大学案内

運営諮問会議

運営諮問会議委員長から

運営諮問会議委員長から

日本の競争力を高める一翼を担う存在へ

 我が国では、これまでも製造業を中心に、多くの企業が海外で事業を展開してきましたが、 今後はサービス産業を含むすべての業種、中堅・中小企業の本格的な事業進出が予想されます。中でも、産業基盤である情報システム分野と持続可能な社会の実現に向けた21世紀型のものづくり分野の役割が注目されています。そこでは、従来の方法論にとらわれず、問題解決に資するプロジェクトを創造し、遂行するとともに、社会にイノベーションをもたらすことが求められ、言い換えれば、高度な専門知識、高度なスキル、そしてプロジェクトを遂行するための高度な業務遂 行能力(Competency)を併せ持つ人材が、今後の世界経済を担っていくことになります。産業技術大学院大学の教育目的は、まさにそうした社会での即戦力を、身に付けるものだと考えます。

 理論的基盤の高等教育と企業における実務との乖離を埋めるための、実践的かつ合理的なノウハウの体得を目的とした高等専門教育機関として、産業技術大学院大学への期待がますます高まっています。引き続き首都東京において、IT分野、感性と機能の統合によるものづくり分野で、産業界の求める優秀な人材を数多く輩出し、日本の競争力を高める存在へと発展されることを願っております。

運営諮問会議委員長
日本アイ・ビー・エム株式会社
副会長 橋本孝之