研究科の紹介

情報アーキテクチャ専攻Master Program of Information Systems Architecture

教員紹介

嶋津 恵子

教 授

嶋津 恵子

Keiko Shimazu

研究室:161-c

shimazu-keiko[at]aiit.ac.jp
メール送信時は[at]を@に変えてください

【オフィスアワー】
〔土曜〕 〔13:00-14:00〕
※学会等で留守の場合があるため事前連絡推奨

プロフィール

【学歴】
  • 慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 修士課程 修了
  • 慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 後期博士課程 単位取得退学
  • 慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 後期博士課程 単位取得退学
【学位】
博士(システムズエンジニアリング), 博士(政策・メディア)
【職歴】
  • 富士ゼロックス(株)人工知能事業部,情報企画室課長,IT・メディア研究所主任研究員などを歴任
  • 慶應義塾大学 デジタルメディアコンテンツ・統合研究機構 特別助教授を経て,同大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 特任准教授
  • dSpace Japan(株)システムズエンジニアリング導入担当技術顧問
  • JAXA(研究開発法人 宇宙航空研究開発機構)主幹

教育

【担当授業科目】
オブジェクト指向開発特論, リーダシップ特別講義, 事業アーキテクチャ特論, 情報システム学特別演習1・2

研究

【専門分野】
システムズエンジニアリング(モデリング、アーキテクチャ設計、システムデザイン, verification & validation, UX デザイン, SysML等オブジェクト指向型標準表記法、他), 要求工学(ユースケース, コンテキスト分析, ConOps, 他)、およびこれらの社会システムへの応用
Systems Engineering (Modeling, Architecture Design, Systems Design, verification & validation, UX design, SysML), Requirement Engineering (Usecase, Context Analysis, ConOps), and also applying these frameworks to social systems.
【研究キーワード】
ISO/IEC15288, ISO/IEC29148, システム,MBSE (Model based systems Engineering),アーキテクチャ,実践型教育(Hands-on practice), 要求開発,Vモデル,SoS(System of Systems),デュアルユース,社会システム応用
【研究業績・著書・論文・その他それに準じる業績】

《論文等(2013年以降を抜粋)》

  • 不安定な通信環境における情報損失を低減する災害情報収集機構, 多幡早紀, 西山潤, 福井良太郎,嶋津恵子, 重野寛,情報処理学会論文誌,Vol. 58,No. 2,pp. 31-40, 2017/02 災害時アドホック通信の種類と特徴の整理,玉越大資(首都大東京)・伊藤夏青(横浜国大)・菅田徹也(東大)・中嶋大智(東京農工大)・岩崎愛樹(神奈川大)・真壁健二(首都大東京)・嶋津恵子(産技大),電子情報通信学会技術研究報告 (IEICE technical report : 信学技報), 116(92), pp. 57-61, 2016-06-14
  • Saki Tabata, Kohei Ueda, Ryotaro Fukui, Keiko Shimazu, Hiroshi Shigeno, igeno, Shigeno, igeno, oshi Shigeno, igeno, igeno, OpenFlow in Unstable Networks,etworks, Sh IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA-2016), 2016
  • Keiko Shimazu, Hyper-METHAE Algorism Development for ASEAN Disaster management-A case study of System Engineering Practice(AINA-2016), 2016
  • 嶋津恵子,伊藤雅彦,“対中外交政策に対するオープンソース・ビッグデータ活用の可能性-対日抗議事象発生前後のChinese PULSEの観察-”,情報処理学会,デジタルプラクティス論文誌,Vol.7 No.1,pp. 61-70, 2016
  • 伊藤夏青,秋元賢佑,小布施聡,菅田徹也,吉本直哉,玉越大資,嶋津恵子,システムズエンジニアリングの効果検証:学生ロケットプロジェクトへの導入実験,情報処理学会,第78回全国大会,4A-06,2016
  • 嶋津恵子,秋元賢佑,小布施聡,モデルとアーキテクチャのマネジメントフレームワーク KSチャート の提案,情報処理学会,第210回システム・アーキテクチャ研究発表会,(20),2016
  • Keiko Shimazu, “ Hyper-METHAE Algorism Development for ASEAN Disaster management-A case study of System Engineering Practice”, 2015 Systems Engineering and Test and Evaluation Conference (SETE2015), 2015
  • 田幡早紀,上田絋平,福井良太郎,嶋津恵子,重野寛,”OpenFlow を用いたWebアプリケーションベースの災害時救命情報収集機構の検討”,第23回マルチメディア通信と分散処理アークショップ(DPSWS2015), pp. 9-16, 2015
  • 田幡早紀,上田絋平,福井良太郎,嶋津恵子,重野寛,”車載中継機のためのOpenFlowを用いた災害時の動的な回線選択機構”,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015), pp. 1525-1532, 2015
  • 福井 良太郎 , 嶋津 恵子 , 重野 寛,大規模災害急性期サーチ・アンド・レスキュー支援システム-主要通信アプリケーション機能の実験-,研究報告高度交通システムとスマートコミュニティ(ITS) 2015-ITS-60(1), 1-5, 2015-02-25
  • 嶋津恵子,伊藤雅彦,対中外交政策に対するオープンソース・ビッグデータ活用の可能性 -対日抗議事象発生前後のChinese PULSEの観察-,情報処理学会 学術誌 デジタルプラクティス 2015年 (掲載予定)
  • (招待講演) 嶋津恵子,巨大災害救命情報共有のためのハイパ-METHANEレポーティングシステム設計と最新情報通信システムの利用構想,電子情報通信学会,合同(ネットワークシステム研究会,通信方式研究会,情報ネットワーク研究会)研究会,2014-09-NS, 2014年
  • (招待講演) 嶋津 恵子, “システムズエンジニアリング標準準拠型要求開発を支援するフレームワークの実”, 第11回クリティカルソフトウェアワークショップ, ソラシティカンファレンスセンター, 2014, 2014年
  • 嶋津恵子,橘田要一,NATO開発METHANEレポートの拡張による巨大災害救命情報共有システムの構想と衛星通信利用の可能性,測位航法学会,NEWSLETTER Vol V,No.3, 2014年
  • 嶋津恵子, 準天頂衛星を通信基盤とした災害急性期救命支援システムのデザイン構想 ~NATO開発METHANEレポーティングの国際対応版への拡張 ~,電子情報通信学会,宇宙・航行エレクトロニクス研究会,宇宙応用シンポジウム, 2014-06-SANE, IEICE-SANE2014-38,IEICE-114, no.87, pp.85-90 2014年
  • 嶋津恵子,“同一モデル表現言語と異種のモデル表現言語で観察するデータベース設計の評価”,電子情報通信学会,SWIM ,ビジネスモデリングの実装とインタープライズ(ワークショップ),2014年
  • 嶋津恵子,“巨大災害発生超急性期用救命情報共有システムデザイン案”,電子情報通信学会,SWIM ,ビジネスモデリングの実装とインタープライズ(ワークショップ),2014年
  • 福井良太郎,嶋津恵子,重野寛 “大規模災害急性期サーチ・アンド・レスキュー支援システム”,情報処理学会,研究報告,2014年
  • Shimazu, Keiko. “Synergistic Model-Based Requirement Elicitation”, IEEE 3rd International Conference on System Engineering and Technology  (ICSET 2013), Malaysia, 2013
  • Shimazu, Keiko. “Project Concept: Design Concept of Ad-hoc Information Network System for Disaster Mitigation”, Proc. of International Workshop on Vehicular Communication Systems and Networks (VCSN 2013), Mayer, India, 2013
  • (招待講演) 嶋津 恵子, “人類の未来を切り開くために生まれたIT(情報技術)は、我々を豊かにしてくれているのでしょうか”,公益社団法人日本アクチュアリー会 第53回IT研究大会, 三井生命本店(大手町野村ビル)17Fホール, 2013年
  • 小野江綾, 村山達雄, 嶋津恵子, “病院運用の定量評価方法の実践(2/2) その2 実案件への適用~プロトタイプによる検討報告”, 2013年度日本建築学会大会(北海道)大会, 学術講演梗概集, 建築計画部門, pp.913-914 ,2013年

《競争的資金獲得による研究活動》

  • 平成26年度SCOPE 「先進的通信アプリケーション開発推進事業」に係る研究開発課題,災害対応モードを有する次世代移動体通信機能の開発,フェーズII (2014)
  • 平成25年度SCOPE 「進的通信アプリケーション開発推進事業」に係る研究開発課題,災害対応モードを有する次世代移動体通信機能の開発,フェーズI (2013)
  • 科学研究費補助金 基盤研究(C),「弱者の行動快適性を重視した病院建築デザイン手法の開発」(2012-2014)
  • 科学研究費補助金 基盤研究(B),「吉原細見をインタフェースとしたダイナミック浮世絵システムの開発」,(2010-2012)
  • JST 産業イノベーション加速事業費,「超高温熱物性計測システム開発」(2009-2012)
  • 科学研究費補助金 基盤研究(C),発刊110年の評論誌の高付加価値化を目指した知的財産マネジメントシステムの開発 (2008-2011)

《共同・受託による研究活動》

  • 「弱者の行動快適性を重視した病院建築デザインのためのシミュレーションソフトの開発 大成建設株式会社エンジニアリング本部 (2011-2012)
  • 「リスク・コミュニケーションシステム実現に対するデータマイニング技術の有効性調査」 経済産業省(再委託)(2002)
  • 「自己組織型データベースシステムの研究」 文部省(当時) (1994)

社会貢献

【社会貢献活動】
  • 内閣府 準天頂衛星システム戦略室 事業準備分科会 委員
  • Systems Engineering Journal 国際編集委員
  • Systems Engineering Journal 論文査読委員
  • 機械学会論文誌 論文査読委員
  • CORE (Challengers of Rockets Engineering) システムズエンジニアリング教育講師
  • 国際学術会議プログラムコミッティメンバー多数
【所属学協会】
INCOSE (International Council on Systems Engineering),IEEE (The Institute of Electrical and Electronics Engineers),情報処理学会,電気情報通信学会

その他

《国等の提案公募型研究費、企業からの受託研究費・共同研究費の獲得状況》
  • 経済産業省エネルギー庁 平成27年度 UAE宇宙庁支援策公募、UAE選抜学生対象PBL型システムズエンジニアリング教育780千円, プロジェクト分担者, 2016年11月~2017年2月
  • 平成28年度第2次補正予算 IoTサービス創出支援事業に係る提案,18,000千円 2017年5月11日から2018年2月末日