English

教員紹介 佐々木 一晋

佐々木 一晋
職位 助教
氏名 佐々木 一晋
SASAKI Isshin
研究室 155-b
メールアドレス isshin[at]aiit.ac.jp
メール送信時は[at]を@に変えてください
オフィスアワー 〔水曜〕 〔16:00-18:00〕
※この他の時間も事前連絡で調整可

プロフィール

学歴

  • 2004年 東京大学大学院工学系研究科博士前期課程修了
  • 2007年 東京大学大学院工学系研究科博士後期課程単位取得退学

学位

  • 修士(工学)(東京大学)

職歴

  • 2006年-2007年(独)科学技術振興機構戦略的創造研究推進事業個人型研究(さきがけ)「デジタルメディア作品の制作を支援する基盤技術」領域(代表:桐山孝司),研究員
  • 2006年-2015年 慶應義塾大学環境情報学部 非常勤講師
  • 2007年-2011年 神奈川大学工学部建築学科 特別助手
  • 2011年-    産業技術大学院大学 産業技術研究科 創造技術専攻 助教

教育

担当授業科目

事業設計工学概論、事業設計工学特別演習1・2

令和元年度の取組状況

演習科目の「イノベーションデザイン特別演習1」と「イノベーションデザイン特別演習2」では,2つのプロジェクトチームの副担当教員としてProject Based Learningに基づく教育研究活動を行った.

研究

専門分野

建築学,地域学,デザイン学

研究キーワード

設計手法,計画技術,空間デザイン,デザイン方法論・リサーチ,発想・創造支援,都市様相,住生活・居住文化,フィールドワーク,ワークショップ

研究業績・著書・論文・その他それに準じる業績

著書

  • 空間デザイン事典, 共著者:積田洋,山家京子,佐々木一晋 ほか39名,日本建築学会編,井上書院,2006
  • 10+1 TenPlusOne No.42/グラウンディング〜地図を描く身体,NAX出版,石川初,田中浩也,佐々木一晋,元永二朗,2006

研究業績

国際会議論文

  • Isshin Sasaki, Envisioning Design Research: Understanding Co-Creation Dynamics and Situated Creativity for Sustainable Urban Living, the Fourteenth International Conference on Design Principles & Practices, 2020
  • Miki Saito, Kenta Komine, Aiko Nakato, Isshin Sasaki and Hisashi Hayashi. Evaluating P2P human resource allocation strategies through multi-agent simulation. International Conference on Smart Computing and Artificial Intelligence (SCAI), IIAI International Congress on Advanced Applied Informatics (AAI), 2019.
  • Isshin Sasaki, Urban Co-Creation and Situated Creativity: Envisioning Urban Sustainable Methods for Activism and Experimentation in the City, 6th International Conference on Sustainable Development(ICSD), 2018
  • Isshin Sasaki, Visualizing Situated Productive Process in Southeast Asian Cities,5th International Conference on Sustainable Development(ICSD), 2017
  • Isshin Sasaki, Designing and Managing Situated Creativity in Urban Space, 4TH International Conference on Sustainable Development(ICSD), 2016

招待講演

  • Isshin Sasaki, Envisioning Future Sustainable Cities in Asian Countries,European Center of Sustainable Development,Gregorian University,Roma Italy,Sept.2018

国内会議論文

  • 小峰賢太,齋藤美紀,中藤愛子,佐々木一晋,林久志.自律分散型生産システムのための市場メカニズムの検討 ―企業群全体の生産性と各企業の収益の改善を目指して―.第12回人工知能学会:経営課題にAIを! ビジネス・インフォマティクス研究会,2019.
  • 齋藤美紀,小峰賢太,中藤愛子,佐々木一晋,林久志.企業間人材P2P型シェアリング・プラットフォームのマルチエージェント・シミュレーションによる評価.第11回人工知能学会:経営課題にAIを! ビジネス・インフォマティクス研究会,2019.

雑誌・紀要等

  • 小峰賢太,齋藤美紀,中藤愛子,佐々木一晋,林久志.Society5.0時代における中小企業群の生産性改善に向けた今後の課題と展望.産業技術大学院大学紀要,(12),pp. 201-208, 2018.
  • 佐々木一晋,アーバン・ディベロップメントとツーリズムに関する基礎的考察,産業技術大学院大学紀要第11号,pp.121–124,10月,2017
  • Isshin Sasaki, Designing and Managing Situated Creativity in Urban Space, 4TH International Conference on Sustainable Development(ICSD), 2016
  • 佐々木一晋,ハビタットの構築的アプローチに関する考察,産業技術大学院大学紀要第10号,2016
  • 吉田 敏, 佐々木一晋, 使い手視点による建築の特性把握手法の開発 - 建築創造における機能面の基礎的考察による手法開発 -,産業技術大学院大学紀要第9号,2015
  • 佐々木一晋,都市居住空間の自生的なマネジメントに関する基礎的考察 –既存共同住宅ストックの展開事例から–,産業技術大学院大学紀要第8号,2014
  • 井ノ上寛人,佐々木一晋,越水重臣,國澤好衛,川田誠一,学修到達度の視覚的表現方法に関する一考察 –分かりやすいディプロマサプリメントの開発を目指して–,産業技術大学院大学紀要第8号,2014
  • 東南アジアにおける伝統的住居の発展過程に関する研究-ハノイ,バンダルスリブガワンの伝統的住居のフィールドワーク報告-,産業技術大学院大学紀要第7号,2013

令和元年度の取組状況

地域内循環経済の構築に向けた森林資源のデザイン展開と循環利用について調査研究を進め,地域創生とクリエイティブコミュニティーの発展的関係に着目し,参加型・共創型デザインの手法について国際会議での研究成果発表を行った.

社会貢献

社会貢献活動

  • インクルーシブ教育システムの構築に向けた勉強会の開催.
  • 企業との技術相談対応

所属学協会

日本建築学会,日本地理学会,日本都市計画学会

令和元年度の取組状況

同上

その他

  • 東京大学アントレプレナー道場第一期, 最優秀賞,2005
  • SNOW SHOW INETRNATIONAL COMPETITION, 3rd prize,2003

PAGE TOP