研究科の紹介

情報アーキテクチャ専攻Master Program of Information Systems Architecture

教員紹介

中鉢 欣秀

准教授

中鉢 欣秀

Chubachi Yoshihide

研究室:539

yc[at]aiit.ac.jp
メール送信時は[at]を@に変えてください

【研究室サイト】
https://researchmap.jp/ychubachi/
【オフィスアワー】
火曜日 17:00-18:00
(念のためメールで連絡のこと)

プロフィール

【学歴】
  • 2004年10月 慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 学位取得
  • 2001年 3月 慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 博士課程 単位取得退学
  • 1997年 9月 慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 修士課程 修了
  • 1995年 9月 慶應義塾大学 環境情報学部 卒業
【学位】
博士(政策・メディア)(慶應義塾大学)
学位論文「シナリオ図解化分析と状態機械によるソフトウェア設計」
【職歴】
  • 2006年4月-現在 産業技術大学院大学 情報アーキテクチャ専攻 准教授
  • 2005年4月-2006年3月 科学技術振興機構(JST) PD級研究員
  • 2003年11月-2014年3月 慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 講師(非常勤)
  • 2001年9月-2003年10月 慶應義塾大学 環境情報学部 非常勤講師
  • 1997年11月 -2005年3月 合資会社ニューメリック 社長(無限責任社員)

教育

【担当授業科目】
情報アーキテクチャ特論3 ,フレームワーク開発特論 ,コラボレイティブ開発特論,ビジネスアプリケーション特別演習,コミュニケーション技術特論2,情報アーキテクチャ特論1,情報システム学特別演習1,情報システム学特別演習2
【平成27年度の取組状況】
■修士課程科目関連
  • 「コミュニケーション技術特論2」では、情報システムのアーキテクトとして必須のロジカルシンキングを中心とした授業を行った。グループワーク形式の演習も取り入れ、学生とのディスカッションを行いながら、論理思考力強化のための授業を行うことができた。
    本年度は、中間課題の提出物をクラスでレビューする時間を2コマ(うち1コマは授業時間外)とり、充実したディスカッションができたとの評価を得た。
  • 「ソフトウエア開発特論2(フレームワーク開発特論)」では、Ruby言語とそのエコシステム(開発を支援するためのツール群)について取り上げ、ソフトウエアの部品化技術(Component Based Development)の観点から、Gemと呼ばれるコンポーネント化技術を中心に基盤技術から応用技術まで解説した。
  • 「情報アーキテクチャ特論3」では、情報システムのアーキテクチャをモデリングするために欠かせないオブジェクト指向型分析について、モデルを表記するためのUMLに関する知識獲得のみならず、モデリングという行為そのものについての概念説明も行い、実践的な授業内容にすることができた。この授業は完全なブレンデッド型として実施した。
  • 「情報システム学特別演習」では、アジャイル型開発方法論を習得するためのソフトウエア開発プレジェクトを実施した。他母語によるプログラミング学習を支援するための「OoTalk」と名付けたWebアプリケーションを開発した。この開発を通して、学生はアジャイル開発手法を深く学ぶことができた。
  • 「情報アーキテクチャ特論1」では、計算機アーキテクチャの進化の歴史的ストーリーを中心に2コマ授業を行った。
■enPiT科目関連
  • スクラムコース及びグローバルコースのプログラム全般について学習内容の計画から実施、客員・特任教員の支援、広報担当としての業務など、全般にわたって取り組んだ。
  • 両コースの事前学習科目である「コラボレイティブ開発特論」を担当し、最先端のクラウド型開発環境や仮想開発環境を用いて円滑な協同開発を行うためのツール群を中心に学生に指導した。この知識は後に続く分散PBLを実施する際に活用できるものであり、多くの学生が本授業で獲得した知識を用いて開発プロジェクトを実施することができた。
  • スクラムコースでは、特任准教授、客員教授による指導の補助を行い、学生に対しては技術的な事柄を中心としてアドバイスを行った。また、アジャイル開発の専門家との交流を深め、教育内容の改善に資する様々な情報交換を行うことができた。
  • グローバルコースでは、ベトナム・ブルネイ・ニュージーランドの各チームの活動をスーパバイズした。
  • AIITにおける成果発表会では内容の企画から運営までにおいて中心的役割を担い、プレス対応(WIRED等)をする等の広報活動も行った。
  • 8月にFD合宿をはこだて未来大で開催した。BizApp領域の教員及びScrumコーチに参加して頂き、PBLをテーマに教育手法の改善を探るためのワークショップを開催した。アジャイル開発の本質理解を学ぶPBLのあり方についての議論を深めることができた。

研究

【専門分野】
情報学/ソフトウェア/ソフトウェア開発方法論,科学教育・教育工学/教育工学/ソフトウェア技術者教育
【研究キーワード】
ソフトウェア開発方法論,要求工学,アジャイル開発,IT人材育成,PBL,グローバルPBL,プロジェクトマネジメント,オブジェクト指向開発プロセス,オブジェクト指向モデリング,ソフトウェアアーキテクチャ設計,プログラミング言語,環境情報学
【研究業績・著書・論文・その他それに準じる業績】
■論文
  • 中鉢 欣秀, 小山 裕司: チームによるアクティブなソフトウェア開発演習のための協調作業スキルセット教育の試行, CIEC(コンピュータ利用教育学会)PCカンファレンス北海道2016, pp.1-2, 2016年10月
  • 酒瀬川 泰孝, 磯崎 洋一, 中鉢 欣秀: SCRUM Based Learning Learning SCRUM in SCRUM Teams based on SCRUM Theory Aim to Organizational Agile Transformation, 情報処理学会研究報告コンピュータと教育(CE), Vol. 2016-CE-136, No. 17, pp.1-8, 2016年10月
  • 中鉢 欣秀: AIIT における実践的 Scrum 技術者教育の取り組み, 日本ソフトウェア科学会(JSSST)第 33 回大会 (2016 年度 ) 講演論文集, pp.1-6, 2016年9月
  • 中鉢 欣秀: アジャイル技術者育成のための開発方法論教育, 教育システム情報学会(JSiSE2016)第41回全国大会, pp.313-314, 2016年8月
  • 中鉢 欣秀: アジャイル教材製作スタジオの構築とその有用性, 産業技術大学院大学紀要, No. 9, pp.55-60, 2015年12月, 査読有り
  • 中鉢 欣秀: アジャイル開発の本質理解とグローバル人材育成のための PBL 教育, 教育システム情報学会(JSiSE2015)第40回全国大会, pp.191-192, 2015年9月
  • 大岩 元, 中鉢 欣秀: 文法最小化を目指した日本語プログラミング言語「敷島」, 情報科学技術フォーラム講演論文集, Vol. 14, No. 3, pp.469-472, 2015年8月
  • 中鉢 欣秀: アジャイル教材製作スタジオの構築, 日本 e-Learning 学会第17回学術講演会, pp.1-6, 2015年2月
  • 中鉢 欣秀: モダンなソフトウエア開発者育成のための技術教育, 日本ソフトウェア科学会大会論文集, Vol. 31, pp.121-125, 2014年9月
  • 中鉢 欣秀, 小山 裕司: クラウド型ソフトウエア開発環境を利用した遠隔地とのPBL, CIEC(コンピュータ利用教育学会)2014 PCカンファレンス, pp.1-2, 2014年8月
  • 土屋 陽介, 中鉢 欣秀, 成田 雅彦: 3か国の大学による国際共同開発PBL, 産業技術大学院大学紀要, No. 8, pp.115-118, 2014年, 査読有り
  • 中鉢 欣秀: enPiTプログラムにおける遠隔PBLとアジャイル教材開発, 産業技術大学院大学紀要, No. 8, pp.109-113, 2014年12月, 査読有り
  • 酒瀬川 泰孝, 中鉢 欣秀 他: ロボットサービスの国際開発プロジェクトモデルにおけるアジャイル型ソフトウェア開発プロセスScrumの適用, 産業技術大学院大学紀要, No. 7, pp.59-66, 2013年12月, 査読有り
  • 中鉢 欣秀, 小山 裕司: クラウドと仮想化技術を用いたWebアプリケーション開発演習環境, CIEC(コンピュータ利用教育学会)PCカンファレンス北海道2013, pp.1-2, 2013年11月
  • 酒森 潔, 中鉢 欣秀, 川田 誠一: ビジネスアプリケーション分野における実践型PBLプログラム, 日本ソフトウェア科学会大会論文集, Vol. 30, pp.295-300, 2013年9月
  • 須澤 秀人, 川木 富美子, 酒瀬川 泰孝, 木崎 悟, 土屋 陽介, 酒森 潔, 中鉢 欣秀: 学生を対象としたScrum型ソフトウェア開発教育の実践に関する考察, プロジェクトマネジメント学会研究発表大会予稿集, Vol. 2013, pp.292-297, 2013年3月
  • 中鉢 欣秀, 中鉢 直宏: 社会人学生を対象とした情報系PBLのための評価モデルの提案, 情報処理学会研究報告コンピュータと教育(CE), Vol. 2013, No. 10, pp.1-6, 2013年2月
  • 中鉢 欣秀, 小山 裕司: AIITにおけるプロジェクト型学修(PBL)のためのBacklogシステムの導入, 情報処理学会研究報告. IOT, [インターネットと運用技術], Vol. 2012, No. 3, pp.1-3, 2012年9月
  • 木崎 悟, 中鉢 欣秀: 国際PBL実施によるプロジェクトマネージャ育成環境の構築(<特集>プロジェクトマネジメント教育), プロジェクトマネジメント学会誌, Vol. 14, No. 2, pp.15-20, 2012年4月
  • 木崎 悟, 増永 純也, 河口 友木, 土屋 陽介, 中鉢 欣秀: 2310 国際的PBLと国内で実施されるPBLの「見える化」による分析と考察(一般セッション), プロジェクトマネジメント学会研究発表大会予稿集, Vol. 2012, pp.257-262, 2012年3月
  • 中鉢 欣秀, 小山 裕司, 石島 辰太郎: 産業技術大学院大学のICT環境の運用と課題, 情報処理学会研究報告インターネットと運用技術(IOT), Vol. 2012, No. 11, pp.1-4, 2012年3月
  • Satoru Kizaki, Chubachi Yoshihide: Improvement of Collaborative Work on Software Development PBL in a Distributed Environment, 3rd International Problem-based Learning Symposium 2012, 2012年3月, 査読有り
  • 中鉢 欣秀: PBLにおける協創型ソフトウェア開発モデルへのアプローチ, 産業技術大学院大学紀要, No. 6, pp.189-192, 2012年, 査読有り
  • 小山 裕司, 中鉢 欣秀: 小規模ソフトウェアの効率的開発を実現するPBL教材の開発, 産業技術大学院大学紀要, No. 6, pp.143-146, 2012年, 査読有り
■講演・口頭発表等
  • 中鉢 欣秀, アジャイル開発スクラムにおける要求獲得としてのゴール指向, 情報処理学会ソフトウェア工学研究会(SIGSE)ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2016(SES2016)(要求工学ワークショップ), 2016年8月23日
  • 中鉢 欣秀, プロダクトバックログを用いた要求の取り扱い, 情報処理学会ソフトウェア工学研究会(SIGSE)要求工学ワーキンググループワークショップ in 高崎, 2016年5月19日
  • 中鉢 欣秀, アジャイルソフトウェア開発における概念モデルの可能性, 情報処理学会ソフトウェア工学研究会(SIGSE)要求工学ワーキンググループワークショップ in 姫路, 2015年10月29日
  • 中鉢 欣秀, アジャイル開発と要求工学(2), 情報処理学会ソフトウェア工学研究会要求工学ワーキンググループワークショップ in 熊本+高千穂, 2014年10月11日
  • 中鉢 欣秀, アジャイル開発と要求工学, 情報処理学会ソフトウェア工学研究会要求工学ワーキンググループワークショップ in 一関, 2014年5月23日
【平成27年度の取組状況】
  • アジャイル教材開発スタジオの構築作業を行い、業務クオリティのビデオ教材を迅速に開発できるシステムの構築を行った。
  • この研究の成果を「アジャイル教材製作スタジオの構築とその有用性」として 産業技術大学院大学紀要にて発表した。
  • 情報処理学会要求工学ワークショップにて、「アジャイルソフトウェア開発における概念モデルの可能性」をテーマに発表した。

社会貢献

【社会貢献活動】
  • 講座審査小委員会 委員, 特定非営利活動法人 実務能力認定機構, 2008年4月 - 現在, 【運営参加・支援】
  • アプリ開発人材育成講座<応用編> 総監修, 高知県文化生活部まんが・コンテンツ課, 土佐まるごとビジネスアカデミー, 2016年11月 - 2017年3月, 【講師, 企画】
  • はこだて未来大学 Git/GitHub演習, はこだて未来大学, 2016年10月12日【講師】
  • 要求工学セッションリーダー, 情報処理学会ソフトウェア工学研究会(SIGSE), ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2016, (東洋大学白山キャンパス), 2016年8月31日【司会, 企画】
  • 筑波大学 GitHub入門, 筑波大学, enPiT短期集中合宿 2016, 2016年8月18日【講師, 企画】
  • スマートフォンアプリ開発を通して学ぶアジャイル開発実践講座, NTTデータ, 2016年7月26日 - 2016年7月29日, 【講師, 企画】
  • アプリ開発人材育成講座<基礎編>「アプリ開発方法論」, 高知県文化生活部まんが・コンテンツ課, 土佐まるごとビジネスアカデミー, (高知市産学官民連携センター), 2016年6月11日【講師, 企画】
  • ECサイト構築を通して学ぶ アジャイル開発実践講座, NTTデータ, 2016年3月1日 - 2016年3月4日, 【講師, 企画】
  • 情報システム導入 特別委員, 警視庁, 2015年4月 - 2016年3月, 【助言・指導】
  • 要求工学セッションリーダー, 情報処理学会ソフトウェア工学研究会(SIGSE), ウインターワークショップ2016・イン・逗子, 2016年2月4日 - 2016年2月5日, 【司会, 企画】
  • 健康管理総合システム導入技術審査委員会, 警視庁, 2013年4月 - 2014年3月, 【助言・指導】
【所属学協会】
情報処理学会, 電子情報通信学会, 日本ソフトウェア科学会, CIEC(コンピュータ利用教育学会), 日本e-Learning学会, 教育システム情報学会, 湘南藤沢学会, 情報システム学会
【平成27年度の取組状況】
  • NTTデータにおいて「ECサイト構築を通して学ぶアジャイル開発実践講座」と題して4日間の技術者研修を企画・開発し、講師を務めた。特長としては、アジャイル開発におけるサービス企画から実装までの流れの全体をカバーする内容であったこと、「スプリント」の概念を「スプリントゲーム」としてゲーミフィケーションして理解しやすく体験できるようにしたこと等である。
    これらの工夫をしたことで、この研修は「(研修にしては珍しく)実務に役に立つ内容だった」として大好評を博した。参加者のアンケート(10名分)によると受講者の満足度は、5名が5段階評価で5とし、残りが4との評価であった。
  • 特定非営利活動法人 実務能力認定機構 講座審査小委員会 委員 として、講座の審査に協力した。
  • 警視庁の情報システム導入の技術委員として、仕様の策定・総合評価方法の検討・総合評価などの業務を担当した。
  • 2/4~5に開催された情報処理学会「ウインターワークショップ2016・イン・逗子」にて「要求工学」セッションのリーダを務めた。

その他

■科学研究費
コ・クリエイティブなソフトウェア開発者を育成するPBL型教育,科学研究費: 基盤研究(C),研究期間: 2013年4月-2016年3月,代表者: 中鉢 欣秀
情報システムアーキテクト育成のための遠隔教育システム,科学研究費: 若手研究(B),研究期間: 2008年4月 - 2009年3月,代表者: 中鉢 欣秀