産業振興のためのOPIの活動

OPIについて

OPIの目的

 OPI(OPen Institute オープンインスティテュート)は、本学の教育研究成果を広く社会に還元すると共に、学位等にとらわれず、地域・産業界のニーズにタイムリーに応えたカリキュラムを提供する場として、また、地域・産業界との交流の場として、設置された組織です。

 OPIでは、企業の経営層や技術者はもちろん、本学学生の皆様も対象として、実践的な専門講座、セミナー、フォーラム、研究会を数多く開催しています。また、産学公連携を積極的に希望する企業との共同研究や、近隣地域の自治体との連携事業も実施しています。

OPI長あいさつ

OPI長 海老澤伸樹

地域の社会と産業界に開かれた研究拠点を目指して

 大学には大きく三つの役割が期待されています。第一義はもちろん高度な教育による次世代を担う人材の育成であり、また最先端の研究による知の探求と蓄積です。もう一つの大きな役割がこれらの活動の教育研究成果を社会に還元し、社会の発展に貢献するということです。

 産業技術大学院大学は、公立大学としてより地域に根ざした知の創造と継承を目指し、地域社会と産業界の発展のための拠点として貢献していくことが大いに期待されています。この実践的な活動のため本学ではオープンインスティテュート(OPI : Open Institute)と呼ぶ組織を設置しています。OPIは大学の外に向かって開かれた研究所であり、様々な活動を通じて大学と地域社会との密接なコミュニケーションを図り、地域社会の個々のニーズに適合するように共同で問題の解決を推進しています。例えば地域の企業が自社の研究所をOPIに開設し教員、学生、修了生をも含めたプロジェクトチームを結成して研究開発を推進する、産学協同プロジェクトを企画実行する、などその連携のあり方はニーズや課題に応じて様々です。また通常の共同研究や受託研究、各種の研究会などの実施にも積極的に取り組んでいます。本学は社会人を主な対象とした専門職大学院という特性上、社会人として様々な分野のスキルや経験を持つ学生も在学しています。また海外の大学とのグローバルネットワークを活かした研究など特色ある研究活動が可能です。

 現在、社会・経済は大きく変化する激動の時代を迎えています。特に第4次産業革命といわれるような情報化社会の進展は、必要とされる技術から産業構造ひいては社会の枠組みまでも大きく変化させています。こういった社会変化により、企業として単に技術やビジネスモデルの転換だけでなく、あるべき倫理のあり方までも変化することが予見されています。このような環境の激変に対応し、グローバルな知と連携し新たな研究を促進し地域社会や産業界の問題の解決を図るために、本学のOPIでは二つの新しい研究所を設置しました。一つは社会変化から求められる倫理を研究し企業コンプライアンスやガバナンスのあり方を探る「経営倫理研究所」(Epistemic Research Institute of Social Ethics)と、もう一つは進化するAI技術をIoTなどと有機的に活用し、サービス科学分野での新たな学際的融合を図る「人工知能とサービス科学研究所」です。

 このような本学のOPI活動は単にその成果を地域に還元するだけでなく、大学にとっても新たな社会ニーズや産業界からの要請を知り、さらに研究を発展させる非常に貴重な機会です。このような相互の交流により「地域に開かれた研究拠点」としての大学の存在意義がさらに向上していくと考えます。時代変化に適合しリードしていく研究開発、人材育成などをお考えの企業や各種機関の皆様におかれましたはお気軽にOPIにご相談いただければ幸いです。

2017年4月1日
OPI長 海老澤伸樹