ニュース

2017.04.21本学 Innella Giovanni助教がTED×Napoliで講演を行いました

本学創造技術専攻 Innella Giovanni助教がTED×Napoliで講演を行いました。
講演の様子は以下のリンクからご覧いただけます。

<講演概要>
植物は根から土壌の金属を吸収します。いくつかの植物は、成長する土壌に含まれている亜鉛、銅、ニッケルなど一定の重金属を吸収することに特に優れており、葉にこれらの金属を蓄積します。
これらの植物は重金属蓄積性植物(ハイパーアキュムレータ)として知られています。蓄積された金属は、植物の葉を採取し、バイオマスを燃焼させることによって抽出することができます。このプロセスはフィトマイニングと呼ばれます。この考え方から出発して、GeoMerceは農業についての一般的な考え方を再考します。蓄積された重金属の多くはロンドン金属取引所のような国際市場に上場されているため、畑や作物は金銭的価値が絶えず変化する首都の源泉および貯留地としての金融資産になります。このインスタレーションでは、セレクトされた植物の金属吸収プロセスが常に監視されています。植物内の金属の価格は、蓄積された金属のリアルタイム値によって乗算されます。その結果、植物の価値は、金属の市場価値および植物の蓄積パフォーマンスに応じて絶えず変化します。 Geomerceは、生物学と金融、現実と投機の間を探るプロジェクトです。

Plants absorb metals from the soil through their roots. Certain plants are particularly good at absorbing certain heavy metals such as Zinc, Copper and Nickel from the soil where they grow, and accumulating these metals in their leaves. Those plants are known as hyper-accumulators. The accumulated metals can be extracted by harvesting the plants’ leaves and burning the biomass. This process is called phyto-mining. Starting from this notion, GeoMerce reconsiders the way we commonly think of agriculture. Since many of the accumulated heavy metals are listed on international markets like the London Metal Exchange, fields and crops become financial assets as sources and reservoirs of capitals whose monetary value changes continuously. In this installation, the metal absorption process of selected plants is constantly monitored. The amount of metal in the plants is multiplied by the real-time value of the accumulated metals. As a result, the value of the plants varies constantly according to the metals’ market value and the plants’ accumulation performances. Geomerce is a project that finds its space between biology and finance, reality and speculation.

ニューストップへ戻る