 単位取得退学
  • 慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 後期博士課程 単位取得退学

学位

  • 博士(システムズエンジニアリング), 博士(政策・メディア)

職歴

  • 内閣府宇宙開発戦略室準天頂衛星システム戦略室主催「準天頂衛星システム事業推進委員会分科会」委員

  • 経済産業省 産業構造審議会委員

  • 文部科学大臣指定試験機関公益社団法人日本技術士会主催技術士第二次試験委員主査

  • JAXA (研究開発法人 宇宙航空研究開発機構) 主幹

  • 慶應義塾大学 デジタルメディアコンテンツ・統合研究機構 特別助教授を経て,同大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 特任准教授

  • dSpace Japan (株) システムズエンジニアリング導入担当技術顧問

  • 富士ゼロックス(株)人工知能事業部,情報企画室課長,IT・メディア研究所主任研究員などを歴任

教育

担当授業科目

IT・CIO特論、情報システム特論1、リーダシップ特別講義、Technical Writing in English、情報システム学特別演習1・2

令和元年度の取組状況

教育では,オブジェクト指向開発特論では,“お絵描きツール”のURLではなく,システム設計のためのモデリング手法を重点に教科書を開発した.また,リーダーシップ特別講義でも,米国海兵隊幹部用教科書の日本語版をもとに,米国内高校から大学の建設的議論展開のフレームワークとして用いられる“6hats thinking”を利用し,実践的なフォロワーシップに基づくリーダシップ訓練方法を開発した.

研究

専門分野

システムズエンジニアリング(モデリング、アーキテクチャ設計、システムデザイン, verification & validation, UX デザイン, SysML等オブジェクト指向型標準表記法、他), 要求工学(ユースケース, コンテキスト分析, ConOps, 他)、およびこれらの社会システムへの応用
Systems Engineering (Modeling, Architecture Design, Systems Design, verification & validation, UX design, SysML), Requirement Engineering (Usecase, Context Analysis, ConOps), and also applying these frameworks to social systems.

研究キーワード

測位衛星システム,ISO/IEC15288, ISO/IEC29148, システム,MBSE (Model based systems Engineering),アーキテクチャ,実践型教育(Hands-on practice), 要求工学,Vモデル,SoS(System of Systems),デュアルユース,社会システム応用

研究業績・著書・論文・その他それに準じる業績

  1. Emergency Warning Services via GNSS Signals,IEEE Aerospace Conference, Vol.4, pp.214-220, Big Sky, Montana, USA, Mar. 8th-14th 2020

  2. 準天頂衛星災危通報サービスの EU 衛星 Galileo との共同開発, 測位航法学会,Newsletter, Vol.X No.2 (2019年 7月1日)

  3. 準天頂衛星安否確認サービスの有効利用による巨大災害発生時の急性期用情報集配信システムの設計と実装, 測位航法学会,Newsletter, Vol.X No.1 (2019年 5月22日)

  4. 準天頂衛星災危通報サービスのEU衛星Galileoとの共同開発,産業技術大学院大学紀要,2019年,(測位航法学会,Newsletter, Vol.X No.2 (2019年 7月1日)の改訂版)

  5. 【パネル登壇】「GNSSの進むべき道」,GPS/GNSSシンポジウム2019, 東京海洋大学越中島会館,10月16日,2019

  6. 【内閣府宇宙戦略室発行調査報告書】GNSS動向調査報告書,Ver. 1.00,2019年度版,2020年3月30日納品(世界のGNSSに関する基礎研究と応用研究の動向を調査)

  7. Lアラート出力ファイル変換方法調査報告書Ver. 1.00,2020年3月30日納品 (日本の災害緊急情報配信の基盤システムであるLアラートが出力する情報のQZSSフォーマットへの変換に関する可能性の調査)

  8. ISデジタル辞書,重要用語の基礎知識第2版,般社団法人情報処理学会,情報システムと社会環境研究会編,2019,執筆担当箇所:システムズエンジニアリング,モデリング,デザイン思考他

  9. Double-use strategy of Quasi-Zenith Satellite System communication,Keiko Shimazu, 産業技術大学院大学紀要,2017年12月

  10. Keiko Shimazu, Yasuhiro Maida, Tetsuya Sugata, Daisuke Tamakoshi, Kenji Makabe, Haruki Suzuki,“Case-Study: Utilization Of Systems Engineering Frameworks For Interdisciplinary Information System : A Crisis Management System For Acute Period Of Giant Disaster” 2017 International Conference for Top and Emerging Computer Scientists (IC-TECS 2017) Convention Center, Taipei

  11. Keiko Shimazu, Aiki Iwasaki, Tetsuya Sugata, Haruki Suzuki, Daisuke Tamakoshi, Ayana Banno, Kenji Makabe, “Integrating Theory and Practice in Systems Engineering: The students’ Viewpoint,” Global Active Learning Summit, Tokyo, 2017

  12. Keiko Shimazu, Hiroaki Ohhashi, Sadahiro Maita, Tetsuya Sugata, Haruki Suzuki, Daisuke Tamakoshi, Ayana Banno, Kenji Makabe, Innella Giovanni, Kosei Iibuchi, “A Challenge to Digitalize METHANE Report on QZSS; Practical Use of Japanese Quasi-Zenith Satellite System,” 2017 3rd International Conference on Frontiers of Signal Processing (ICFSP 2017), Paris, 2017

  13. Keiko Shimazu, Hiroaki Ohhashi, Sadahiro Maita, Aiki Iwasaki, Tetsuya Sugata, Haruki Suzuki, Daisuke Tamakoshi, Ayana Banno, Kenji Makabe, Innella Giovanni,”Double-use strategy of Quasi-Zenith Satellite System communication,” IASTEM- 244TH International Conference on Mechanical and Aerospace Engineering (ICMAE 2017), Paris, 2017

令和元年度の取組状況

研究では,内閣府宇宙戦略室の依頼のを受け,測位衛星通信システムを利用した世界共通の災害時情報配信のシステム設計に着手した.具体的には,日本が開発し運営する測位衛星システムQZSS (Quasi-Zenith Satellite System:準天頂衛星システム)とEC(European Union:欧州連合)が開発し運用する測位衛星システムGalileoが,共通して放送できるメッセージのデザインに着手した.

社会貢献

社会貢献活動

  • 内閣府 準天頂衛星システム戦略室 事業準備分科会 委員
  • 経済産業省 産業構造審議会委員
  • Systems Engineering Journal 国際編集委員
  • Systems Engineering Journal 論文査読委員
  • 機械学会論文誌 論文査読委員
  • CORE (Challengers of Rockets Engineering) システムズエンジニアリング教育講師
  • 国際学術会議プログラムコミッティメンバー多数

所属学協会

INCOSE (International Council on Systems Engineering),IEEE (The Institute of Electrical and Electronics Engineers),情報処理学会,電気情報通信学会

その他

国等の提案公募型研究費、企業からの受託研究費・共同研究費の獲得状況

  1. 内閣府 平成30年度,戦略的イノベーション創造プログラム(SIP: Strategic Innovation Promotion Program)「準天頂衛星とスマートフォンによる安否情報集約と災危通報配信」,研究分担者,25,000千円 (総額150,000千円), 2018年10月から2023年3月
  2. [継続] 研究費補助金 基金 平成30年度 基盤研究(C),「準天頂衛星システムを利用した巨大災害発生急性期の救命用情報アーキテクチャの開発」,研究代表者,3,500 千円,2018年 4月から2021年3月
  3. 平成31年度 産業技術大学院大学 部局競争的研究費,「災害時救命情報システム搭載用情報アーキテクチャの改良」,研究代表者,400 千円,2018年 4月から2019年3月
  4. 平成31年度 産業技術大学院大学 基本研究費,500 千円,2018年 4月から2019年3月
  5. 寄付金:衛星通信システムの利用によるアプリケーション開発の研究,平成30年度~,1,000千円
  6. 調査委託:アジア航測研究所から受注,Lアラート出力ファイルの準天頂衛星通信システム災危通報メッセージへの変換方法 他,2000千円,平成31年1月から3月

PAGE TOP