研究科の紹介

創造技術専攻Master Program of Innovation for Design and Engineering

教員紹介

吉田 敏

教 授

吉田 敏

Yoshida Satoshi

研究室:261-a

yoshida-satoshi[at]aiit.ac.jp
メール送信時は[at]を@に変えてください

【オフィスアワー】
1Q:金曜日 20:15-21:15
2Q:水曜日 17:30-18:30

プロフィール

【学歴】
東京大学大学院工学系研究科博士課程修了
【学位】
博士(工学)
【職歴】
東京大学生産技術研究所准教授を経て現職

教育

【担当授業科目】
イノベーション戦略特論、技術経営特論、技術開発組織特論、テクノロジーマネジメント演習
【平成27年度の取組状況】
  • ケンブリッジ大学IfMの博士課程の学生の論文指導について協力してきた。これにより、国際的に先端研究の動向と教育に関する情報を得た。
  • 東京大学大学院工学系研究科の技術経営戦略学専攻にて「イノベーションマネジメント」を担当し、他大学の類似領域の現状の教育に関係し、情報を入手してきた。

研究

【専門分野】
技術経営学、建築学
【研究キーワード】
設計プロセス、アーキテクチャ
【研究業績・著書・論文・その他それに準じる業績】
  • 『Beyound Innovation -イノベーションの議論を超えて』、(編著)前田正文(共著)柘植綾夫、北澤宏一、田中耕一、吉田敏 他全18名、丸善プラネット、2009
  • 『技術経営 -MOTの体系と実践』、(編著)吉田敏、(共著)武市祥司、富田純一、森下有、ロバート・ファール、鎗目雅、理工図書、2012
  • 『建築ものづくり論』、(共著)藤本隆宏、野城智也、安藤正雄、吉田敏、有斐閣、2015
【平成27年度の取組状況】
  • 人工物の創造プロセスについて論理的把握を試みた。人工物は、何らかの目的があってつくられるのが基本である。このような目的を記述するためには、まず、その人工物が誰のどのような要望を実現するために創られるかを理解することが前提となり、最終的にはどのような価値が創られるかを考察するものである。

社会貢献

【所属学協会】
日本建築学会、日本感性工学会
【平成27年度の取組状況】
行政、業界団体、学会において、複数の委員会に参加し、研究上の知見に基づいた貢献を推し進めた。