研究科の紹介

創造技術専攻Master Program of Innovation for Design and Engineering

教員紹介

池本 浩幸

教 授

池本 浩幸

Ikemoto Hiroyuki

研究室:155-a

ikemoto-h[at]aiit.ac.jp
メール送信時は[at]を@に変えてください

【オフィスアワー】
〔金曜〕 〔18:00-19:00〕

プロフィール

【学歴】
  • 1985年 広島大学 工学部 第一類(機械系) 卒業
  • 2009年 和歌山大学大学院 システム工学研究科 博士課程 単位取得退学
  • 2013年 博士(工学)学位取得 (和歌山大学大学院 システム工学研究科)
【学位】
博士(工学)
【職歴】
  • 1985年 (株)東芝 入社
  • ~1997年 システム・ソフトウェア生産技術研究所
  • ~2015年 デザインセンター
  • 2015年10月より現職

教育

【担当授業科目】
人間中心デザイン特論,デザインシステム計画特論,設計工学特論,プロトタイピング工学特論,チーム設計・試作特別演習,イノベーションデザイン特別演習1・2,事業アーキテクチャ特別演習1・2,ものづくりアーキテクト概論(分担)
【平成27年度の取組状況】
デザインシステム計画特論 (分担),イノベーションデザイン特別演習2 (副担当)

研究

【専門分野】
感性工学,サービスデザイン,デザイン人間工学,デザイン開発方法論,シックスシグマ
【研究キーワード】
製造業のサービス化,デザイン・ドリブン・イノベーション,サービス・ドミナント・ロジック,人間中心設計,デザイン要件の可視化,観察工学,選好構造モデリング,UXデザイン,メンタルモデル,プロトタイピング,ユーザビリティ評価,ユーザインタフェースデザイン,ヒューマンエラー,ユニバーサルデザイン
【研究業績・著書・論文・その他それに準じる業績】
著書 (共著/共訳)
  • 「ヒューマンインタフェース」(共著) オーム社 1998年
  • 「ソフトウェア工学大事典」(共訳) 朝倉書店 1998年
  • 「ユーザビリティハンドブック」(共著) 共立出版 2007年
論文 (抜粋)
  • Hiroyuki Ikemoto et al.:A Visual Environment for System design and Prototyping, IEEE Workshop on Visual Languages, pp.160-167, 1988.
  • 池本浩幸, 春木和仁, 高野よそ子:マウス操作における人間の認知情報処理過程の研究, 情報処理学会研究報告計算機アーキテクチャ, No.29 (1988-ARC-050), pp.1-8, 1988.
  • 池本浩幸, 加藤克己, 楠井洋一:ビジュアルプロトタイピング(解説), 電子情報通信学会誌, Vol.74, No.7, pp.743-749, 1991.
  • 池本浩幸, 都築直久:ユーザインタフェース開発方法論~プラント監視GUIへの適用~, 第9回ヒューマン・インタフェース・シンポジウム論文集, pp.199-204, 1993.
  • 池本浩幸:GUIの操作性評価ツール, 第11回ヒューマン・インタフェース・シンポジウム論文集, pp.335-340, 1995.
  • 池本浩幸:GUI表示画面の設計支援ツール, 第12回ヒューマン・インタフェース・シンポジウム論文集, pp.559-564, 1996.
  • 池本浩幸, 富岡慶:デジタル携帯電話機のユーザビリティ評価, 東芝レビュー, Vol.53, No.12, pp.61-65, 1998.
  • 池本浩幸:状態遷移図を用いたユーザビリティ評価, 第14回ヒューマン・インタフェース・シンポジウム論文集, pp.7-12, 1998.
  • 池本浩幸, 山岡俊樹:完全プロファイル型コンジョイント分析の効果的活用—最小プロファイルカードと不完全順位回答の試用—,日本感性工学会論文誌, Vol.9,No.2,pp.215-225,2010年.
  • 池本浩幸, 山岡俊樹:デザイン開発におけるポジショニング分析の活用-ガウス関数を用いた選好回帰分析の試行−, 日本感性工学会論文誌, Vol.10, No.2, pp.193-203, 2011.
  • 西澤よそ子, 池本浩幸:家電商品デザインに対する見た目の印象評価, 人間生活工学, Vol.12, No.2, pp.65-70, 人間生活工学研究センター, 2011.
  • Hiroyuki Ikemoto, Toshiki Yamaoka:Conjoint Analysis Method That Minimizes the Number of Profile Cards., Communications in Computer and Information Science Volume 173, pp.23-28, HCI International 2011, 2011.
  • Hiroyuki Ikemoto, Toshiki Yamaoka:New Positioning Analysis Method and Tools for Use in Product Design, The 13th Japan­Korea Joint Symposium on Ergonomics, pp.362-365, JSE, 2011.
  • 池本浩幸:デザイン要件を可視化する方法, 和歌山大学 学位論文 乙第1号, 2013.
  • 池本浩幸, 福島理恵子, 三上龍之:東芝におけるUXデザインの取組み, 東芝レビュー Vol.69, No.10, pp.7-10, 2014.
  • 池本浩幸, 井戸健二:生活家電(ライフスタイル事業)のUXデザイン-クリーナ開発を適用事例として-, 情報処理学会, デジタルプラクティスVol.6, No.4, pp.287-293, 2015.
【受賞学術賞】
  • 2000年 Good Design Award(連名)携帯電話機 au cdmaOne C310T
  • 2001年 Good Design Award(連名)携帯電話機 au cdmaOne C5001T
  • 2002年 Good Design Award(連名)デジタルカメラ sora PDR-T10
  • 2003年 reddot design award(連名)Digitalkamera PDR-T15
  • 2012年 日本感性工学会 論文賞受賞:デザイン開発におけるポジショニング分析の活用
【平成27年度の取組状況】
  • サービスデザイン手法の研究(CVCAを活用したサービスデザイン着想支援手法の開発)
  • イノベーション創出人材育成方法に関する研究(他大学との共同研究)

社会貢献

【社会貢献活動】
  • リープ(株) 技術顧問
【所属学協会】
日本感性工学会,日本デザイン学会,日本人間工学会,情報処理学会,ヒューマンインタフェース学会,NPO法人 人間中心設計推進機構
【平成27年度の取組状況】
  • 名古屋工業大学 建築・デザインエ学科 ワークショップ講師(デザイン統計)
  • OPI(OPen Institute) AIITイノベーションデザインフォーラム開設準備