研究科の紹介

情報アーキテクチャ専攻Master Program of Information Systems Architecture

教員紹介

土屋 陽介

教 授

松尾 徳朗

Tokuro Matsuo

研究室:162-c

matsuo[at]aiit.ac.jp
メール送信時は[at]を@に変えてください

【研究室サイト】
http://www.tokuro.net/j/

教育

【担当授業科目】
情報アーキテクチャ特論1、e-ビジネス特論、サービスサイエンス特論、情報セキュリティ特別講義3
【オフィスアワー(平成28年度)】
1Q-2Q:土曜日 14:30-15:00

研究

【専門分野】
応用情報学、観光情報学、材料情報学、情報経済学、MICE観光学、MICE経営学、コンベンション経営学
【学歴】
  • 2001年3月 佐賀大学文化教育学部学校教育課程 卒業
  • 2003年3月 北陸先端科学技術大学院大学知識科学研究科 博士前期課程 修了
  • 2006年3月 名古屋工業大学大学院工学研究科博士後期課程 修了
【学位】
博士(工学)、修士(知識科学)
【職歴】
  • 2006年8月-2012年7月 山形大学大学院理工学研究科 准教授
  • 2010年4月-2011年4月 カリフォルニア大学アーバイン校 客員研究員
  • 2011年6月- 名古屋工業大学 プロジェクト教授
  • 2011年11月- 上海大学 客員研究員
  • 2011年9月- セントラルミシガン大学SEITI リサーチフェロー
  • 2012年8月- 現職
【所属学協会】
IEEE(正会員)、ACIS(正会員)、AAAI(終身会員)電気学会(上級会員)、情報処理学会(正会員)、パーソナルコンピュータ利用技術学会(正会員)
【研究キーワード】
応用情報学、観光情報学、材料情報学、情報経済学、MICE観光学、MICE経営学、コンベンション経営学
【研究業績・著書・論文・その他それに準じる業績】
1.主な招待講演、基調講演等(情報科学、情報工学関連)
  • 「Social Optimization with Computational Methods」(チュートリアル), 29th International Conference on Computers and Their Applications, 2014.
  • 「E-Service Towards 2025」, Hainan University, 2014.
  • 「ICT-BCPの基礎」, 大津町, 2013.
  • 「Sustainable Computing and Society 2020」, Central Michigan University, 2013.
  • 「サービスと意思決定の科学」, グリーンコンピューティング研究所 2013フォールシンポジウム, 2013.
  • 「旅行業界における情報の非対称性と市場の特徴」, グリーンコンピューティング研究所 2013スプリングシンポジウム, 2013.
  • 「New Generation Green Computing -Towards Safe City Planning and Sustainability-」(チュートリアル), 24th International Conference on Computer Applications in Industry and Engineering, 2011.
  • 「Reassuring Services: Concept and System Design」(招待講演), Catholic University of Daegu, 2011.
  • 「Computational Complex Material Design」(基調講演), IEEE/ACIS/JNU International Conference on Computers, Networks, Systems, and Industrial Engineering (CNSI 2011), May 24, 2011.
  • 「Towards the Reassuring Services in Campus Information Systems」(基調講演), First International Symposiums on Cryptography, Network Security, Data Mining and Knowledge Discovery, E-Commerce and Its Applications, and Embedded Systems, 2010.
  • 「Development of Unserious Computing」(招待講演), Central Michigan University, 2010.
  • 「Rational, Robust, and Secure E-Commerce Mechanism Design」(招待講演), Shanghai University, 2010.
  • 「Development of Information Systems with Service and Business Model」(基調講演), The 2nd Japan-China Joint Symposium on Information Systems 2009.
  • 「Towards the Reassuring Services」(招待講演), IBM T. J. Watson Research Center, USA, 2008.
  • 「Rational, Robust, and Secure Negotiations and Computational Mechanism Design」(招待講演), University of Wollongong, Australia, 2007.
2.主な招待講演、基調講演等(観光学関連)
  • 「国際会議主催者業務支援システムConfVisorの活用」, 国際ミーティングエキスポ, 2013.
  • 「第一部:国際会議の誘致から開催までの主催者の業務」「第二部:MICEのIT化による主催者の業務の変化」, 新潟MICEセミナー, 2013.
  • 「MICE人材育成と組織マネジメント」, おきなわMICEシンポジウム, 2013.
  • 「サービス・マネジメント」, 観光庁「次世代旅館・ホテル経営者育成プログラム」, 2013.
  • 「新しい地域観光ビジネス戦略~MICEの誘致と業務のポイント~」, 長崎国際観光コンベンション協会, 2013.
  • 「地域観光を充実させるMICEビジネスとマーケティング」, 第2回浜松地域コンベンション誘致対策協議会, 2013.
  • 「地域再発見とMICE誘致戦略」、「地域と共に成長する国際会議の企画と運営」, 九州・沖縄地区コンベンション推進団体連絡会, 2013.
  • 「主催者から見た開催地の魅力と課題」「MICE高度人材育成の計画と実施」, 第10回JCCB/CB部会「実務担当職員研修会」, 2013.
  • 「コンベンションにおける高品質なサービスを実現する業務とそのフロー」, 沖縄観光コンベンションビューロー, 2012.
  • 「地域の魅力を生かした国際会議の誘致・開催」(パネリスト), 平成24年度国際会議観光都市連絡協議会総会, 2012.
  • 「郷土色を生かした国際会議誘致・開催にむけて」(パネリスト), 第21回 国際ミーティング・エキスポ(IME2011), 2011.
  • 「日本における国際会議開催の飛躍的促進の可能性」, 日本政府観光局(JNTO)コンベンションセミナー, 2011.
  • 「Towards Innovative Tourism -Intelligent Service, Amenity and Hospitality- 」(招待講演), Jeju National University, 2011.
3.主な招待講演、基調講演等(その他)
  • 「BCP策定と安心・安全の実現」, 大津町, 2014.
  • 「地域防災計画とBCP」, 大津町, 2013.
  • 「観光戦略と観光情報サービス2020」, 大田区区民大学, 2013.
  • 「成績評価と教授行為」, 第18回FDフォーラム:第1分科会「成績評価」から見る大学教育, 大学コンソーシアム京都, 2013.
4.主な著書、編著書等
  • Advanced Information Technologies, International Institute of Applied Informatics, 2013.
  • Advanced Applied Informatics, IEEE Computer Society, 2013.
  • Electronic Business and Marketing: New Trends on Its Process and Applications, Springer-Verlag, 2013.
  • Advanced Applied Informatics, IEEE Computer Society, 2012.
  • New Trends in Agent-based Complex Automated Negotiations, Springer-Verlag, 2011.
  • E-Activity and Intelligent Web Construction: Effects of Social Design, IGI-Global, 2010.
  • Computer and Information Science, IEEE Computer Society, 2010.
  • Innovations in Agent-based Complex Automated Negotiations, Springer-Verlag, 2010.
  • Advances in Agent-based Complex Automated Negotiations, Springer-Verlag, 2009.
  • Electronic Commerce : Theory and Practice, Springer-Verlag, 2008.
  • Rational, Robust, and Secure Negotiations in Multiagent Systems, Springer-Verlag, 2008.
5.主な学術論文、国際会議論文
  • 弱条件組合せ線形計画法による材料の時系列特性の最適化, ネットワークポリマー, Vol.35, No.1, pp.38-45, 2014.
  • オンデマンド材料開発を目指した材料設計システム, Synthesiology, Vol. 7, No. 1, 2014.
  • @CDM:汎用性キャリア・コンサルティングツール, パーソナルコンピュータ利用技術学会論文誌, 2013.
  • 弱条件組合せ線形計画法による材料の配合設計と供給リスクマッピング, パーソナルコンピュータ利用技術学会論文誌, 2013.
  • An Approach to Co-dependent Value based the Internet Advertisement Auction, International Journal of Software Innovation, 2013.
  • Advertisement Pricing and Layout Mechanism in GlobalAd, Information Journal, pp.1547-1554, Vol.16, No.2(B), February 2013.
  • An Efficient Trading Model for Hybrid Traders, International Journal of Applied Artificial Intelligence, Vol. 26, No. 8, pp. 715-732, 2012.
  • Effects of Model Reuse Support in Qualitative Simulation", International Journal of Information and Decision Sciences, Vol. 4, No. 2/3, pp.130-147, 2012.
  • Scenario-based Career Path Decision Support Services in Human Capital Development", International Journal of Human Capital and Information Technology Professionals, Vol. 3, No. 1, pp.15-25, 2012.
  • Intelligent Material Design System based on Weak Conditioned Linear Programming, International Journal of Multimedia and Ubiquitous Engineering (IJMUE), Vol.7, No.4, pp.45-58, 2012.
  • A Decision Method in B2B E-Commerce Model based on Multi-Items Auction, Journal of Information Processing, Vol. 20, No. 3, pp. 649-654, 2012.
  • Effects of Model Reuse Support in Qualitative Simulation, International Journal of Information and Decision Sciences, Vol. 4, No. 2/3, pp.130-147, 2012.
  • Senario-based Career Path Decision Support Services in Human Capital Development, International Journal of Human Capital and Information Technology Professionals, Vol. 3, No. 1, pp.15-25, 2012.
  • Reassuring Electronic Commerce Mechanism based on User Evaluation Controlling, International Journal of Computer and Information Science, Vol. 12, No.2, pp.1-8, 2011.
  • Analogical Thinking based Instruction Method in IT Professional Education", International Journal of Human Capital and Information Technology Professionals, Vol. 1, No. 3, 2010.
  • A Reassuring Mechanism Design for Traders in Electronic Group Buying", International Journal of Applied Artificial Intelligence, Vol. 23, No, 1, pp.1-15, January 2009.
  • その他、140件以上。(全リストはこちら http://www.tokuro.net/j/publication.html
6.外部資金獲得実績
  • 科学研究費補助金 基盤研究B(分担), 文部科学省, 2006-2008.
  • 科学研究費補助金 基盤研究B(分担), 文部科学省, 2006-2009.
  • 科学研究費補助金 若手スタートアップ(代表), 文部科学省, 2006-2007.
  • 若手研究員助成, C&C(NEC)振興財団, 2006-2007.
  • 研究助成, 電気通信普及財団, 2008.
  • 研究助成, インテリジェント・コスモス学術振興財団, 2008.
  • 科学研究費補助金 若手研究B(代表), 文部科学省, 2009-2011.
  • 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究(代表), 文部科学省, 2012-2013.
  • その他、寄付金、企業共同研究等10件以上
【受賞学術賞】
  • 学術学会貢献表彰 IEEE/ACIS ICIS 2013.
  • Best Paper Award, International Conference on Advanced Information Technology and Sensor Application 2012.
  • 平成23 年度日本政府観光局(JNTO)国際会議誘致・開催貢献賞, 日本政府観光局, 2011年.
  • 学術学会貢献表彰 IEEE/ACIS ICIS 2010.
  • 第7回インテリジェント・コスモス奨励賞 受賞, インテリジェント・コスモス学術振興財団, 2008年.
  • 平成18年度情報処理学会山下記念研究賞, 情報処理学会, 2006年.
  • ヤングリサーチャー賞, FIT2005, 情報処理学会, 2006年.
  • テレコムシステム技術学生賞, 電気通信普及財団, 2005年.
  • その他9件

社会貢献

【社会貢献活動】
1.国際会議委員等
  • Conference Chair, 15th IEEE/ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing, 2014.
  • Finance Chair, IEEE International Conference on Service-Oriented Computing and Applications 2014.
  • Publicity Chair, 13th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science, 2014.
  • Finance Chair, International Conference on Software Engineering Research, Management and Applications, 2014.
  • Publication/Finance Chair, 3rd IIAI International Conference on Advanced Applied Informatics, 2014.
  • Publication/Finance Chair, 1st IIAI International Conference on Advanced Information Technologies , 2013.
  • Publication/Finance Chair, 2nd IIAI International Conference on Advanced Applied Informatics, 2013.
  • Finance Chair, 14th IEEE/ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing, 2013.
  • Program Chair, 12th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science, 2013.
  • Finance Co-Chair, 11th International Joint Conference on Autonomous Agents and Multi-Agent Systems, 2013.
  • Publication/Finance Chair, 1st IIAI International Conference on Advanced Applied Informatics, 2012.
  • Program Co-Chair, 25th International Conference on Computer Applications in Industry and Engineering, 2012.
  • Web Chair, 11th International Symposium on High Temperature Superconductors in High Frequency Fields, 2012.
  • Program Co-Chair, 13th ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing, 2012.
  • Program Co-Chair, International Symposium on Software and Network Engineering, 2011.
  • Program Chair, 9th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science, 2010.
  • Publicity Co-Chair, IEEE International Conference on Service-Oriented Computing and Applications 2010.
  • Finance Co-Chair, 12th Pacific Rim International Conference on Principle of Practice in Multi-agents, 2009.
  • Program Co-Chair, 10th ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing, 2009.
  • その他国際会議統括委員長・実行委員長等20件以上、国際会議実行委員50件以上。
2.ジャーナル委員等
  • Editor-In-Chief, International Journal of Computer and Information Science, 2012-.
  • International Editorial Board, International Journal of Software Innovation, 2012-.
  • その他、編集委員等20件以上
3.学会委員関連
  • 米国国際ソフトウェア科学研究基金 副総裁, 2013-.
  • 電気学会 情報システム技術委員会 1号委員, 2013.
  • 電気学会「観光情報システム構築・活用」技術調査専門委員会委員, 2013-.
  • 米国国際計算機情報科学会 理事, 2012-.
  • 国際応用情報学研究機構 理事, 2012-.
  • パーソナルコンピュータ利用技術学会 理事, 2012-.
  • 電気学会「観光情報システム」調査専門委員会 委員長, 2011-2013.
  • 電気学会 情報システム技術委員会 2号委員, 2011-2012.
  • 情報処理学会 知能システム研究会 幹事, 2011-2013.
  • 電気学会 情報システム技術委員会 幹事, 2010-2011.
  • 情報処理学会 知能と複雑系研究会 幹事, 2009-2011.
4.学外活動一覧
  • 総務省地域情報化アドバイザー 2008-2014

その他

【デモンストレーション】
  • 報告書作成のための共同編集システム", イノベーションジャパン, 東京国際フォーラム, 2008.
【コラム・インタビュー・紹介記事等】
  • ConfVisor: 国際会議を成功させる主催者業務管理支援システム, 日本政府観光局コンベンションニュース, 第39号, 2014.
  • 沖縄のMICE創造パワーに期待, MICE Japan, 2011年1月号, 2014.
  • ユニークベニュー, トラベルジャーナル, 2013年10月15日号, 2013.
  • 国際会議を成功へと導くサービスと業務~その3:開催と終了編~, 日本政府観光局コンベンションニュース, 第36号, 2013.
  • 国際会議を成功へと導くサービスと業務~その2:準備編~, 日本政府観光局コンベンションニュース, 第35号, 2013.
  • 国際会議を成功へと導くサービスと業務~その1:計画と広報編~, 日本政府観光局コンベンションニュース, 第34号, 2012.
  • 国際ミーティングエキスポパネルディスカッション, MICE Japan, pp.28-31, 2012.
  • 「破壊的脅威」対策強化を, 中日新聞, 2012.
  • MICEの底力, 週刊ダイヤモンド, 2011.
  • 温泉や旅館を生かそう, 観光経済新聞, 2011.