研究科の紹介

情報アーキテクチャ専攻Master Program of Information Systems Architecture

教員紹介

飛田 博章

准教授

飛田 博章

Tobita Hiroaki

研究室:540

tobby[at]aiit.ac.jp
メール送信時は[at]を@に変えてください

【オフィスアワー】
〔土曜〕 〔12:00-13:00〕

プロフィール

【学歴】
  • 1999年3 電気通信大学情報システム研究科前期課程 修了
  • 2004年9 電気通信大学情報システム研究科後期課程 修了
【学位】
博士 (工学)
【職歴】
  • 1999年4月 ソニー
  • 2003年2月 ソニーコンピュータサイエンス研究所 東京
  • 2011年8月 ソニーコンピュータサイエンス研究所 パリ
  • 2014年4月 現職

教育

【担当授業科目】
ネットワークシステム特別講義2、ネットワーク特論2、クラウドサーバ構築特論、情報システム学特別演習1・2
【平成28年度の取組状況】
ネットワーク特論1、ネットワークシステム特別講義2、ネットワーク特論2の授業を担当した。
前年度からの改善により、担当した全ての授業で基準以上の評価を得ることができた。
PBL活動は、前期はメンバーそれぞれがウェアラブルシステムのデザイン及び実装を行い、後期はグループで超音波通信に関するシステムのデザイン及び実装を行った。また、学会活動も積極的に行い、学内外に活動成果をアピールした。

研究

【専門分野】
ユーザインタフェース、コンピュータグラフィックス、情報視覚化、拡張現実、仮想現実、ウェアラブルコンピューティング、ユビキタスコンピューティング
【研究キーワード】
Human-Computer Interaction, Virtual Reality, Augmented Reality, Multimedia
【研究業績・著書・論文・その他それに準じる業績】
  • Hiroaki Tobita, Aero-Marker: Blimp-based Augmented Reality Marker for Objects with Virtual and Tangible Feature, ACM VRCAI ’13, 2013.
  • Hiroaki Tobita, Floating Surface: Blimp-based Ubiquitous Screen for Novel Digital Signage and Information Visualization, ACM SAC ’14, 2014.
  • Fumio Arakawa, Michael McCool, Soojung Ryu, Shumpei Kawasaki, and Hiroaki Tobita, “Toward Wearable Computing Era, How COOL Chips Architectures and Tools will Evolve?”, IEEE Cool Chips XVII (Panel Discussion), 2014.
  • Hiroaki Tobita, SmartWig: Wig-based Wearable Computing Device for Communication and Entertainment , U.S. Patent, 2013.
【平成28年度の取組状況】
論文
  • 毎田定弘, 江口佳記, 寺田佳代子, 飛田博章. 対話的な洗面台による生活習慣の改善, DICOMO (Multimedia, Distributed, Cooperative, and Mobile Symposium) 2016, pp. 1438-1441(2016)
  • 岩永拓也, 中村正道, 飛田博章. LeadVocal: 歌唱支援のための聴覚VRエンターテイメント, 第21回日本バーチャルリアリティ学会大会(2016)
  • 沼野井栞, 飛田博章. INTeach: テレプレゼンス型パーソナル学習支援システム, 第21回日本バーチャルリアリティ学会大会(2016)
  • 橋本千尋, 飛田博章. StrokeHead: 頭を撫でる捫頭行動を拡張するウェアラブルデバイス, 第21回日本バーチャルリアリティ学会大会(2016)
書籍
  • 技術者のためのIoTの技術と応用 -「モノ」のインターネットのすべて-, 日本興業出版, 第3章及び4章担当 (2016)

社会貢献

【社会貢献活動】
ACHI (Advanced in Computer-Human Interactions) プログラム委員
【所属学協会】
ACM, 情報処理学会, 日本VR学会
【平成28年度の取組状況】
ワークショップ
  • IoT/IoE workshop 講師, 公益社団法人日本技術士会主催, 参加者33名(有料)
共同研究
  • ライト株式会社, ゴルフにおけるストロークの安定化による(飛)距離の安定化. 2016/4 – 2017/3. (1500千円)