English

学長あいさつ

高い志を持った学生が集う大学院がここにあります

産業技術研究科長 川田 誠一

明日死ぬつもりで生きよ、永遠に生きるつもりで学べ
―マハトマ・ガンディー(1869-1948)

  本学は、2専攻体制(情報アーキテクチャ専攻、創造技術専攻)から1専攻(産業技術専攻)3コース( 事業設計工学コース 、情報アーキテクチャコース、創造技術コース)体制となりました。マネジメント能力を備えた高度なIT技術者である「情報アーキテクト」という人材と、技術を価値として提供し、産業分野でイノベーションをもたらす「ものづくりアーキテクト」という人材を育成する使命を果たしてきましたが、さらに起業・創業、企業内新規事業、事業承継等を通して未来の価値づくりを担う「事業イノベーター」を育成していきます。

 学生の多くは社会人、日本を代表する企業のフレッシュマンからシニアマネージャクラスの人たち、ベンチャー企業の社長や中小企業の将来を担う人たちなど、高い意欲を持つ人材が本学に集い、大学新卒者と一緒に日々研鑽しています。このような学びの場から独立して起業する人たちもいます。

 本学の教育方法は実践的であり体験的であることに注目してください。実社会で直面する技術課題は演習問題ではありません。それぞれが技術横断的な問題解決を必要とするものです。そして、従来の大学院教育で実施されてきた体系的な知を獲得しているだけで解決できるほど現実の問題は単純ではありません。むしろ従来の知識だけでは、その本質を理解することすら困難な複雑性を持っているのです。本学では、このような現実の問題を解決できる人材を育成するために豊富なケースを用いた授業やPBL型教育を導入し、実践的な業務遂行能力を獲得できます。

 高い志を持った方の入学を待っています。

東京都立産業技術大学院大学 学長
川田 誠一

PAGE TOP