研究科の紹介

創造技術専攻Master Program of Innovation for Design and Engineering

教員紹介

前田 充浩

教 授

前田 充浩

Maeda Mitsuhiro

研究室:353

maeda-mitsuhiro[at]aiit.ac.jp
メール送信時は[at]を@に変えてください

教育

【担当授業科目】
ものづくりアーキテクト概論、グローバルコミュニケーション特論、国際開発特論、国際経営特論
【オフィスアワー(平成28年度)】
1Q-2Q:土曜日 18:00-19:00

教育

【専門分野】
国際金融(特に開発金融)、金融地政学を中心とする国際関係論、情報社会学
【学歴】
東京大学法学部卒
【職歴】

研究職

  • 2009-2010年 ケンブリッジ大学客員研究員
  • 2008-2009年 ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)客員研究員
  • 2005-2006年 英国王立国際問題研究所(チャタムハウス)客員研究員
  • 2002-2005年 政策研究大学院大学客員教授
  • 1999-2002年 政策研究大学院大学助教授
  • 1998-1999年 埼玉大学大学院政策科学研究科助教授

行政官

  • 2007-2008年 経済産業省資金協力課長
  • 2002-2007年 経済産業省大臣官房企画官(国際・通商金融担当)
  • 1993-1996年 在タイ王国日本国大使館一等書記官
  • 1988-1991年 内閣官房内閣安全保障室主査
【所属学協会】
情報社会学会(運営委員)
【研究キーワード】
  • 発展戦略(開発主義/共発主義)
  • GIN(Global Industrial Network)
  • AEC(ASEAN Economic Community)2015
  • ICBM(Industrial Community Building Measures)
  • コミュニティ・ファイナンス
  • 「智のゲーム」/地球智場(Global Epistemic Sphere)/共愉(conviviality)
【研究業績・著書・論文・その他それに準じる業績】

主要論文

(書籍・単著)
  • 『金融植民地を奪取せよ』、プレジデント社、2010年。
  • 『国益奪還』、アスキー新書、2007年。
(書籍・共著)
  • 『地域機構ASEAN+3の構築における日本「政策官庁」のイニシアティブ』(『東アジア市場統合への道』、けい草書房、2004年に収録。
  • 『情報文化論からみたバリ島コミュニティ・モデルの可能性』(『アジア新世紀Ⅰ空間』、岩波書店、2003年に収録。
  • 『日本の経済と長波』(『2005年日本浮上』、NTT出版、1998年に収録。

その他学会発表論文

(論文・単著)
  • 『「智のゲーム」としての冷戦史観:国民国家と情報智業の重畳モデルの試み』、情報社会学会誌Vol.6,No.1、2011年。
  • 『開発援助規制の国際ルールに関する世界システム論分析』、情報社会学会誌Vol.2, No.2、情報社会学会、2007年。
  • 『通商産業省「1990年代型」対ASEAN諸国政策に関する「統合価値」モデル分析』(「地域経済アプローチを踏まえた政策の一貫性分析」第6章)、国際協力銀行、2003年。
  • 『政策官庁の「情報史観」-ヴァーチャル・ガバナンスによる霞が関の改革試案』、GLOCOM Review Vol.5, Number 6、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター、2000年。
(論文・共著)
  • 『グローバリゼーションと世界システム内の相互作用』(山内康英との共著)、情報社会学会誌Vol.3, No.2、2009年。
  • 『減少傾向にある日本のODA-途上国のインフラ整備に民間資金の活用を』(吉野直行との共著)、PHP Business Review, Vol.14、2005年。

社会貢献

【社会貢献活動】
  • APEN(Asia Professional Education Network)事務局長(Executive Director)
※APENとは、高度産業人材育成のための特別な高等教育システムの開発/普及によるアジアの経済発展、産業コミュニティ振興への貢献を目的に、2011年に設立された国際組織です。事務局はAIITが担当し、現在13か国(ASEAN10か国+日中韓)が加盟しています。APENの活動の重要性は、日ASEANサミット(2012年12月プノンペン及び 2013年11月ブルネイ)、日ASEAN経済閣僚会合(2012年8月シェムリアップ及び 2013年8月ブルネイ)等の共同声明で述べられています。