研究科の紹介

創造技術専攻Master Program of Innovation for Design and Engineering

教員紹介

内山 純

准教授

内山 純

Uchiyama Jun

研究室:154-b

Uchiyama-Jun[at]aiit.ac.jp
メール送信時は[at]を@に変えてください

【オフィスアワー】
1Q-4Q〔土曜〕〔12:30-13:30〕
※重複の恐れがあるため事前連絡推奨

プロフィール

早稲田大学理工学部で機械工学を専攻、同時に東京デザイナー学院で工業デザインを学ぶ。同大学院理工学研究科にて「ホームロボットの開発研究」に取組み、修士課程修了後、1986 年ソニー(株)に工業デザイナーとして入社。民生用音響・映像機器を中心にウォークマンから放送局用カメラまで多くのカテゴリーのプロダクトデザイン・プロデュースに関わる。1999年から2006年の間、ソニーデジタルデザイン(株)にチーフデザイナー・ディレクターとして出向、AIBO(犬型)、QRIO(人型)などソニーエンターティメントロボット群ではテクニカルディレクターとしてデザインとエンジニアリングの融合を図り、開発・商品化に深く関与。
インハウスデザイナーとして勤める傍ら、2004年より武蔵野美術大学非常勤講師。2016 年ソニー(株)退社後、現職。感性と機能を融合した「人と共生するパーソナルロボットのデザイン」研究に取り組む。

【学歴】
  • 1984年 早稲田大学 理工学部 機械工学科 卒業
  • 1985年 東京デザイナー学院 プロダクトデザイン科 卒業
  • 1986年 早稲田大学大学院 理工学研究科 機械工学専攻 修士課程 修了
【学位】
工学修士
【職歴】
  • 1986年~2016年 ソニー株式会社
  • 2005年~2010年 東京電機大学 機械工学科 非常勤講師
  • 2004年~ 武蔵野美術大学 工芸工業デザイン学科 非常勤講師
  • 2016年~ 産業技術大学院大学 産業技術研究科 創造技術専攻 准教授

教育

【担当授業科目】
プロダクトデザイン特論、造形デザイン特別演習、工業デザイン材料特論、表現デザイン実習(分担)、プロトタイピング工学特論、ものづくりアーキテクト概論(分担)、イノベーションデザイン特別演習1・2
【平成28年度の取組状況】
企業のインハウスデザイナーから実務家教員として着任、インダストリアル・デザイン科目群のうち、プロダクトデザイン特論、造形デザイン特別演習、工業デザイン材料特論、表現デザイン実習を担当。本学の優れた教育環境を活用し、企業での実務経験を活かした実践的な授業を実施。
平成29年度へ向けて実習科目連携を強化、学生状況、時代に即した形でカリキュラム、シラバスを見直し。プロトタイピング設備の運営、利用ルール、環境の改善を実施した。
履修証明プログラム 人間中心デザイン「テクノロジー体験デザイン論」の授業を担当。

研究

【専門分野】
工業デザイン、機械工学(ロボティクス)
【研究キーワード】
プロダクトデザイン、パーソナルロボット
【研究業績・著書・論文・その他それに準じる業績】
技術報告
  • 1987年 パフォーマンス・ロボットの開発 日本ロボット学会誌6巻5号 (連名)
発明:主な国内特許(意匠)
  • 1989年 ベーシック・テレホン:IT-11特許庁登録番号0989553
  • 1990年 放送局用ポータブル録画機:BVW-50特許庁登録番号0874974
  • 1993年 カセットプレーヤー:WM-3500特許庁登録番号0914250
  • 1994年 工場内磁気浮上運搬機:開発試作 特許庁登録番号0914233
  • 1994年 医療用熱転写プリンター:UP-610/860 特許庁登録番号0912321
  • 1997年 業務用DATポータブル録音機:開発試作 特許庁登録番号1015299
  • 1998年 CD Player:CDP-CX270 特許庁登録番号1009502
  • 1999年 Mini Disc Deck:MDS-JE700 特許庁登録番号1009507
  • 2002年 自律歩行ロボットおもちゃ:ERS-7 特許庁登録番号1205738~40 (連名)
  • 2005年 ロボットおもちゃ:Qtaro QTR-999特許庁登録番号1144589 (連名)
  • 2005年 ロボットおもちゃ:ERS-210特許庁登録番号1114066~70/1114864~74 (連名)
  • 2005年 業務用ビデオカメラ:HDC-1500 特許庁登録番号1269718/1269719 (連名)
  • 2006年 ポータブルDVDプレイヤー:DVP-FX810 特許庁登録番号1282592 (連名)
  • 2008年 光ディスクレコーダー 特許庁登録番号1330513/ 1331254/ 1330514 (連名)
  • 2008年 光ディスクプレーヤー 特許庁登録番号1329290/ 1328724 (連名)
  • 2012年 Home Theater System:HT-CT260 特許庁登録番号1461176 (連名)
受賞
  • 1992年 Good Design Award(連名)デジタルマイクロレコーダー:NT-1
  • 2001年 iF Design Award(連名)ビデオデッキ:SLV-SF 900
  • 2002年 Good Design Award(連名)ロボット(AIBO):ERS-300シリーズ
  • 2003年 Good Design Award JIDAミュージアムセレクションVol.6(連名)ロボット(AIBO):ERS-7
  • 2009年 Good Design Award(連名)ブルーレイディスクレコーダー:BDZ-A950/ BDZ-A75
  • 2016年 第34回日本ロボット学会RSI賞(コンセプト部門)最優秀賞(連名)「気象コントロールロボット」コンセプト:1R2-06
【平成28年度の取組状況】
平成29年度スタートの主担当PBLを見据え「人との共生を目指すパーソナルロボットのデザイン」を研究テーマとして設定し、有志学生チームと共に研究を開始。パーソナルロボットを再定義し“Companion Robot”について探求した。
  1. 第34回日本ロボット学会学術講演会 発表“Companion Robot”構築における 操作系処理 (ユーザ – ロボットコミュニケーション)でのRSNP 適用(1R2-02)
  2. 第34回日本ロボット学会学術講演会 発表「気象コントロールロボット」コンセプト(1R2-06) RSI賞(コンセプト部門)最優秀賞受賞
  3. Japan Robot Week 2016「気象コントロールロボット」コンセプト(1R2-06) 発表・展示
  4. 産業技術大学院大学紀要 第10号pp. 53-59,2017,「人間とロボットの関係性を再デザインする― 21世紀初頭を超えたその先のコンセプト構築の試み ―」
    東京電機大学 理工学部 機械工学科 研究員として伊東明俊研教授とロボット関連の共同研究を開始した。
  5. 軟体型圧力センサによる電動義手の駆動に関する研究。

社会貢献

【社会貢献活動】
  • 武蔵野美術大学 非常勤講師
  • 日本インダストリアルデザイナー協会 スタンダード委員会
【所属学協会】
日本インダストリアルデザイナー協会、日本機械工学会、日本ロボット学会、日本デザイン学会、日本感性工学会
【平成28年度の取組状況】
武蔵野美術大学における、機構学、工業技術概論の講義、JIDAスタンダード委員会での活動を通じ、工学系出身インハウスデザイナーとしてデザインとエンジニアリングの融合を図り、これまで得た知見を本学以外にも広めた。