研究科の紹介

産技大で学ぶ。

修了生たちのキャリアデザイン
産技大で学ぶ。修了生たちのキャリアデザイン トップへ
キャリアチェンジ 40代
  • 河野 光伸さん
  • 三好 きよみさん
河野 光伸さん

河野 光伸さん

PROFILE

株式会社河野ビル
株式会社河野洋酒店
株式会社handson
代表取締役
成蹊大学卒業 情報アーキテクチャ専攻 2009年修了

プロジェクトマネジメントの手法を地域振興に活かす プロジェクトマネジメントの実践的学習の場

 家業の不動産賃貸業で問われるのは、経験に基づく目利きの力と専門的な法令の知識。仕事で会うのは不動産を専門とする人が大半です。そのため私は社会への視野を狭めないようITやビジネスについて広く学ぶことを心がけ、社会人向けのセミナーも受講していました。PMP(プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル)も入学前に取得しています。
 資格取得後、プロジェクトマネジメントへの関心は一層高まり、専門の大学院でしっかり学ぼうと考えました。AIITを選んだのも、PBLに魅力を感じたから。IT企業でプロジェクト管理の豊富な経験を持つ教授と共に、実践的に学ぶことを期待しました。
 セミナー会社での講義と重複する内容も多いだろうと思っていましたが、授業を受けた実感は別もの。資格とは実務でいかに活かせるかにより価値が問われることを実感するとともに、私にとってはその実践的学習の機会となりました。

大規模プロジェクトを成功に導くための研究

 PBLは、前・後期で異なるテーマに取り組みました。前期はSCMを構築するITプロジェクトの教育教材で学習。各フェーズでメンバーが交替でプロジェクトマネジャーとなりプロジェクトを進めます。仕事では接することのない異世代・異業種とのチーム運営自体、私には新鮮な経験となりました。
 後期は新メンバーを加え、IT以外の分野でのプロジェクト手法を研究。東京マラソンを立ち上げた方へのインタビューなどから、さまざまな業界に共通する大規模プロジェクトを成功に導く手法について考察し、研究成果発表を行いました。

多様な分野に応用できるプロジェクト管理の手法

 私の考えるプロジェクトマネジメントのポイントは、優秀なプロジェクトマネジャーの頭の中を分析してその手法を自分に応用すること。「『段取り力』がつく」と簡潔に述べた先生もいました。実際、AIITで学んで以降、現場にいながら頭の中でプロジェクトマネジメントプロセスを回し、仕事が速く確実になったことを実感しています。例えば、プロジェクトの初期計画段階でゴールを見極め、そこに至る道のりを明確に思い描くことが容易になり、その過程での無駄や抜けを最小限にとどめることもできるようになりました。
 ちなみに私の場合その実践は、会社がある西新宿の地域振興。特に秋恒例の祭礼ではプロジェクトマネジメントの手法を活用し、音楽イベントで大きな集客を実現しています。さらに最近は、縁あって屋久島の地域活性化活動にも携わるようになり、現在は地ビールの開発と災害対応を想定したミニFM局の開局を目指し、新会社立ち上げに向けて活動しています。
 AIITで身につけたプロジェクトマネジメントの能力は多様な分野で応用できることを、私自身が実証しているのではないでしょうか。

三好 きよみさん

三好 きよみさん

PROFILE

株式会社東証システムサービス所属
(筑波大学 ビジネス科学研究科
企業科学専攻 博士後期課程在学中)
愛知教育大学卒業 情報アーキテクチャ専攻 2008年修了 創造技術専攻 2012年修了

経験を体系化し、新たな可能性を開く 断片的な専門知識のすき間を埋め体系化を目指す

 AIITを知ったのは、勤務していたパッケージソフトウェアの会社がIBM傘下となり、日本IBMに所属するようになった頃。それまでにパッケージソフトウェアの開発から運用・保守までを一通り経験していましたが、教育学部出身の私はITを基礎から積み上げるように学んでおらず、仕事で求められるスキルをその都度身につけてきました。
 しかし、理系の修士号を持つ研究開発職に囲まれ仕事をするなかで、ITに関する断片的な知識を結びつけ、自分の中で体系化する必要性を感じ始めました。先輩のやり方や経験を頼りにしたプロジェクトマネジメントの手法や未経験だったJAVAなどを学べることなども知り、AIITで学び直そうと入学を決めました。

職場の実務と教室の学びがリアルタイムにリンク

 AIITの授業は、仕事にそのまま活かせる内容を多く含んでいました。また、経験的に身につけたことのITにおける位置づけや価値などを、論理立てて理解できるようにもなりました。奇しくも仕事で取り組んでいたデータベースについては、職場で最先端を研究しながら、教室では基礎を学び、それらが日々リンクするという社会人学生ならではの経験をしました。これは、AIITの授業が常に実践を想定しているからだと思います。
 職業経験を持つ社会人が実践的理論を学び成長する面白さを知った私は、情報アーキテクチャ専攻修了後、創造技術専攻に再入学します。
 創造技術専攻ではMOTをはじめとする経営系の授業を通して、経営的視点や問題解決思考を獲得。デザイン系の授業では、訴求力の高いプレゼンテーション資料の作成法などを学びました。
 2専攻で異分野・異世代の学生と共に学び、私の世界観や知識体系、いまに続く人脈は大きく広がりました。

IT分野を俯瞰できる多視点を身につける

 現在の私は、IT分野での人材育成や能力開発に関わる仕事に従事しています。在学時に果たした転職はAIITで築いた人脈によるもの。AIITで身につけた知識や手法を礎に、教育プログラムの企画・提案では経営者の思考を理解し、技術系スタッフともコミュニケーションしています。また自社の採用活動では、AIITのグループワークやPBLで若い世代と交流した経験が活かされています。
 そして現在は、人材育成に関わる分野での博士号取得を目指し学んでいます。AIITを経て私は、学び続けることが自分自身も思いも寄らない可能性の開花につながることを実感しています。