研究科の紹介

在校生・修了生の声

 大学院案内や様々なメディアにとりあげられた本学の在校生・修了生の声をアーカイブしています。
 本学への入学を御検討されている方はもちろん、産業界、教育界の皆さまをはじめ、多くの皆さまに本学の魅力が伝われば幸いです。

  • 情報アーキテクチャ専攻
  • 創造技術専攻
  • ディアインタビュー
  • AIIT 成功体験インタビュー

情報アーキテクチャ専攻

尾崎 敏司さん
(産業技術研究科 情報アーキテクチャ専攻 2年)

AIITへの入学や学びに対する積極的な姿勢が、会社で好評価。
直接業務の枠を超え、仕事へのモチベーションもアップ。

尾崎 敏司さん

 私は物性物理学の分野で修士課程を終え、ソフトウェアメーカーでテクニカルサポート・エンジニアを務めています。入社前から、修学と仕事の分野のギャップに多少の不安を感じていたのですが、研修で同期のスキルレベルや専攻分野を知った際にそれが確信となり、確かな技術的背景を作るためにAIIT への入学を決めました。仕事において実地で学ぶとい う手もありましたが、業務に集中して小手先になるのが怖かったので、体系的に学習し、より早く専門性を獲得することを狙いました。また、自分は学問の奥深さや広範な知識に魅力を感じるので、それをIT の分野でも体感したいという気持ちもありました。

 AIIT での学びを通して、入学当初の目的には十分コミットできていますが、それ以上に、担当業務の枠を超えて収穫が多いと感じています。

 例えば、普段携わることのないデータベースやネットワークの構築は、顧客の環境や製品仕様に深くかかわる部分なので、自分の手で構築する機会を講義のなかで持てたのは非常に良いタイミングでした。また、PBL で行っているデータ解析の分野は業務にかかわることがないので、AIIT に入学しなければ触れる機会はありません。その一方で、会社としてはビッグデータ解析を積極活用したいと考えているようなので、今後のキャリアパスの布石になる可能性があります。

 私は新卒で、技術的な背景がないにもかかわらず、製品や専門的なIT に対する知識が要求される部署に配属されたわけですが、そこには、AIIT への入学や学びに対する積極性を評価された可能性があります。まずは、現在のPBL での研究を業務に生かすことを目指しますが、学びへの意欲を失わず、将来的には博士課程に進み、研究者としてさらなるキャリア 形成を図りたいと考えています。

加藤 嘉津子さん
(産業技術研究科 情報アーキテクチャ専攻 2年)

学修を支援する制度を有効活用。
「強化したいスキル」と「これから身につけたいスキル」のための独自カリキュラムでスキルアップ。

加藤 嘉津子さん

 私は、IT 企業で金融系システムの開発・運用保守・管理の仕事をしています。本学では、現在の職場にスキルアップし貢献すること、また今後活躍の場を広げるためにプレゼンテーション能力(資料作成能力・説得力)を身に付けること、そして自分の強みを探し必要なコンピテンシーを身につけたいと思い入学いたしました。

 これら実現にむけて、本学での学びについてお伝えいたします。情報アーキテクトを学ぶにあたり豊富なカリキュラムが用意されています。「強化したいスキル」と「これから身につけたいスキル」について独自にカリキュラムを組み立て学ぶことができます。取得したいスキルは、シラバスを参考にして選択しています。講義は、4クォータ制1科目15回で構成されています。講義の資料は、授業の内容に即した独自のものが用意されているため、簡潔で効率的かつ効果的な内容になっていると感じています。資料に刻まれた用語の理解を深めることにより更にスキルアップが可能です。演習も多く取り入れられており、グループ演習や個別演習等、発表やディスカッションを通して新たな発見を得られていると感じています。また講義から出される課題は、その講義の理解を深めるための纏めであったり、課題を克服することによりスキルアップは元より新たな気づきが生まれます。そして豊富な経験を持つ先生方からのご指導や異なる環境から集まった学友との交流によりコミュニケーションも広がり、時には卒業した先輩からお話を聞くこともできるため視野が広がります。入学に迷いがあれば、まずは学校の門を叩いてみることをお勧めします。迷いがあれば「科目履修」からのスタート、多忙であれば「長期履修制度」等の方法もあり、学習支援制度が用意されています。ちなみに私は、10 月入学で1 クォータ2 ~ 3 科目を受講し、「長期履修制度」を利用しています。まずは入学という1歩を踏み出し、自分の 肌で体験してみませんか。今までとは違う世界観が広がります。

落合 瑛史さん
(産業技術研究科 情報アーキテクチャ専攻 平成25年度修了生)

周囲からの刺激を受け、満足いく学業成績を残すと同時に、
学友からの紹介で転職も実現し、将来の夢に一歩近づく。

落合 瑛史さん

 私がAIIT への進学を決意した理由は、端的にいって学位および知識の習得のためです。それまでの最終学歴は専門卒で、海外での就職など学歴が必要な際に不利に働く可能性がありました。また、これまでの知識習得は独学でしたので、専門的な機関で体系的に学び、併せて学位を得たいと考えました。

 現在、仕事ではSIer のプロジェクトに下請けとして従事していますが、将来的にはチーム運営やプロジェクト・マネジメントに携わりたいので、講義についても、データベースやネットワーク関連のほかに、IT ビジネスやマネジメント関連の講義も受講しました。

 PBLでは、ネットワークとロボットについての研究活動を、「遠隔ロボットキャンパス案内システム」というテーマで行いました。研究のなかで、モバイルデバイスやセンサー、画像処理、低レイヤープログラミング、ゲームエンジンなど、普段の業務では扱うことのない技術を数多く経験できたのは大きな収穫です。また、PBL と並行してenPiT 活動の補佐も行い、ブルネイ国家大学でロボットに関するプレゼンテーションやデモ、ドキュメントの作成などに携わったことも貴重な経験です。

 これらの研究活動を通じて、他業種の方々の多彩な能力に触れることができ、AIIT での学びはスキル・キャリアアップにとても適していると実感しました。正直なところ、入学前は専門卒の自分が大学院での学びについていけるのか不安でしたが、それは杞憂に終わりました。周囲からの刺激もあってか、結果的には優秀学生として表彰される実績を残すことができ、うれしく思っています。実は、学友からの紹介がきっかけで、8 月からは転職して新しい職場での仕事がスタートします。AIIT での学びがより役立ちそうなので、将来の夢に向かって今以上に励みたいと思います。

創造技術専攻

小杉 晋央さん
(産業技術研究科 創造技術専攻 2年)

自身にないスキルを上積みすると同時に、
異分野の才能や考え方に触れられたのが大きな収穫。

小杉 晋央

 新卒入社以来、ソフトウェア・エンジニアとして様々なコラボレーション製品の開発、新機能のプロトタイピングに携わり、3 年ほど前に基礎研究の部署に異動しました。人と人が関わるための新たな機能や枠組みを提案する過程で、先進的な概念に触れ、提案できる基礎研究の場にいたいと思い始めたからです。AIITで学ぶことを決めたのは、研究職に携わるうえで学位を取得する必要性を感じたことがあります。その上で、学際を融合した知識、技能を身につけたいという考えから、創造技術専攻を選択しました。

 近年、特に人とのインターフェースを課題とするソフトウェアの領域では、「ウェアラブル」「AR」などのキーワードに見られるように、画面の向こうにある情報としての境界を越えて、物理的な人の体とのかかわりを持った形でのパッケージングが求められつつあります。そこで、現在持ち合わせているソフトウェア技術に加え、人が触れる部分としてのハードや感性の側面での技能を身につけたいと考えました。実際、様々な専門分野を持つ教授、生徒との授業、グループワークでのコミュニケーションを通じ、これまでは“あちら側”の世界だったデザイナー、ハードウェアエンジニアの考え方や知識、方法論が把握できたのは収穫のひとつです。

 また、社会人学生の立場から、「失敗の可能性がある選択肢にチャレンジできる」機会は得難いものと感じます。最低限そこから学びを得ることを前提にしながらも、PBL発表で実験的なプレゼン手法を試したり、要素技術についての可能性が疑われる中でも、論文を検索しつつ、長い期間をかけて試行錯誤しながら形にするといった経験は、学びの場ならではの醍醐味だと思います。

 本専攻は、物作りに関わる様々な分野の知識や集った人の経験を吸収しつつ、自由に考え、果敢に挑戦できる、得難い場所と感じています。

鄭 瑞芬さん
(産業技術研究科 創造技術専攻 2年)

学生の多様さと実践的な授業。
ものをつくる理由や背景を学んだことが、将来にむけた「原動力」に。

鄭 瑞芬さん

 私は中国の大学と日本の大学で、プロダクト・デザインを学びました。そこでは、デザインや工芸に関する知識や理論を学びましたが、それだけでは「モノづくり」を実践することはできません。商品企画から生産までを担当できる工業デザイナーとして実践力を身につけたいと、AIIT に入学しました。

 AIIT の魅力の1つ目は、学生が多様であるということです。バックグラウンドや年齢も様々な社会人、大学を卒業したばかりの学生、留学生が一緒に学んでいます。授業やPBLでは、多様な学生がチームを構成して議論し、社会人学生と若い学生が刺激しあい、コミュニケーション能力と豊富な情報が吸収できる場になっています。これは、社会での業務経験のない私にとって、AIIT で得ることができる貴重な経験の一つです。

 2つ目は、豊富な実務経験と高い研究実績を有する実務型の先生の授業を受けられることです。授業やPBL を通じて、機能、サービス、材料、環境、コストなど、様々な視点から考えることを学び、商品企画からデザイン、製造まで担当できる能力を身につけることができたように思います。これは、第一線で活躍してきた先生方の指導だからこそのことだと思います。

 私はAIIT に入学して、モノづくりのプロセスに必須な実践的な技術や知識を学び、自分の強みを見つけることができました。ものをつくることの理由や背景から得た知見が、今の私の「原動力」になっています。現在、産学連携デザインイノベーション事業に参加しています。企業と連携しコンセプトから商品化までを行う、私にとって実践能力を鍛える大きなチャンスです。そして、修了後は日本の企業で、AIIT で学んだことを活かしてものづくりに挑戦したいと考えています。

三浦 涼さん
(産業技術研究科 創造技術専攻 平成25年度修了生)

講義で身につけた『知識』をPBLで『実践』
学んだことは「相手の心を動かすことの大切さ」

三浦 涼さん

 私は小さなメーカーで設計職を務めており、実務の傍ら業務改善などの提案を行いましたが、受け入れてもらえず悔しい思いをしていました。上司を納得させるだけの知識やプレゼン能力の必要性を痛感する中で、AIITを知りました。

 講義では、自身の経験に似た事例が頻出することに驚きました。教授陣に実務者が多く、実務に根ざした講義は、業務に活かせるヒントの宝の山のようでした。

 そうして身につけた知識を実践出来たのが、PBLです。講義などで学んだことを存分に試すことができました。工学一筋だった私が、デザイン系のプロジェクトでマネージャーを務めたことも、多彩な教授陣と学生が集う本学ならではの体験でした。

 そのPBLで学んだことのひとつが「相手の心を動かすことの大切さ」です。どんな提案でも、聞き手の心を動かせなければ受け入れてもらえません。そのためにアイディアを磨き、デザインを洗練し、相手が求める情報をわかりやすい「カタチ」にして提案し、心を揺さぶる。PBLではその手段や方法を習得できました。ものづくりへの情熱溢れるメンバーの間には専門や年齢の違いは関係なく、先生の熱心な指導もあり、忙しくも充実した1年間でした。その成果をたくさんの聴衆が集まる成果発表会で発表出来たことも、大きな自信になりました。

 在学中に転職活動を行い、現在は中堅の製薬メーカーで働いています。会社からは本学を高く評価していただきました。スキルアップのつもりがキャリアアップにもなったのは嬉しい誤算です。学んだことを、新たなモノづくりの現場で活かせるのが楽しみです。

 現状に閉塞感や疑問を感じている人に、特に入学をお勧めします。きっとあなたを変えるだけの何かを、AIITでは得られると思います。

AIIT 成功体験インタビュー

 本学での学修をはじめとした各種活動について、皆様に実感を持って、具体的なイメージをお持ちいただけるよう、プロの記者による修了生など成功体験者への「AIIT 成功体験インタビュー」を実施いたしました。

 実体験に基づくインタビューとなっているため、どのような学生が、どのようなことを学び、どのような成功につながったのかなどをわかりやすく御理解いただけるものと思います。

 順次更新していきますので、本学への入学を御検討されている方はもちろん、産業界、教育界の皆さまをはじめ、多くの皆さまに本学の魅力が伝われば幸いです。

【インタビュアー】
米田 真理子
 フリーランスの記者として『週刊ダイヤモンド』や『プレジデント』『週刊新潮』などに執筆。金融・経済、経営分野を得意とし、業種を問わず新しいビジネスモデルを紹介する記事やトップインタビュー、大学・大学院を取材した記事も多い。京都大学法学部卒業。