研究科の紹介

創造技術専攻Master Program of Innovation for Design and Engineering

教員紹介

越水 重臣

教 授

越水 重臣

Koshimizu Shigeomi

研究室:154-c

koshi[at]aiit.ac.jp
メール送信時は[at]を@に変えてください

【オフィスアワー】
1Q-2Q:水曜日 18:00-20:00

プロフィール

【学歴】
  • 1987年 慶応義塾大学 理工学部 機械工学科 卒業
  • 1989年 慶応義塾大学大学院 理工学研究科 修士課程 修了
【学位】
博士(工学)
【職歴】
  • 1989年 イーストマン・コダック(ジャパン)株式会社
  • 1994年 静岡理工科大学 機械工学科 助手
  • 2001年 静岡理工科大学 機械工学科 講師
  • 2003年 静岡理工科大学 機械工学科 助教授
  • 2008年 産業技術大学院大学 准教授
  • 2014年 産業技術大学院大学 教授

教育

【担当授業科目】
ものづくりアーキテクト概論、品質工学特論、信頼性工学特論、創造設計特論
【平成27年度の取組状況】
講義においては、学生の授業評価にもとづき、2015年のBest Professor of the year を受賞することができました。またPBLでは、「ウエアラブルデバイスを使ったワークエンゲージメントの推定とその可視化装置の開発」のプロジェクトを行いました。その成果は今後、学会発表などで公表していく予定です。

研究

【専門分野】
精密機械、精密加工、品質工学、信頼性・安全性
【研究キーワード】
イノベーションデザイン、価値創造、技術・製品・サービス・ビジネスのトータルデザイン
【研究業績・著書・論文・その他それに準じる業績】
著書
  • 越水重臣、鈴木真人:実践・品質工学,日刊工業新聞社(2007)
PBL(Project Based Learning)のテーマ
  • 2009年度:足裏圧力による個人認証システムの開発
  • 2010年度:自動車用着座認証システムの開発
  • 2011年度:デジタルサイネージ付自販機による災害情報の配信
  • 2012年度:「感性選曲」 脳波を使った新しい音楽体験のデザイン
  • 2013年度:bw Trackr 脳波による新たな映像体験
  • 2014年度:スマートフォンを用いた道路の快適性評価
  • 2015年度:ウェアラブルセンサを用いたワークエンゲージメントの推定とその可視化
受賞学術賞
  • 1999年 精密工学会 ベストプレゼンテーション賞
  • 2003年 品質工学会 貢献賞
  • 2008年 品質工学会 銅賞
  • 2011年 Best Professor of the year (産業技術大学院大学)
  • 2012年 Best Professor of the year (産業技術大学院大学)
  • 2015年 Best Professor of the year (産業技術大学院大学)
  • 2015年 品質工学会 貢献賞 銀賞
  • 2016年 Best Professor of the year (産業技術大学院大学)
【平成27年度の取組状況】
国際会議(1件)や国内の学会講演会(6件)にて研究成果を発表しました。また、大学高専連携事業において、産技高専の青木繁教授と超音波溶接に関する共同研究を行っています。

社会貢献

【社会貢献活動】
学会、協会、公設団体、企業などでの講演活動など多数
【所属学協会】
日本機械学会、精密工学会、砥粒加工学会、品質工学会
【平成27年度の取組状況】
品川区との連携講座でもあるOPI公開講座にて、「技術マーケティングセミナー」を企画しました。社会人の参加者80名を集め、2月中の3日間にわたりに開講しました。