研究科の紹介

情報アーキテクチャ専攻Master Program of Information Systems Architecture

教員紹介

中野 美由紀

教 授

中野 美由紀

Miyuki Nakano

研究室:161-a

miyuki[at]aiit.ac.jp
メール送信時は[at]を@に変えてください

【研究室サイト等】
準備中
【オフィスアワー】
〔木曜〕 〔17:00-18:00〕

プロフィール

【学歴】
  • 1980年 東京大学理学部情報科学科 卒業
【学位】
博士(情報理工学)
【職歴】
  • 1980–1984 富士通株式会社 ソフトウェア事業部
  • 1985–2006 東京大学 生産技術研究所 助手
  • 2006–2008 東京大学 生産技術研究所 助教
  • 2008–2013 東京大学 生産技術研究所 特任准教授
  • 2013–2015 芝浦工業大学教育イノベーション推進センター 特任教授

教育

【担当授業科目】
情報アーキテクチャ特論1、データインテリジェンス特論、ビッグデータ特論、ソフトウェア工学特論、情報システム学特別演習1・2
【平成28年度の取組状況】
情報アーキテクチャ特論Ⅰは、情報理論、計算機構成、システム性能、通信技術、アプリケーションの内容を互いにリンクさせ、情報学への理解を深める構成にした。
データインテリジェンス特論は、データマイニングの基礎知識の理解を確立し、ビジネスの現場においてデータ解析に適切な処理ストラテジーを選ぶための知識を提供した。
ビッグデータ解析特論は、コンテンツと解析技術の適応例ごとにデータ解析を課し、知識発見プロセスの実装に関する基礎技術の体験の場を提供した。
PBLは、学生の自主的なプロジェクトの企画「ウェブ上のデータを活用した混雑分析および予測システムの開発」が開発され、データ収集技術、データ解析技術、アプリケーション開発、学会の発表とプロジェクト運営全般を学生に体験させ、チームとしての力を飛躍的に伸ばした。

研究

【専門分野】
データ工学、ビッグデータ、大規模データ解析、データアーキテクチャ、データベース・システム、計算機アーキテクチャ、クラウドコンピューティング、ストレージシステム、大規模分散システム、並列計算機処理、システムソフトウェア
【研究キーワード】
データ処理、ビッグデータ(情報爆発)、データ解析(機械学習)、クラウドコンピューティング、高速アクセス、省電力データベース、大規模分散処理
【研究業績・著書・論文・その他それに準じる業績】

《論文誌、Journal》

  • 「サイバーフィジカル最前線:ゼッタバイトを探索する」
    中野 美由紀、電気学会誌136巻8号pp.550-553, 2016
    IEEJ Journal, Vol.136, No.8, 20167
  • フェローからのメッセージ
    「データ工学と私」 -これから、データ工学で何を目指すか‐
    中野 美由紀、電子情報通信学会 情報・システムソサエティ誌 第21巻第2号 pp.17-18, 20165
  • 価値を創造するためのビッグデータ利活用技術
    中野 美由紀、産業技術大学院大学 紀要 第10号 pp,127-132, 2017.
  • Norifumi Nishikawa, Miyuki Nakano, Masaru Kitsuregawa : Application Sensitive Energy Management Framework for Storage Systems, IEEE Transactions on Knowledge and Data Engineering, Vol.PP, pp.1-12, DOI=10.1109/TKDE.2015.2416737, 2015
  • 鈴木恵介、早水悠登、横山大作、中野美由紀、喜連川優:SSDを用いた大規模データベースにおける複数問合せ処理高速化手法とその評価、日本データベース学会和文論文誌、Vol.2, No.2, pp.19-25, 2014
  • Naoko Iimura, Norifumi Nishikawa, Masato Oguchi:A Proposal of Storage Power Control Method with Data Placement Control, DBSJ Journal, Vol.13, No.1, pp.50-56, 2015
  • 石田渉、横山大作、中野美由紀、豊田正史、喜連川優:大規模データベースにおけるアクセス局所性を利用したVMライブマイグレーションスケジューリング手法の提案と評価、日本データベース学会論文誌、Vol.12, No.1, pp.73-78, 2013
  • Norifumi Nishikawa, Miyuki Nakano, Masaru Kitsuregawa : Energy aware RAID Configuration for Data Intensive Applications in Enterprise Storages, International Journal of Computational science and Engineering, to be appeared
  • Yanhui Gu, Zhenglu Yang, Guandong Xu, Miyuki Nakano, Masashi Toyoda and Masaru Kitsuregawa. Exploration on efficient similar sentences extraction. World Wide Web Journal, 2012. DOI: 10.1007/s11280-012-0195-z. 2013.01
  • 西川記史,中野美由紀,喜連川優:アプリケーション処理のI/O挙動特性を利用したディスクの実行時省電力手法とその評価:オンライントランザクション処理における省電力効果,電子情報通信学会論文誌、Volume J95-D No.3, pp.447-459,2012,3
  • 早水悠登、合田和生、中野美由紀、喜連川優:オンライントランザクション処理におけるDynamic Voltage and Frequency Scalingを用いたアプリケーション指向省電力化手法, 情報処理学会論文誌(トランザクション)データベース, Vol.4, No.2, pp.61-73, 2011.7
  • Yongkun Wang, Kazuo Goda, Miyuki Nakano, Masaru Kitsuregawa: Performance Evaluation of Flash SSDs in a Transaction Processing System, E94-D, N0.3, pp.602-611, 2011.3
  • 西川記史,中野美由紀,喜連川優: データセンタの階層的データ管理と省電力化を支援するモニタリング機構の開発, 日本データベース学会論文誌, Vol.9, No.3, pp.31-36, 2011.2
  • 中野美由紀,今井 洋臣,喜連川 優: 分散共有メモリ計算機における並列ハッシュ結合演算処理の性能解, 電子情報通信学会論文誌, Vol.J82-D-I, No.1, pp.82-97, 1999.1
  • Miyuki Nakano, Masaru Kitsuregawa: Examination of Criteria for Choosing a Run Time Method in GN Hash Join Algorithm, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E79-D ・No.11, pp.1561-1569, 1996.11、
  • 中野美由紀, 喜連川優: GNハッシュ結合方式とその評価, 情報処理学会論文誌, Vol.35, No.9, pp.1861-1873, 1994.9
  • 喜連川優, 津高新一郎,中野美由紀: 共有メモリ型マルチプロセッサによる並列ハッシュ結合演算処理とその評価, 情報処理学会論文誌, Vol.34, No.5, pp.1019-1030, 1993.5
  • 喜連川優, 中野美由紀: 機能ディスクシステム: 関係データベース処理とその性能評価, 電子情報通信学会(招待論文), Vol.J74-D-I No.8, pp.496-507, 1991.8, [電子情報通信学会論文賞]

《国際大会等(一部のみ抜粋)》

  • Naho Iimura, Norifumi Nishikawa, Miyuki Nakano, Masato Oguchi:Evaluation of Data placement Method in Database Ru-Time Processing Considering Energy Savng and Application Performance, Proc. of Int’l Workshop on Green Programming, Computing, and Data Processing (GPCD’14), 2014
  • Naho Iimura, Norifumi Nishikawa, Miyuki Nakano, Masato Oguchi: A Proposal of Storage power Control Method with Data Placement in an Environment using Manu HDDs, Proc. on 9th ATCM Int’l conference on Ubiquitous Information Management and Communication (IMCOM 2014), 2014
  • Sven Groot, Daisaku Yokoyama, Kazuo Goda, Miyuki Nakano and Masaru Kitsuregawa: Modeling I/O Interference for Data Intensive Distributed Applications, Proc. of SAC 2013, Cloud Computing Track, 2013.03
  • Yanhui Gu, Zhenglu Yang, Miyuki Nakano, and Masaru Kitsuregawa. Towards efficient similar sentences extraction. In Proceedings of the 13th International Conference on Intelligent Data Engineering and Automated Learning (IDEAL’12), pages 270–277, 2012
  • Yanhui Gu, Zhenglu Yang, Miyuki Nakano, and Masaru Kitsuregawa. Performance Evaluation of Similar Sentences Extraction. In Proceedings of 8th International Workshop on Databases in Networked Information Systems (DNIS’13), 2013.
  • Norifumi Nishikawa, Miyuki Nakano, Masaru Kitsuregawa : Energy Efficietn Storage management Cooperated with Large Data Intensive Applications, Proc. Of the 28th IEEE ICDE, (ICDE2012), pp.126-137, 2012.4
  • Norifumi Nishikawa, Miyuki Nakano, Masaru Kitsuregawa:Cache Effect for Power Savings of Large Storage Systems with OLTP Applications, Proc. of 7th International Workshop on Databases in Networked Information Systems, LNCS (Lecture Note on Computer Science), No. 7108, pp.256-269, 2011.12
  • Norifumi Nishikawa, Miyuki Nakano, Masaru Kitsuregawa :Energy aware RAID Configuration for Large Scale Storage Systems, Proc. of Int’l WS on Energy Consumption and Reliability of Storage Systems (ERSS2011), pp.1-5, (2011.07)
  • Yongkun Wang, Kazuo Goda, Miyuki Nakano and Masaru Kitsuregawa : Flash SSD Oriented IO Management for Data Intensive Applications, Proc. of the 9th USENIX Conference on File and Storage Technologies (FAST 2011), Poster Paper, (2011.02)
  • Yuto Hayamizu, Kazuo Goda, Miyuki Nakano and Masaru Kitsuregawa : Application-aware Power Saving for Online Transaction Processing using Dynamic Voltage and Frequency Scaling in a Multicore Environment, Proc. of Architecture of Computing Systems - ARCS 2011, Lecture Notes in Computer Science, 2011, Volume 6566/2011, (2011,02)
  • Norifumi Nishikawa, Miyuki Nakano, Masaru Kitsuregawa : Potentiality of Power Management on Database Systems with Power Saving Function of Disk Drives, Proc. of Australian Database Conference (ADC2011), (2011.01)[Best Paper Award]
  • Norifumi Nishikawa, Miyuki Nakano, Masaru Kitsuregawa : Low Power Management of OLTP Applications Considering Disk Drive Power Saving Function, Proc. of DEXA2010, Lecture Notes in Computer Science, 6261, PART I, 241-250 (2010.08)
  • Yongkun Wang, Kazuo Goda, Miyuki Nakano and Masaru Kitsuregawa : Early Experience and Evaluation of File Systems on SSD with Database Applications, Proceedings of the 5th IEEE International Conference on Networking, Architecture, and Storage (IEEE NAS2010), pp.467-476, 2010.07
  • Miyuki Nakano, Hiroomi Imai and Masaru Kitsuregawa : Performance Analysis of Paralell Hash Joins on a Dsitributed Shared Memory Machine, International Conference on Data Engineering, pp.76-85, (1998)
  • Seigo Muto, Takayuki Tamura, Miyuki Nakano, Masaru Kitsuregawa : Implementation and Evaluation of Parallel Relational Query Processing Using Transposed Files on Shared Memory Multiprocessors, Advanced Database Research and Development Series, Vol.8, pp.192-198, 1998

《外部獲得資金(一部抜粋)》

研究代表者

  • 科学研究費補助金 奨励研究(A)
    並列データベースシステムにおける問い合せ処理の最適化技法、平成6年、900千円
  • 科学研究費補助金 一般研究(C)->基盤研究(C)
    並列データベースにおける複雑な問い合わせの最適処理スケジューリング技法の研究, 平成7~8年、2400千円
  • 科学研究費補助金 基盤研究(B)
    高伸縮性情報基盤における応用処理と連携した実行時省電力データベースの研究開発, 平成24年~26年、13800千円

研究分担者

  • 科学研究費補助金 基盤研究(S)
    データマイニングによる高度自己管理機構を有す次世代ストレージアーキテクチャの確立、平成13年~13年、研究代表者(喜連川優)、57850千円
  • 科学研究費補助金 特定領域研究「情報学」 計画研究
    ウェブマイニングの為のウェブウェアハウス構築に関する研究、平成13年~17年、研究代表者(喜連川優)、122100千円
  • 科学研究費補助金 特定領域研究「情報爆発IT基盤」 計画研究
    情報爆発時代における研究サイバー空間情報定量評価
    基盤の構築、平成18年~22年、研究代表者(喜連川優)、66500千円
  • 科学研究費補助金 基盤研究B
    バースト的な負荷変動に耐えうる投機的再構成が可能なビッグデータ処理基盤、平成25~27年、研究代表者(小口正人)、14,000千円
  • 科学研究費補助金 基盤研究B
    適応的セキュリティ制御とプライバシー保護支援を可能とするビッグデータ流通基盤,平成27年~29年、研究代表者(後藤厚宏)、19700千円

《国際会議委員など(一部抜粋)》

  • 15th IEEE Int’l Conf. on Data Engineering (ICDE1999) Program Committee
  • 21st ICDE2005, Treasurer
  • 15th DASFAA2010 Organizing Committee Vice Chair and ProgramCommittee
【受賞学術賞】
  • 1992年 6月 電子情報通信学会 論文賞
  • 2011年 1月 Australasian Database Conference 2011 Best Paper Award
  • 2014年 6月 電子情報通信学会 会長特別表彰(i-Scover検索システム構築)
  • 2015年 6月 日本データベース学会 論文賞
  • 2015年 9月 電子情報通信学会フェロー
【平成28年度の取組状況】
ビッグデータの定量的評価処理基盤を構築するための省電力データベースに関して国際学会ICDE2016にて発表を1件行うと共に、適応的セキュリティ制御とプライバシー保護支援を可能とするビッグデータ流通基盤の一環として国内学会の発表を3件行った。また、あらたにデータサイエンス教育に適したデータ解析の学びについて研究を着手した。

社会貢献

【社会貢献活動】

(過去5年)

  • 2010年 情報処理学会創立50周年記念第72回全国大会、大会副委員長
  • 2010年から2011年 電子情報通信学会 データ工学研究会 副委員長
  • 2011年から2012年 電子情報通信学会 データ工学研究会 委員長
  • 2011年から2012年 情報処理学会 理事
  • 2011年から現在 電子情報通信学会i-Scoverシステム委員会
  • 2011年から現在 日本データベース学会理事
  • 2011年から現在 情報処理学会 デジタルプラクティス 編集委員
  • 2012年 情報処理学会 ITフォーラム委員会 委員長
  • 2012年 情報処理学会 セミナー委員会 委員長
  • 2012年 情報処理学会 高度人材育成WG 委員
  • 2013年から2014年 情報処理学会論文誌:データベース 編集委員長
  • 2013年から現在 情報処理学会 セミナー委員会 委員
  • 2013年から現在 情報処理学会 政策提言委員会 委員
  • 2013年から現在 情報処理学会 ソフトウエアジャパン実行委員会
  • 2014年から現在 電子情報通信学会企画委員会 委員
  • 2014年から現在 日本学術会議 連携会員
  • 2014年から現在 日本学術会議第三部会電気電子工学委員会 委員
  • 2014年から現在 日本学術会議第三部会通信・電子システム分科会 幹事
  • 2015年から現在 ACM SIGMOD日本支部 支部長
  • 2013年~現在 江東区男女共同参画審議会 委員
【所属学協会】
情報処理学会、電子情報通信学会、日本データベース学会、IEEE-CS, ACM
【平成28年度の取組状況】
国への貢献として、内閣府、省庁へ政策に提言を行う日本学術会議第三部電気工学委員会の連携委員に選ばれ、通信電子システム分科会の幹事を担当し、日本におけるITCの技術力のアピール、若手研究者の人材育成などについて、シンポジウムを開催すると同時に、報告等の作成を行っている。
国の機関、省庁への貢献として、公益財団法人 日本学術振興会の審査委員を務め、公益財団法人 日本科学技術振興財団では「情報と農業の協働」研究の領域アドバイザーを務めた。また、外部情報通信研究機構(国立研究開発法人)の評価委員を務めた。
学協会では、日本データベース学会の理事を務めると共に、電子情報通信学会I-Scover委員会、情報処理学会セミナー委員会、情報処理学会教員員会データサイエンス教員委員会委員長を務めた。また、世界で最大のコンピュータ学会ACM SIGMODの日本支部長を務めている。