研究科の紹介

創造技術専攻Master Program of Innovation for Design and Engineering

教員紹介

越水 重臣

教 授

越水 重臣

Koshimizu Shigeomi

研究室:154-c

koshi[at]aiit.ac.jp
メール送信時は[at]を@に変えてください

【オフィスアワー】
〔水曜〕 〔17:00-19:00〕

プロフィール

【学歴】
  • 1987年 慶応義塾大学 理工学部 機械工学科 卒業
  • 1989年 慶応義塾大学大学院 理工学研究科 修士課程 修了
【学位】
博士(工学)
【職歴】
  • 1989年 イーストマン・コダック(ジャパン)株式会社
  • 1994年 静岡理工科大学 機械工学科 助手
  • 2001年 静岡理工科大学 機械工学科 講師
  • 2003年 静岡理工科大学 機械工学科 助教授
  • 2008年 産業技術大学院大学 准教授
  • 2014年 産業技術大学院大学 教授

教育

【担当授業科目】
品質工学特論、信頼性工学特論、創造設計特論、ものづくりアーキテクト概論(分担)、イノベーションデザイン特別演習1・2、事業アーキテクチャ特別演習1・2
【平成29年度の取組状況】
  • 学生による授業評価アンケートの結果、いずれの科目でも高い評点を得ることができた。過去、その評点が高かった教員の代表としてFDフォーラムにて「アクティブラーニングの取り組み」と題して講演を行った(平成29年8月4日)。
  • PBLにて、「次世代ショッピングサービス Air Baggageの提案」を実施した。学外の新規事業コンテストやサービス学会などでその成果を発表した。

研究

【専門分野】
品質工学(タグチメソッド)、TRIZ/USITによる技術問題の創造的解決、製品安全と信頼性設計、精密機械、精密加工
【研究キーワード】
イノベーションデザイン、価値創造、技術・製品・サービス・ビジネスのトータルデザイン
【研究業績・著書・論文・その他それに準じる業績】
著書
  • 越水重臣、鈴木真人:実践・品質工学,日刊工業新聞社(2007)
PBL(Project Based Learning)のテーマ
  • 2009年度:足裏圧力による個人認証システムの開発
  • 2010年度:自動車用着座認証システムの開発
  • 2011年度:デジタルサイネージ付自販機による災害情報の配信
  • 2012年度:「感性選曲」 脳波を使った新しい音楽体験のデザイン
  • 2013年度:bw Trackr 脳波による新たな映像体験
  • 2014年度:スマートフォンを用いた道路の快適性評価
  • 2015年度:ウェアラブル心拍センサを用いたワークエンゲージメントの推定とその可視化
  • 2016年度:生体情報を用いたインバウンド観光支援ツール「EEG TRAVELER」の提案
  • 2017年度:次世代ショッピングサービス「AirBaggage」の提案
受賞学術賞
  • 1999年 精密工学会 ベストプレゼンテーション賞
  • 2003年 品質工学会 貢献賞
  • 2008年 品質工学会 銅賞
  • 2011年 Best Professor of the year (産業技術大学院大学)
  • 2012年 Best Professor of the year (産業技術大学院大学)
  • 2015年 Best Professor of the year (産業技術大学院大学)
  • 2015年 品質工学会 貢献賞 銀賞
  • 2016年 Best Professor of the year (産業技術大学院大学)
  • 2018年 Best Professor of the year (産業技術大学院大学)
【平成29年度の取組状況】
国際会議(2件)や国内の学会講演会(7件)にて研究成果を発表し、査読付き論文(1編)が掲載された。また、大学高専連携事業において、超音波溶接に関する共同研究を3年間にわたり行ってきたが、その成果をまとめた論文を紀要に発表した。2社の企業と学術相談の契約を結び、技術相談にも対応した。
論文発表
  • Akitoshi Okamoto, Shigeru Aoki, Katsumi Kurita, Shigeomi Koshimizu: Mechanical Properties of Welded Joint of SUS304 Thin Plate after Reducing Residual Stress using Ultrasonic Vibration, Proceedings of the 8th International Conference on Information, p97-100, (2017)
  • 越水重臣、青木繁、栗田勝実:2つの超音波振動を用いた溶接残留応力の低減、産業技術大学院大学紀要第11号、p.195-199,(2018)
国際会議
  • Akitoshi Okamoto, Shigeru Aoki, Katsumi Kurita, Shigeomi Koshimizu: Mechanical Properties of Welded Joint of SUS304 Thin Plate after Reducing Residual Stress using Ultrasonic Vibration, Proceedings of the 8th International Conference on Information, p97-100, 2017年5月13日
  • Tokuro Matsuo, Shigeomi Koshimizu, Nobuo Sasaki, Seiichi Kawata, Habibah Norehan Haron, Ade Sjafruddin, Zainai Mohamed, Raymund Sison, Biemo Soemardi, Muhammad Saifullah Bin Abu Bakar, Juliana Haji Zaini, Phan Quoc Nguyen. (2017, November 13-16). A Human Capital Development Model in Higher Engineering Professions. The World Engineering Education Forum (WEEF 2017), Kuala Lumpur, Malaysia.
国内学会
  • 大久保友幸,山丸航平,越水 重臣:携帯型脳波計を用いた観光客の印象解析のための印象取得システムの開発、日本知能情報ファジィ学会知的制御研究部会、2017年7月1日
  • 大久保友幸,山丸航平,越水 重臣:携帯型脳波計を用いた観光客の印象解析のための印象取得システムの開発、日本感性工学会、2017年9月11日
  • 越水重臣:バイタルデータを利用した居眠り検知、電子情報通信学会バイオメトリクス研究会、2017年10月12日
  • 松尾徳朗, 越水重臣, 佐々木信夫, 川田誠一, Habibah Norehan Haron, Zainai Bin Mohamed, Ade Sjafruddin, Biemo Soemard, Raymund Siso, Muhammad Saifullah Bin Abu Bakar, Juliana Haji Zaini. (2017, December 9). 高度専門職人材育成プログラムの開発. 国際ICT利用研究学会全国大会(IIARS2017).
  • 岡本明駿、青木繁、栗田勝実、越水重臣ほか2名:SUS304薄板の肉盛溶接時に超音波振動を利用した溶接残留応力低減法を用いた時の材料特性、日本機械学会北陸信越支部第55期総会講演会、2018年3月3日
  • 積田祐介、大久保友幸、越水重臣ほか2名:サービスデザインの実践:生鮮食料品スーパーにおけるスマートショッピングの提案、サービス学会、2018年3月11日
  • 千代田大史、青木繁、栗田勝実、越水重臣ほか2名:肉盛溶接における残留応力低減法が引張強さに及ぼす影響、日本機械学会関東支部第24期総会講演会、2018年3月18日

社会貢献

【社会貢献活動】
学会、協会、公設団体、企業などでの講演活動など多数
【所属学協会】
日本機械学会、精密工学会、砥粒加工学会、品質工学会
【平成29年度の取組状況】
  • APEN-JAIFプロジェクトにおいて、AIIT Multiversity Model を作成し、インドネシア・バンドンで開催されたラップアップ・ミーティングにてその成果を講演した(平成29年5月13日)。また、松尾教授らとAIIT Multiversity Modelについて、教育関係の国際会議WEEF2017 で発表した(平成29年11月14日)。
  • 本学のディプロマサプリメントの取り組みとして以下の講演を行った。
  • 越水重臣:学修成果を確認する仕組み (日本初のディプロマ・サリメント)の開発、JABEE-日工教共催 第10回 国際的に通用する技術者教育ワークショップ、(平成29年12月16日)
  • 新規事業開発に関する品川区連携講座「中小企業のための新規事業の作り方」を企画し、OPIの公開講座として社会人58 名を集めて春休み期間中に開講した(平成30年2月24日、3月3日)。