研究科の紹介

情報アーキテクチャ専攻Master Program of Information Systems Architecture

教員紹介

柴田 淳司

助 教

柴田 淳司

Shibata Atsushi

研究室:331

shibata-atsushi[at]aiit.ac.jp
メール送信時は[at]を@に変えてください

【オフィスアワー】
4Q:〔金曜〕 〔19:00-20:00〕
※この他の時間も事前連絡で調整可

プロフィール

【学歴】
  • 2009年 青山学院大学 理工学部 電気電子工学科 卒業
  • 2012年 東京工業大学 総合理工学研究科 知能システム科学専攻 修士課程 修了
  • 2015年 東京工業大学 総合理工学研究科 知能システム科学専攻 博士課程 修了
【学位】
博士(学術)
【職歴】
  • 2012年4-9月 岐阜大学 工学部 電気電子・情報学部 産官学連携研究員

教育

【担当授業科目】
システムソフトウェア特論

研究

【専門分野】
機械学習、人工知能、感性工学
【研究キーワード】
ニューラルネットワーク、深層学習
【研究業績・著書・論文・その他それに準じる業績】
  • Atsushi Shibata, Jiajun Lu, Fangyan Dong, and Kaoru Hirota, “A Neural Structure Decomposition Based on Pruning and its Visualization Method”, Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Volume 17 Issue 3, 2013.
  • Atsushi Shibata, Fangyan Dong, and Kaoru Hirota, “Neural Network Structure Analysis based-on Hierarchical Force-Directed Graph Drawing for Multi-task Learning”, Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Volume 19 Issue 2, 2015.
  • Jesus Adrian Garcia Sanchez, Kazuhiro Ohnishi, Atsushi Shibata, Fangyan Dong, Kaoru Hirota “Deep Level Emotion Understanding Using Customized Knowledge for Human-Robot Communication”, Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Volume 19 Issue 1, 2015.
  • Best paper award, Jesus Adrian Garcia Sanchez, Kazuhiro Ohnish, Atsushi Shibata, Fangyan Dong, and Kaoru Hirota, “Visualization Method of Emotion Information for Long Distance Interaction”, 7th IEEE International Conference Humanoid, Nanotechnology, Information Technology Communication and Control, Environment and Management(HNICEM), 12 December 2014.
【平成27年度の取組状況】
  • 岐阜大学にて電力予測システムの設計に携わる。
  • その後は機械学習分野の基礎研究を行った。

社会貢献

【社会貢献活動】
日本知能情報ファジィ学会 学会誌編集委員
【所属学協会】
日本知能情報ファジィ学会、感性工学会、人工知能学会、日本ロボット学会
【平成27年度の取組状況】
  • 平成27年度より学会誌編集委員に着任、学会誌構成や登校論文管理に携わる。
  • InfoTalkやIT起業塾の会場運営を行う。