ニュース

2012.11.29情報アーキテクチャ専攻 成田教授が「電気科学技術奨励賞」を受賞しました。

授賞式の様子(中央が成田教授)

 本学の情報アーキテクチャ専攻 成田雅彦教授が11月27日に財団法人電気科学技術奨励会より「電気科学技術奨励賞」を受賞しました。

 受賞項目は、「マルチベンダによる分散システムとウェブサービスの相互接続検証」で、佐治信之氏(ルピシアオンライン)と鈴木俊宏(日本オラクル)と共に、アプリケーションサーバ製品に関連したDOPG(分散オブジェクト推進協議会)の活動が評価されたものです。

 この賞は電気科学技術に関する発明、改良、研究、教育などで優れた成果を挙げ、今後も成果の期待できる人物に与えられますが、電気科学技術分野での永年にわたる勤務中の努力の顕著な人を対象にしているのが特徴の一つです。
 昭和27年よりわが国の電気科学技術に貢献した功労者を顕彰してオーム技術賞を贈呈し、平成24年度で60回を重ねています。

ニューストップへ戻る