研究科の紹介

創造技術専攻Master Program of Innovation for Design and Engineering

教員紹介

越水 重臣

教 授

越水 重臣

Koshimizu Shigeomi

研究室:154-c

koshi[at]aiit.ac.jp
メール送信時は[at]を@に変えてください

【オフィスアワー】
〔水曜〕 〔18:00-20:00〕

プロフィール

【学歴】
  • 1987年 慶応義塾大学 理工学部 機械工学科 卒業
  • 1989年 慶応義塾大学大学院 理工学研究科 修士課程 修了
【学位】
博士(工学)
【職歴】
  • 1989年 イーストマン・コダック(ジャパン)株式会社
  • 1994年 静岡理工科大学 機械工学科 助手
  • 2001年 静岡理工科大学 機械工学科 講師
  • 2003年 静岡理工科大学 機械工学科 助教授
  • 2008年 産業技術大学院大学 准教授
  • 2014年 産業技術大学院大学 教授

教育

【担当授業科目】
品質工学特論、信頼性工学特論、創造設計特論、ものづくりアーキテクト概論(分担)、イノベーションデザイン特別演習1・2、事業アーキテクチャ特別演習1・2
【平成28年度の取組状況】
講義においては、学生の授業評価にもとづき、2016年のBest Professor of the year を受賞することができました。またPBLでは、「生体情報を用いたインバウンド観光支援ツールEEG TRAVELERの提案」というプロジェクトを行いました。その成果は今後、学会発表などで公表していく予定です。

研究

【専門分野】
品質工学(タグチメソッド)、TRIZ/USITによる技術問題の創造的解決、製品安全と信頼性設計、精密機械、精密加工
【研究キーワード】
イノベーションデザイン、価値創造、技術・製品・サービス・ビジネスのトータルデザイン
【研究業績・著書・論文・その他それに準じる業績】
著書
  • 越水重臣、鈴木真人:実践・品質工学,日刊工業新聞社(2007)
PBL(Project Based Learning)のテーマ
  • 2009年度:足裏圧力による個人認証システムの開発
  • 2010年度:自動車用着座認証システムの開発
  • 2011年度:デジタルサイネージ付自販機による災害情報の配信
  • 2012年度:「感性選曲」 脳波を使った新しい音楽体験のデザイン
  • 2013年度:bw Trackr 脳波による新たな映像体験
  • 2014年度:スマートフォンを用いた道路の快適性評価
  • 2015年度:ウェアラブル心拍センサを用いたワークエンゲージメントの推定とその可視化
  • 2016年度:生体情報を用いたインバウンド観光支援ツール「EEG TRAVELER」の提案
受賞学術賞
  • 1999年 精密工学会 ベストプレゼンテーション賞
  • 2003年 品質工学会 貢献賞
  • 2008年 品質工学会 銅賞
  • 2011年 Best Professor of the year (産業技術大学院大学)
  • 2012年 Best Professor of the year (産業技術大学院大学)
  • 2015年 Best Professor of the year (産業技術大学院大学)
  • 2015年 品質工学会 貢献賞 銀賞
  • 2016年 Best Professor of the year (産業技術大学院大学)
【平成28年度の取組状況】
論文発表(6件)や国内外の学会発表(13件)にて研究成果を発表しました。また、大学高専連携事業において、産技高専の青木繁教授と超音波溶接に関する共同研究を行いました。
論文発表
  • Shota Mutoh, Shigeru Aoki, Katsumi Kurita, Shigeomi Koshimizu, Akira Maekawa:Reduction of Residual Stress using Ultrasonic Vibration (Stress Distribution for Built-up Welding of Thin Plate of SUS304),Information, Vol.19, No.6(B),2016,pp2335-2340
  • Shigeru Aoki, Katsumi Kurita, Shigeomi Koshimizu:Statisitical Model for Effect of Two Ultrasonic Vibrations on Reduction of Residual Stress in Welded Joint, Information, Vol.19, No.6(B),2016,pp2323-2328
  • 越水重臣、畑田智幸:スマートフォンによる路面の快適性評価、舗装、Vol.51, No.6,2016,pp.17-22
  • 越水重臣、鈴木利定:超音波ダブルコアリングによる磁気ディスク用ガラス基板の加工、超音波テクノ、Vol.28, No.6,2016,pp.35-38
  • 大塚二郎、越水重臣ほか8名:精密位置決め装置のボールねじ熱膨張のペルチェモジュール冷却による防止、精密工学会誌、Vol.82, No.11,2016,pp.970-975
  • 青木繁、栗田勝実、越水重臣:2つの超音波振動を利用した溶接残留応力逓減法-ひとつの超音波振動を利用した場合との比較-、塑性と加工、Vol.58,No.672,2017,pp47-52
国際会議
  • Shigeomi Koshimizu: Ultrasonic Coring of Glass Disks using Double Core Tool, Ultrasonics 2016,2016年6月6日
  • Tatsuo Nakagawa, Hiroto Inoue, and Shigeomi Koshimizu: A Fundamental Study on Differences in Heart Rates During Creative Work andNon-creativeWork, HCI International 2016, LNCS9745, pp568-575,2016年7月19日
  • Shigeru Aoki, Katsumi Kurita, Shigeomi Koshimizu: Reduction of Residual Stress Using Vibration for Prevention from Fracture of Welded Joint, 10th International Conference on Fracture & Strength of Solids, 2016年9月1日
  • Shigeru Aoki, Katsumi Kurita, Shigeomi Koshimizu: Relation between welding and earthquake (On Seismic response and effect of residual stress), 11th International Conference on Seismic Microzoning and Risk Reduction, 2016年10月4日
  • Shigeru Aoki, Katsumi Kurita, Shigeomi Koshimizu: Reduction Method for Residual Stress of Welded Joint Using Two Ultrasonic Vibrations with Different Frequencies, 2016 International Conference on Materials, Manufacturing and Mechanical Engineering, 2016年12月30日
国内学会
  • 中川 達生、井ノ上 寛人、大原 俊太、鉄谷 信二、越水 重臣、卓上での作業中における心理および生体反応の特徴分析 -作業内容に応じた反応の違いに関する一考察-、電子情報通信学会、2016年5月19日
  • 小黒諒、越水重臣:T法を用いた加速度脈波による血圧の推定 -変数増加法を用いた項目選択-、第24回品質工学研究発表大会、2016年6月23日
  • 越水重臣、小黒諒:加速度脈波を用いたMTシステムによる体調識別、生体医工シンポジウム2016、2016年9月18日
  • 青木繁、栗田勝実、越水重臣ほか1名:超音波振動を利用した溶接残留応力低減法(超音波振動の伝達および残留応力の低減について)、日本機械学会山梨講演会、2016年10月22日
  • 岡本明駿、青木繁、栗田勝実、越水重臣ほか1名:超音波振動を利用した溶接残留応力の逓減法(SUS304薄板溶接部の材料強度におよぼす影響)、日本機械学会北陸信越支部第54期総会講演会、2017年3月9日
  • 青木繁、栗田勝実、越水重臣:溶接と振動の関係(溶接部が振動特性の及ぼす影響)、日本機械学会北陸信越支部第54期総会講演会、2017年3月9日
  • 青木繁、栗田勝実、越水重臣:溶接と振動の関係(残留応力が履歴特性をもつ構造物の不規則振動に及ぼす影響、日本機械学会東海支部第66期総会講演会、2017年3月15日
  • 岡本明駿、青木繁、栗田勝実、越水重臣ほか1名:超音波振動を利用した溶接残留応力の逓減法(振動伝達装置の改良及び残留応力の逓減)、日本機械学会東海支部第66期総会講演会、2017年3月16日

社会貢献

【社会貢献活動】
学会、協会、公設団体、企業などでの講演活動など多数
【所属学協会】
日本機械学会、精密工学会、砥粒加工学会、品質工学会
【平成28年度の取組状況】
  • 品川区との連携講座でもあるOPI公開講座にて、「技術戦略講座」を開講し、外部講師とともに講義ならびに演習を担当しました。2月25日、3月25日の2日間で、社会人の参加者60名を集めて講座を実施しました。