研究科の紹介

情報アーキテクチャ専攻Master Program of Information Systems Architecture

教員紹介

慎 祥揆

助 教

慎 祥揆

Shin Sanggyu

研究室:331

shin[at]aiit.ac.jp
メール送信時は[at]を@に変えてください

【オフィスアワー】
〔土曜〕 〔12:00-13:00〕

プロフィール

【学歴】
  • 2000年2月 東義大学 工学部 コンピュータ工学科 卒業(韓国)
  • 2003年3月 慶應義塾大学大学院 理工学研究科 開放環境科学専攻 博士前期課程 修了
  • 2009年3月 慶應義塾大学大学院 理工学研究科 開放環境科学専攻 博士後期課程 単位取得後退学
【学位】
博士(工学)
【職歴】
  • 2007年5月-2008年3月 慶應義塾大学大学院 理工学研究科 COE研究員
  • 2010年4月-2011年3月 慶應義塾大学 理工学部 准訪問研究員
  • 2011年4月-2017年3月 慶應義塾大学 理工学部訪問助教
  • 2011年4月- 産業技術大学院大学 産業技術研究科 情報アーキテクチャ専攻 助教(現職)

教育

【担当授業科目】
データベース特論
【平成28年度の取組状況】
  • データベースシステム特論の担当
  • 前田PBL・嶋津PBLの副担当

研究

【専門分野】
データマイニング、情報システム、eラーニング、個人情報影響評価
【研究キーワード】
データマイニング、eラーニング、PIA
【研究業績・著書・論文・その他それに準じる業績】
  • 慎祥揆, “テスト問題の自動組み立てシステムの非構造データベース設計”, 産業技術大学院大学紀要, (2014.12).
  • 瀬戸洋一, 慎祥揆, “バイオメトリクスのプライバシー性に関する一考察”,第4回バイオメトリクスと認識・認証シンポジウム, (2014.11).
  • Sanggyu Shin, Yoichi Seto, Sadamu Takasaka, Eiichi Sekizuka, “埼玉病院の電子カルテシステムへの個人情報影響評価実施”, 韓国情報処理学会 第41回秋期学術発表大会, (2014.11).
  • Sanggyu Shin, Yoichi Seto, Sadamu Takasaka, Eiichi Sekizuka, “個人情報影響評価の電子カルテシステムへの適用”, Korea Information Processing Society Review, Vol. 21, No. 5, (2014.9).
  • Sanggyu Shin,Hiroshi Hashimoto, “A SYSTEM FOR THE AUTOMATIC ASSEMBLY OF TEST QUESTIONS USING A NO-SQL DATABASE”, 8th International Conference on e-Learning 2014, (2014.7).
  • 瀬戸洋一外, “情報化社会の個人情報保護と影響評価: 韓国におけるプライバシー影響評価から見るアセスメントのあり方”, 勁草書房, (2014.5).
  • Hiroshi Hashimoto, Mizuki Nakajima, Seiichi Kawata, Sanggyu Shin, “Skill Level Evaluation of Taijiquan based on 3D Body Motion Analysis, ” IEEE International Conference on Industrial Technology 2014(ICIT 2014) , (2014.2).
  • 慎 祥揆, 瀬戸 洋一, “韓国におけるプライバシー影響評価の制度と実施状況, ” The 31st Symposium on Cryptography and Information Security, (2014.1).
  • Sang-Gyu Shin, Tai-Suk Kim, “Automatic Structuring of Query Results, ” Korean Convergence Software Society Conference, (2012.11).
  • Sang-Gyu Shin, Tai-Suk Kim, “Foreign Language Learning System Using Fragmentation Data, ” Korean Convergence Software Society Conference, (2012.11).
  • 慎 祥揆,前田 葉子,遠山 元道,“ACTIVIEW:SuperSQLを用いた適応型Webビューの実現,”情報処理学会論文誌:データベース,Vol. 2,No. 3,pp.112-129 (2009.09).
  • Sang-Gyu Shin,,Tai-Suk Kim,“Creating Method for Multi-size Web View based on Query Restructuring Rules,”Journal of Korea Multimedia Society, Vol. 11, No. 12, pp.1758-1764 (2008.12).
  • Sang-Gyu Shin,Maeda Yoko,Motomichi Toyama,“ACTIVIEW: Implementation of Adaptive Web View Using SuperSQL,”The 6th International Conference on Informatics and Systems (INFOS2008), pp.25-34 (2008.3).
  • Hanki Kim,Sang-Gyu Shin,Motomichi Toyama,“A Rule-Based Mailing System for an Organization,”Proceedings of the Seventh International Conference on Web-Age Information Management Workshops (WAIMW), (2006.7).
  • Sang-Gyu Shin,Tai-Suk Kim,Motomichi Toyama,“Integrated Methods of Various Media Generators in The SuperSQL Query Process System,”Journal of Korea Multimedia Society,Vol. 9,No. 6,pp.720-727 (2006.6).
  • Tai-Suk Kim,Sang-Gyu Shin,Motomichi Toyama,“Efficient Media Publication Using SuperSQL Processor,”Journal of Korea Society for Simulation,Vol. 15,No. 1,pp.59-67 (2006.3).
  • 林 偉,慎 祥揆,遠山 元道,“パターンベースのクラスタリング手法の提案,”日本データベース学会Letters Vol.2, No.2,pp81-84 (2003.10).
  • Sang-Gyu Shin,Tatsuya Arisawa,Tai-Suk Kim,Motomichi Toyama,“The Integration of Media Generators in SuperSQL Query Processor,” Third International Conference on East-Asian Language Processing And Internet Information Technology (EALPIIT2003),(2003.7).
【平成28年度の取組状況】
学会発表
  • ネットワーク対応監視カメラの設置・運用ガイドラインの課題分析とその対策、白石敬典、浦田有佳里、下村憲輔、田娟、中原道智、慎祥揆、瀬戸洋一、The 32rd Symposium on Cryptography and Information Security (SCIS 2016, 2017/1/19-22) 平成29年1月
  • The Problem Analysis of Specific Personal Information Protection Assessment in Japan Case、Sanggyu Shin, Yoichi Seto, Mayumi Sasaki, Kei Sakamoto, Kazuhiro Midorikawa、The 8th International Conference on Computer Science and its Application (CSA 2016)、平成28年12月
  • Proposal and Verification of E-learning System for Physical Exercise Education using Arbitrary Viewpoint of 3D Body Motion and Moving Image Linked Type Instruction Recording DB、Kaoru Mitsuhashi、Hiroshi Hashimoto、Sang-Gyu Shin、Sho Yokota、Daisuke Chugo、The 4th International Conference on Serviceokogy (ICServ2016)、平成28年9月
  • Database Design for Efficient Storage of Personalized Data Using MongoDB、Sanggyu Shin, Hiroshi Hashimoto, Kaoru Mitsuhashi, Sho Yokota, Seiichi Kawata、The 4th International Conference on Serviceokogy (ICServ2016)、平成28年9月
  • Influence of the Contents that Appear as Cultural Differences on e-Learning Learners、Sanggyu Shin, Tae-Suk Kim、The 2016 Spring Conference of the Korea Convergence Software Society、平成28年6月
  • Privacy Issues of Network-type Versatile Camera Systems in Japan 、Sanggyu Shin, Yoichi Seto, Tae-Suk Kim、The 2016 Spring Conference of the Korea Convergence Software Society、平成28年6月
  • Personalized Database Design for e-Learning Systems Using Video Contents、Sanggyu Shin, Tae-Suk Kim、The 2016 Spring Conference of the Korea Convergence Software Society、平成28年6月
  • 身体運動教育サービスの品質と価値共同生産性の考察、橋本洋志、川田誠一、慎祥揆、三橋郁、横田祥、サービス学会第4回国内大会、平成28年3月
  • アセアン諸国で求められるラズベリーパイを活用した洪水対策システムの検討、矢田部 小百合、安達 裕、鎌柄 拓史、慎 祥揆、三宅 由美子、土屋 陽介、FIT2016、第15回 情報処理技術フォーラム、平成28年9月
  • ネットワーク型多目的カメラシステムのプライバシー問題の検討、馬小飛、佐々木真由美、黒沢裕太、沖村星児、阪本圭、慎祥揆、瀬戸洋一、2016年電子情報通信学会総合大会、平成28年3月
  • 金融分野における番号法対応のプライバシーリスク評価に関する一考察、阪本 圭、佐々木 真由美、慎 祥揆、瀬戸 洋一、The 32rd Symposium on Cryptography and Information Security (SCIS 2017)、平成29年1月
論文発表又は著書発行
  • 技術者のためのIoTの技術と応用、日本工業出版、2016年6月、担当は1章と6章(全6章)
  • A Study of Cancelable Biometrics in the Security Improvement of Biometric Authentication System Using Fault Tree Analysis、Sanggyu Shin,Yoichi Seto, Shogo Shimizu、International Journal of Affective Engineering, Vol. 15 (2016), No. 4、平成28年11月
  • 人情報影響評価の健診総合システムへの適用、瀬戸 洋一、渡辺 慎太郎、高坂 定、慎 祥揆、IPSJ デジタルプラクティス Vol. 7, No.3, pp.295-302、平成28年7月
  • Security Improvement of Biometric Authentication Systems at Cancelable Biometrics、Sanggyu Shin,Yoichi Seto、Information Vol.19, No.2, pp.505-513、平成28年2月
  • マイナンバー制度における特定個人情報保護評価の分析、瀬戸 洋一、佐々木 真由美、阪本 圭、慎 祥揆、産業技術大学院大学紀要 No.10, pp.17-25、平成29年1月
  • 次世代ネットワーク型多目的カメラシステムのプライバシー保護、慎 祥揆、瀬戸 洋、産業技術大学院大学紀要 No.10, pp.141-147、平成29年1月
  • 個人情報影響評価の電子カルテシステムへの適用、慎 祥揆、瀬戸 洋一、産業技術大学院大学紀要 No.10, pp.153-159、平成29年1月

社会貢献

【社会貢献活動】
  • 芝浦工業大学 非常勤講師
  • 湘南工科大学 非常勤講師
  • 東京都立産業技術高等専門学校 非常勤講師
【所属学協会】
  • 日本情報処理学会会員
  • 日本e-Learning学会会員
  • ACM会員
  • IEEE会員
  • 韓国情報処理学会会員
  • IADIS会員
【平成28年度の取組状況】
  • CATA2016のcommittee member