研究科の紹介

情報アーキテクチャ専攻Master Program of Information Systems Architecture

教員紹介

慎 祥揆

助 教

慎 祥揆

Shin Sanggyu

研究室:331

shin[at]aiit.ac.jp
メール送信時は[at]を@に変えてください

【オフィスアワー】
1Q-2Q:土曜日 12:00-13:00

プロフィール

【学歴】
  • 2000年2月 東義大学 工学部 コンピュータ工学科 卒業(韓国)
  • 2003年3月 慶應義塾大学大学院 理工学研究科 開放環境科学専攻 博士前期課程 修了
  • 2009年3月 慶應義塾大学大学院 理工学研究科 開放環境科学専攻 博士後期課程 単位取得後退学
【学位】
博士(工学)
【職歴】
  • 2007年5月-2008年3月 慶應義塾大学大学院 理工学研究科 COE研究員
  • 2010年4月-2011年3月 慶應義塾大学 理工学部 准訪問研究員
  • 2011年4月- 慶應義塾大学 理工学部訪問助教
  • 2011年4月- 産業技術大学院大学 産業技術研究科 情報アーキテクチャ専攻 助教(現職)

教育

【担当授業科目】
データベース特論
【平成27年度の取組状況】
  • データベースシステム特論の担当
  • 前田PBL・瀬戸PBL・中鉢PBLの副担当

研究

【専門分野】
データマイニング、eラーニング、情報システム、個人情報影響評価
【研究キーワード】
データマイニング、eラーニング、PIA
【研究業績・著書・論文・その他それに準じる業績】
  • 慎祥揆, “テスト問題の自動組み立てシステムの非構造データベース設計”, 産業技術大学院大学紀要, (2014.12).
  • 瀬戸洋一, 慎祥揆, “バイオメトリクスのプライバシー性に関する一考察”,第4回バイオメトリクスと認識・認証シンポジウム, (2014.11).
  • Sanggyu Shin, Yoichi Seto, Sadamu Takasaka, Eiichi Sekizuka, “埼玉病院の電子カルテシステムへの個人情報影響評価実施”, 韓国情報処理学会 第41回秋期学術発表大会, (2014.11).
  • Sanggyu Shin, Yoichi Seto, Sadamu Takasaka, Eiichi Sekizuka, “個人情報影響評価の電子カルテシステムへの適用”, Korea Information Processing Society Review, Vol. 21, No. 5, (2014.9).
  • Sanggyu Shin,Hiroshi Hashimoto, “A SYSTEM FOR THE AUTOMATIC ASSEMBLY OF TEST QUESTIONS USING A NO-SQL DATABASE”, 8th International Conference on e-Learning 2014, (2014.7).
  • 瀬戸洋一外, “情報化社会の個人情報保護と影響評価: 韓国におけるプライバシー影響評価から見るアセスメントのあり方”, 勁草書房, (2014.5).
  • Hiroshi Hashimoto, Mizuki Nakajima, Seiichi Kawata, Sanggyu Shin, “Skill Level Evaluation of Taijiquan based on 3D Body Motion Analysis, ” IEEE International Conference on Industrial Technology 2014(ICIT 2014) , (2014.2).
  • 慎 祥揆, 瀬戸 洋一, “韓国におけるプライバシー影響評価の制度と実施状況, ” The 31st Symposium on Cryptography and Information Security, (2014.1).
  • Sang-Gyu Shin, Tai-Suk Kim, “Automatic Structuring of Query Results, ” Korean Convergence Software Society Conference, (2012.11).
  • Sang-Gyu Shin, Tai-Suk Kim, “Foreign Language Learning System Using Fragmentation Data, ” Korean Convergence Software Society Conference, (2012.11).
  • 慎 祥揆,前田 葉子,遠山 元道,“ACTIVIEW:SuperSQLを用いた適応型Webビューの実現,”情報処理学会論文誌:データベース,Vol. 2,No. 3,pp.112-129 (2009.09).
  • Sang-Gyu Shin,,Tai-Suk Kim,“Creating Method for Multi-size Web View based on Query Restructuring Rules,”Journal of Korea Multimedia Society, Vol. 11, No. 12, pp.1758-1764 (2008.12).
  • Sang-Gyu Shin,Maeda Yoko,Motomichi Toyama,“ACTIVIEW: Implementation of Adaptive Web View Using SuperSQL,”The 6th International Conference on Informatics and Systems (INFOS2008), pp.25-34 (2008.3).
  • Hanki Kim,Sang-Gyu Shin,Motomichi Toyama,“A Rule-Based Mailing System for an Organization,”Proceedings of the Seventh International Conference on Web-Age Information Management Workshops (WAIMW), (2006.7).
  • Sang-Gyu Shin,Tai-Suk Kim,Motomichi Toyama,“Integrated Methods of Various Media Generators in The SuperSQL Query Process System,”Journal of Korea Multimedia Society,Vol. 9,No. 6,pp.720-727 (2006.6).
  • Tai-Suk Kim,Sang-Gyu Shin,Motomichi Toyama,“Efficient Media Publication Using SuperSQL Processor,”Journal of Korea Society for Simulation,Vol. 15,No. 1,pp.59-67 (2006.3).
  • 林 偉,慎 祥揆,遠山 元道,“パターンベースのクラスタリング手法の提案,”日本データベース学会Letters Vol.2, No.2,pp81-84 (2003.10).
  • Sang-Gyu Shin,Tatsuya Arisawa,Tai-Suk Kim,Motomichi Toyama,“The Integration of Media Generators in SuperSQL Query Processor,” Third International Conference on East-Asian Language Processing And Internet Information Technology (EALPIIT2003),(2003.7).
【平成27年度の取組状況】
  • 慎 祥揆, “e-Learningシステムのための非構造データ設計”, 産業技術大学院大学紀要, (2015.12)
  • 慎 祥揆, 瀬戸 洋一, “特定個人情報保護評価におけるリスク項目分析とガイドライン”, 産業技術大学院大学紀要, (2015.12)
  • Kaoru Mitsuhash,Hiroshi Hashimoto,Sang-Gyu Shin,Sho Yokota,Daisuke Chugo, “Education System of Skill Succession Based on 3D Evaluation and Improvement in Time Series”, IEEE Region 10 Humanitarian Technology Conference 2015, (2015.12).
  • Sanggyu Shin,Yoichi Seto, “Study of Cancelable Biometrics in Security Improvement of Biometric Authentication System”, 14th International Conference on Computer Information Systems and Industrial Management Applications (CISIM2015 ICBAKE), (2015.9).
  • Sanggyu Shin,Hiroshi Hashimoto, “Storage And Reuse Of Each Students’ Personalized Documents Using A Non-Structured Database”, International Conference on Computer Application Technologies (ICCAT2015), (2015.8).
  • Sanggyu Shin,Yoichi Seto, “Can Cancelable Biometrics Contribute to the Security Improvement of Biometric Authentication Systems?”, The 15th International Conference on Computational Science and Its Applications (ICCSA 2015), (2015.6).
  • 岡本 直子,岡崎 吾哉,川口 晴之,坂本 誠、永野 学,瀬戸 洋一,慎 祥揆, “韓国における個人情報影響評価の制度と実施状況”, 日本セキュリティ・マネジメント学会誌 Vol. 29, No.1, (2015.5).
  • Sanggyu Shin,Yoichi Seto, “Security Improvement of Biometric Authentication Systems at Cancelable Biometrics”, CAIPT 2015(3rd International Conference on Computer Applications and Information Processing Technology) , (2015.6).
  • Sang-Gyu Shin, “Influence of the Meaning of the Mutual Action in the Cultural Differences of the Learners in e-Learning”, The 2015 Spring Conference of the KIPS(韓国), (2015.4).
  • 佐々木 真由美,阪本 圭,緑川 和宏,慎 祥揆,瀬戸 洋一, “特定個人情報保護評価における課題分析”, コンピュータセキュリティシンポジウム2015, (2015.10).
  • 慎 祥揆, 瀬戸 洋一, 佐々木 真由美, 畠山 智美, “特定個人情報保護評価におけるリスク評価項目に対する分析”, SCIS2015, (2015.1).
  • 慎祥揆, 瀬戸洋一, “韓国の個人情報保護の改善に関する紹介”, SCIS2015, (2015.1).

社会貢献

【社会貢献活動】
  • 芝浦工業大学 非常勤講師
  • 湘南工科大学 非常勤講師
  • 東京都立産業技術高等専門学校 非常勤講師
【所属学協会】
  • 日本情報処理学会会員
  • 日本e-Learning学会会員
  • ACM会員
  • IEEE会員
  • 韓国情報処理学会会員
  • IADIS会員
【平成27年度の取組状況】
  • 東京都公務員の東京都IT応用コースでネットワーク部分を担当(平成24年~平成27年)
  • ICTISPC 2015のTechnical Program Committee Member
  • ICCAT 2015のProgram Committee Member